12月です。
12月と言えばクリスマスです。

うちの子供たちの学校も、

12月になった途端、
何回祝うねん、と突っ込まずにはいられないほど、
毎日何かしら行事があります。

今年の例ですと、

12月1日 娘:クリスマスのショーを見に行く
12月7日 クリスマスフェスティバル、学校で寄付集めのためのお祭り
12月13日 クリスマスランチ(ターキーがでるらしい)
12月14日 クリスマスコンサート(近所の教会で歌います)
12月19日 クリスマスパーティ(サンタが来て本のプレゼントをくれます)
12月20日 クリスマスジャンパーディ(寄付金集め)

最後のクリスマスジャンパーディは、
学校にクリスマスの柄のセーターを着て行き、
1ポンドの寄付をするという、日本人からすると
全く⁇の日。
a0132725_00041725.jpg
でも、12月近くになると、
イギリス中のお店にクリスマスジャンパーが並びます。
素材はたいていアクリル100パーセントです。
a0132725_00051687.jpg
a0132725_00060162.jpg

子供たちの学校も、
このクリスマスジャンパーを着て行っていい日が
二回あります。
a0132725_05135133.jpg
(画像はお借りしました)
うちの子は興味ないかなーと思っていたら、
どちらも買ってほしいというではありませんか。。。

こんな変な柄のアクリルのセーターなんか買いたくないよう。。。

買いたくないという意見が一致して、
イスラム教のママさんと意気投合しましたが、、
子供たちはそんなの関係ない。

二人でスーパーに行き、
これだったらいいか、というものを
お揃いで購入しました。

ジャンパーというより、
綿100パーセントの長袖カットソーだったのも
私たち的にはポイントが高かったのです。

娘にはチャリティショップでオラフのクリスマスジャンパーを
3.5ポンドのお買い得価格で購入しました。
10歳用だったので、来年も来てもらいますよー。
こっちはアクリル100パーです。

a0132725_23580265.jpg
でも、もちろん着ていない子もちらほら。
国や宗教によってはクリスマスなんか関係ないっていう国もあるし、
その子たちも浮いてるわけでもなく、
皆自然に受け入れてる感じなのがいいな、と思いました。

[PR]
9月に3200グラムの使用済みオイルで
石鹸を作りました。
a0132725_20590766.jpg
揚げ物好きで、
油がすぐに溜まるのです。
a0132725_20592117.jpg
なにがなんでも石鹸が作りたいわけではなくて、
でも大量の油をどうやって捨てるかに
頭を悩ませてしまうので、
その処理法としての石鹸です。。。
a0132725_20594078.jpg
a0132725_21052433.jpg
一か月以上寝かせます。

洗濯、掃除、なんにでも使えます。
まあ、なんだかんだとすぐなくなります。
私は廃油石鹸の塊を瓶に入れて、水を注いで使用しています。
(自然に溶けた液を使います)
最初、削ってお湯で溶かして、とやっていたのですが、
めんどくさくなってしまい、やめました。

でも、これだけでは暮らせないんですよね~。
うちはブリーチも使うし、
洗濯用の洗剤も買っています。
ソープナッツは今はちょっと休止。
やはり洗浄力は低いと思います。
買ってしまったので、使い切りたいですが。

洗濯にお酢を入れるとふんわりする、とか、
匂いが取れる、とありますが、
イマイチ効果を実感したことはないです。
大さじ3くらい入れてるんですが、足りないのかな。

[PR]
またごみゼロの話題です。

夏に思い切って、
子供と私の水筒を新調しました。
a0132725_21325021.jpg
ごみゼロのインスタグラムで常連の
Klean Kanteen の水筒です。

ずーっと、いいなぁ、かっこいいなぁ、
でも水筒にこの値段はないわ~。

と躊躇していたのですが、

偶然、実物を見てしまい、
その可愛さにやられて気が付いたら、ぽちっていました。

子供たちは何でもいいだろうけれど、
私は見るたびに

「ああ、なんてかっこいいんだろう。。。」

と、うっとりしています。
a0132725_21294294.jpg
10年は持ってもらおうと思います。
いや、もちろんそれ以上のつもりです。

エコにうるさいフランス人の先生にも、

「それいいわねぇ」

と声をかけられ、

「でも、子供が失くしたらって思うのよね、
高いから。。」

と私と同じ心配をしていました。

私も同感なのですが、
もうプラスチックを買うのはなるべくやめよう!
子供たちにもそれを教えよう!と、
思い切って購入しました。

でも、今まで使っていたプラスチックボトルも
ちゃんと置いています。
a0132725_21292906.jpg
遠足とか海外に行くときとか、
プラスチックのほう持って行かせています。
万が一、失くした時に取りに行けないんで。。。

プラスチックは安くて軽くていい素材なんですが、
難点は長く持たないこと、
長期間使うと、何となく匂いがしてくることです。

このボトルは口が広くて洗いやすいし、
ステンレスは匂いも移りません。
a0132725_21290587.jpg
子供たちは毎日のように使っているし、
私もカフェインを控えて、なるべくお水を飲むようにしよう、と、
意識はしています。

でも!!
購入をお勧めしてるわけではありません!!

今、持ってるものを壊れるまで使うことが、
何よりもごみゼロにつながり、環境に良いのです!!
(私も前のは壊れるまで捨てません!!)

でも、前のが壊れたし、新調しようかなーと思っているのなら、
ステンレスで、口が広いものは洗いやすくていいですよという話でした。




[PR]
5年くらい前に手に入れたUGGのブーツに
ついに穴が開きました。
a0132725_19504073.jpg
穴というより、ぱっくり前が割れた。
a0132725_19512631.jpg
室内履きにしてるんですが、
とても暖かくて、寒いロンドンでは手放せなくて、
ほぼ一年中履いていました。

そして5年!もう捨て時かな。

でもダメもとで、
ふとん針で修理してみたらイケました。
a0132725_19515582.jpg
おおお!

もちろん見た目はそれなりだけれど、
捨てなくてもいいかなーという気になりました。
a0132725_19521744.jpg
というか、もうここまで来たら、
とことん付き合っちゃう?
という気持ちにさえなっています。

ずっと前に横の部分も修理していました。

私が家の中で履くものなんだから、
誰にも迷惑かけていないし、
むしろゴミを出さなくて済んだよー。

ここからあと何年履けるのかな。
どこかほころびてきたら、
また修理して、
「まだ履くの?」って家族に呆れられるまで、
とことん付き合ってみようと思います。


[PR]
昨日、子供二人のParents meetingがありました。
a0132725_20023513.jpg
8歳になった息子から始めますが、
授業態度がとっても良く、
先生が
「クラス全員がこの子だったらいいのにと思うくらいよ!」
とまで褒めてくれるのです。

ママには素直じゃない部分が増えてきたけれど、
外面がいいのかね。。。

成績もクラスのトップとまではいかなくても、
何の問題も見られないとのこと。

ただ、先生はもっと息子のクラスで発言してほしいそうですが、
息子は一切手を挙げて自分の考えを言ったりしないそう。
まあ、何でもかんでも、出来ないよね。

さて娘は。。。
a0132725_20033363.jpg
私は娘のほうが、
問題はないと思っていたのです。

宿題も嫌がらずにするし、
本の読み聞かせも好きだし。。

と思っていたら!

全教科に

179.png「がんばりましょう」171.png

が付くレベルらしいのです!!

授業中、全然聞いてないらしい。

作文も、隣の子の書いたやつをそのまま写したことがあるらしい。
先生がおかしいなーと思って調べると、
まんま写してて、問い詰めたら「もうしない」と言ったとか。

お友達とは上手くやっているし、
先生のことも好きなんだけれど、

勉強ってなんでしなくちゃいけないの?

何で教室におもちゃがないの?

ってことで混乱している一年生です。

ただ。。なんか。。。

これ、逆だったら、
息子が全く勉強できなかったら、
私たち夫婦、ちょっとパニックになったと思うんですよ。

でも、あっけらかんとした娘だからか、

ま、しょうがないよねー、
娘は他のことで頭がいっぱいなんだろうね、今のところ。
そのうち何とかなるよね、

と、私たち夫婦も悲壮感がないです。

とかって、このままいかれたら困るんだけど!

とりあえず夫婦で決めたことは、

娘はしばらくYOUTUBE禁止。
毎日読む練習と書く練習をさせること。

これで効果が出なかったら、塾とかも考えた方がいいのかなぁ。

やっぱり子育て、いろいろありますな。


[PR]
日曜日、ロンドンには珍しく雪が降りました。
a0132725_19533583.jpg
今年の冬は寒いらしいです。
というかすでに寒い。

時々、朝7時くらいに近所のスーパーに行くのですが、
ホームレスの方が寝袋にくるまっているのを見ると、
胸が痛みます。

スーパーの従業員も気にかけているようでした。

雪を初めてみる娘は、
外に出たくてうずうず。
a0132725_19540419.jpg
インドアな息子は暖かい部屋でゲーム。

パパの車に絵を描いたり。
a0132725_19555266.jpg
でも寒いので10分くらいで家に戻りました。
a0132725_19565095.jpg
雪も次の日には雨に変わり、べちょべちょになっていました。
火曜日の今日も寒く、水たまりが氷に変わり、
子供たちはそのかけらを拾って大騒ぎしていました。
雪は子供たちには楽しいけれど、
ホームレスの方がどこか安全なシェルターで過ごせますように。



[PR]
息子の誕生日当日の記録。

私たちからのプレゼントは動物図鑑。
叔父のジョナサンからはお金。
そのお金でレゴを買いに行きました。

クリスマス前の混乱なのか、
他の親せきからプレゼントが届かず、
少し寂しそう。
でも、しょうがないよー、クリスマス前だもの。

お昼に近所のパイ&マッシュ屋に行きました。
a0132725_20034232.jpg
子供と旦那は何回も来ていますが、
私は初めて。
a0132725_20035106.jpg
イギリスのソウルフードなるパイとマッシュ。
a0132725_20040131.jpg
息子と旦那は大好きで、私と娘はそうでもない。
a0132725_20041122.jpg
でもグレィビーは美味しかった♥
私もだんだん味覚がイギリス人化してきました。
a0132725_20041745.jpg
ケーキはガトーショコラを焼きました。
この本から、簡単なのに、本格的なレシピを見つけました。
すごく濃厚。
ホイップクリームをたっぷりつけて食べましたよ。


a0132725_20043112.jpg
とても素直で、優しくて、
きついところがないわ~、と思っていましたが、
(親ばかです)
ここ最近、とっても生意気なのです!!!

「何でママの言うこと聞かなきゃいけないの?ハァーン??」
みたいなこと言うし、
ゲームばかりしようとするし、
(というか関心ごとの8割はゲーム)
宿題をさせるときはほぼ戦争。

でも妹思いで、
(ケンカもするけれど)
綺麗好きで、
女の子にとっても優しい。
(いいとこ無理やり思い出して書いた↑)

まあ、キャラ的にはほぼのび太だけど、
8歳まですくすくと育ってくれてありがとう♥




[PR]
息子も早いものでもう8歳です。

息子の誕生日は土曜日なので、
金曜日、フルーツケバブを作って学校に持っていきました。
a0132725_20030256.jpg
これをクラス人数分30本と先生用に2本で合計32本作って持っていきました。
作る前は30分で楽勝!と思ってたのですが、
実際は2時間以上かかりました。
途中で足りない果物を買い出しに行ったりしたので、
3時間。。。まあ、見た目より大変でした。
a0132725_20025240.jpg
日本人の私からすると、
西欧の誕生日はとにかく他人を巻き込んで祝う、が基本ですね。
家族だけでケーキ食べるとか寂しく感じるんだろうか。

8歳の息子、今年はお友達と一緒にパーティはしないよ!と
約束したのに、

前日にクラスの皆とヘルシースナック(ケーキや駄菓子は禁止になりました)を
食べながらお祝いし、

二週間後にはバースデーディアウト?で
お友達7人とスケートに行くのです。
(引率はもちろん私)

来年こそは本当に家族だけでお祝いで終わりにしたい。。。

でも、このフルーツケバブ、息子のお友達、および先生方にとても好評で、
(あと受付の方々にも)ありがとうレターを書いてくれた子供までいたんです。
そういうことがあると、苦労も報われるなーと思いました。

去年まで、スーパーで買ったカップケーキを持ち込んでもOKだったのですが、
今年から厳しくなり、砂糖を大目に使ったお菓子は禁止になりました。
レーズンとかチーズクラッカーなら大丈夫のようです。
a0132725_20012450.jpg
おまけ
このバッジを息子がつけたいと前日の夜に言いだし、
私が当日の6時起きで近所のスーパーまで買いに行きました。
1.5ポンドで決して高くはないのですが、
来年も使いまわしてもらう気まんまんです。


[PR]
旦那の友人が来たので、
ベトナムレストランに行ってきました。

家から歩いて1分でいつも大人気。

旦那以外は皆なぜかヌードルを頼みました。
a0132725_18455935.jpg
a0132725_18460635.jpg
スープも優しい味で美味しいんだけど、
何か足りない。。。

家に帰ってから、ベトナム春巻きを頼み忘れたことに
気づきました。
しかも旦那とその友人は赤ワインを注文するし。
こういう時はビールじゃない?
とこれまたかなり後で気づきました。
a0132725_18462260.jpg
a0132725_18461231.jpg
お店を出たら、雨が降っていました。
a0132725_18463684.jpg
さて旦那の友人なのですが、
マヨルカ島の素敵なお宅の方なのですが、
まあ、精力的に活動されていて、
彼女のアイフォンでこんなこともした―あんなこともしたーと、
いろいろ写真を見せてくれるのですが、

この人めっちゃ若い。
と圧倒されました。

あとでこの方の年齢、旦那に聞いたら73歳でした。

見た目も50代にしか見えないし、
私が43歳なんですが、
話していても、すごい年上の方と話してる感じがしないんです。

加えて行動力。
タランティーノがテーマのパーティにブロンドのウィッグと
看護婦さんの格好で出席したり、
20歳以上年下の彼氏と最近付き合い始めたり、
家も相変わらず自分たちで手を加え、
新しい小屋を建設中。

私はもう70歳だから落ち着こうー、
なんて言葉はこの人に絶対ない!

いや~刺激になった。

でも今、この本を読んでいるのですが、
ここで知った猪谷六合雄さんという方。

70歳を過ぎてから運転免許を取得して、
マイクロバスを住居に改造して
日本中を放浪し続け、95歳で大往生を遂げたそうです。

こんな日本人がいたんだなぁと嬉しくなります。

この本読みたいです。↓











[PR]
イギリスの中で結構どうでもいい行事扱いなのが
ハロウィーンではないかと思います。

でもそれは大人の話。

子供たちは何日も前、いいえ何カ月も前から大騒ぎです。

娘は何カ月も前に、すでに衣装を揃え、
息子もあんまり満足はしていないけれど、
まあ、これでいっかというのがあり、
(多分何でもいい)
一緒に回る友達とも約束したし、
あとはその日が来るのを待つだけ。

と、いうとき、
たまたま行った図書館でこんなものを発見。
a0132725_23234404.jpg
メトロポリタンポリスが出しているもので、
子供たちに来てほしくない場合、
このチラシをドアに貼っておくのはどうか?という提案。

息子がこれを見て、急に心配になり、
どうしてこんなものがあるの?とパパに聞き、

相方自体もアメリカ文化で育っていないので、
ハロウィーンはかなりどうでもいい行事であり、

「ハロウィーンが好きじゃない人も、
迷惑に思ってる人も沢山いるよ」

ということを息子に丁寧に説明していました。

ハロウィーン当日、案の定、息子は、
「今日行きたくない。。。」
と言うので、

「いいよー、友達には具合悪くなったっていうから、
パパとゆっくりしておいたらいいよ、
ママと娘も早く戻ってくるよ」

と言うと、ほっとしていました。

でも、学校が終わって迎えに行った時には、
すでにそんなことはどうでも良くなっていて、
いつもの元気を取り戻していて、

「じゃあ、あとでなー!」
と、約束した友達と大騒ぎしていました。

で、去年と同じように家から家を訪ねて、
また結構なお菓子の山が出来ました。
a0132725_23352460.jpg
a0132725_23355387.jpg
メークは私のアイライナーとピンクの練りアイシャドーで最小限に。
衣装も普段着だし、お金をかけたものは、
猫耳カチューシャのフェルト代くらい。

というかだんだん飽きてきたんですよねぇ。。。
アメリカ人はこんなことを本当に毎年やってるのかな。
でもそれだけ大事な行事ってことですよね。
a0132725_04153082.jpg
スーパのハロウィーンの売り場も
イギリスの何倍もあるに違いない!
a0132725_04162803.jpg
a0132725_04165739.jpg
a0132725_04173523.jpg
これらの商品は今日、もってけドロボーセールになっておりました。



[PR]
さてやっと戻る日です。
友人夫妻がまたランチを作ってくれ、
おしゃべりをした後、
フランスの空港まで出発~。
4時間弱でした。
a0132725_05551230.jpg
a0132725_05552761.jpg
a0132725_05555545.jpg
フランスの田舎町を走りながら、
フランスが農業大国というのを実感。
そしてこの国が大きいということも再確認。

次はカルカッソンヌに滞在したい。
車でさっさと通り過ぎるんでなく。

子供たちがフランス語で少しだけあいさつすると、
やさしく対応してくれるのでありがたかったです。
娘はノリノリで知ってる限りのフランス語を
話していました。
私もフランス語、頑張ろう。
この度の間に覚えて今も残っているのは
boulangerie (パン屋)
ouvrir (オープン)
のふたつだけど。。。

あと、ごみゼロするぜ!と意気込んだけれど、
今回は疲れてて気持ちに余裕がなく、
パン屋さんで買い物するも、
結局すごいゴミを出しました。
これ以外にも相方がペットボトルのジュースを
買いまくったので、そのゴミも。
a0132725_05583156.jpg
思ったけど、普段の生活でも
満足にごみゼロなんてできていないのに、
旅先で出来るわけないですよね。。。
疲れてたら尚更で、
パン屋さんで持参のコンテナーに入れることも、
スーパーで包装控えめな商品を選ぶことも、
どうでも良くなっていました。

あとは旅行直前に購入した安スーツケースが、
重さに耐えかねて、大破し、
相方と「安物の購入は金輪際やめよう!」と
誓い合ったのが、
唯一ごみゼロにつながる行動ではないかと思います。。。
a0132725_14254401.jpg




[PR]
4泊目もアンドラで。
朝から元気な子供たちと温水プールへ。
写真はないです~。
というか、しつこくてすいませんが、
本当に疲れていたんだと思います。
写真の少なさが、それを物語っている。。。
写真撮る余裕がない!!

この日は何したっけな。。。
そうそうドライブして(また!!)
山の中の動物園に行きました。
広大な敷地で広々とした檻の中でくつろぐオオカミやリンクスを見て、
まあまあ満足の子供たち。
a0132725_18571004.jpg
でもこういうのについてきてくれる友人夫妻、
本当にいい人達だなぁ。

この日はレストランに行って、
相方が山ほど購入したフランスの食材をスーツケースに
詰め直し、
30キロ超えた、いや絶対超えてないと議論しつつ、
結局、ワインと野菜の缶詰ふたつは友人夫妻に
プレゼントすることになったのでした。
ワインはともかく、野菜の缶詰、要らんかったよね、きっと。。。
a0132725_05512712.jpg
a0132725_05553641.jpg



[PR]
また長いドライブです。
アンドラまで3時間半。。。
a0132725_05543547.jpg
途中で休憩しつつ、
無事アンドラに到着。
国境を越えた実感もなく、
いつの間にかフランスからスペイン、アンドラに移動。
アンドラのホテルが、大当たりで嬉しい。。
ミニキッチンについていたコーヒーメーカーは漏れまくったけど。
温水プールもあって、スタッフもフレンドリーで
本当に良かったです。
写真はないです。

アンドラに来た目的は、
相方の友人夫妻に会うため。
素敵なお宅にお邪魔して、
ランチをごちそうになったり、
裏の犬の散歩に行ったり、
猫と遊んだり。
ああ、やっと一息つける。。。
a0132725_05544843.jpg
a0132725_05545831.jpg
a0132725_05551966.jpg
奥さんも、疲れたでしょう?ねぎらってくれ、
とレストランには出かけず、
家でシンプルな夕食をとりました。

よっぽど疲れてたんでしょうね~。。。

夕飯の時に出た赤ワインをいっぱい飲んだだけで、
その後、ソファーで居眠りしてしまいました。。。

[PR]
ビーチといっても、さすがに10月終わり。
泳いでる人は数えるくらいでした。
a0132725_05585524.jpg
でも、南仏暖かくて、
子供たちもずっと半そで。

ビーチではしゃぎまくって、
服のまま海に入り、
a0132725_05582694.jpg
一旦宿に戻ってシャワーを浴び、
またビーチに戻ってメリーゴーランドや
ダック釣り。
a0132725_05531929.jpg
a0132725_01033484.jpg
このメリーゴーランド、二階建てで迫力でした。
でも、速度は超ゆっくり。。。
a0132725_05531929.jpg
その後、相方の要望で大型スーパーへ。
a0132725_05534840.jpg
a0132725_05534188.jpg
a0132725_05540062.jpg
a0132725_05540932.jpg
スーパー巡りってなんでこんなに楽しいんでしょう。。。
相方はフランス食品を30キロ買い込みました。

[PR]
二泊目はトゥールーズを出発して、
田舎町を延々とドライブするとこから始まります。

次のホテルがある街まで3時間半。
ドライブがそんなに好きじゃない私は、
始まる前はうんざりしていましたが、
その気持ちを吹き飛ばすほど、
南フランスの田舎は魅力的でした。

途中でパン屋さんで休憩したり。
a0132725_00325594.jpg
a0132725_05531064.jpg
a0132725_05525982.jpg
a0132725_05530448.jpg
ビーチの近くのワンルームホテル?に着きました。
日本の大学生が借りそうなワンルームマンションに
ダブルベッドの二段ベッドと
その下にダブルのソファーベッド。
キッチンとシャワーもついています。

40ポンドの格安で家族4人泊まれるのはありがたいのですが、
二段ベッドの骨組みは結構ぐらぐらで、
下段のソファベッドもバランスを崩すとどっちかが落ちてしまうという
すごさでした。まあ、それも思い出です。。。
a0132725_05542215.jpg
a0132725_05533614.jpg
正直、二泊以上はつらいかな!なんですが、
現れた管理人さん曰く、大人気で予約はいっぱいだそう。
でも、広告を載せてる媒体に10ユーロ、クリーナーに10ユーロ
支払うんだよ~と教えてもらいました。(相方が)
40ポンド丸まる儲かるわけじゃないのね!(当たり前か)
これに光熱費とか払ったらあんまり残らないかな。。
あとポンドとかユーロとかごちゃごちゃになっててすいませんが、
相方が言った通りを書いています。
a0132725_05542652.jpg


[PR]
a0132725_05563093.jpg
ハーフタームを利用して
フランス&アンドラへ旅行に行ってきました。

行程はロンドン→トゥルーズ→アビニョンの近く→アンドラで、
陸路はずっとドライブ。。。

なんかホリデーというより、修学旅行的な旅でした。

トゥールーズは調べる限り、魅力的な街で、
観光するところをワクワクとピックアップしてたんですが、
結局、夜中に着き、ホテルを探して駅前をうろうろしただけで、
次の日、別の街に出発~。
ああ、いつかリベンジできるのだろうか。。。

だからこんな写真しかありません。
ストリップバーの前しか駐車するとこがなかったんです。
このストリップバーの上もホテルでした。
ストリップバーの上のホテル。。。
a0132725_05561928.jpg
私たちのホテルは小綺麗でしたが、
なんせ夜中に着いて、11時には出発したので、
写真らしき写真はありません。
テラスに椅子とテーブルがあるのがフランスっぽくていいな。
10階だったのでトゥルーズの街並みもきれいに見えましたが、
下手なのでいい写真が撮れず残念!
a0132725_05563708.jpg
a0132725_05562642.jpg
二泊目に続きます。

[PR]
a0132725_18144269.jpg
インスタグラムでバジルの水栽培してるのを見て、
真似してやってみました。

ネギはやったことあるけれど、
バジルまでできるとは思ってなかった。

a0132725_18143397.jpg
どんどん増えています。

誕生日に買ってもらった薔薇も一輪だけ残っています。
a0132725_18142425.jpg

[PR]
息子が学校で水泳レッスンを受けています。

イギリスの一般的な学校はプールがないので、
先生たちは子供を引率して公営のプールに行きます。
子供の足なので、30分はかかると思います。
(車が少ない通りをわざわざ遠回りしてくれている)
本当に先生方ご苦労様です!!!

でもそれ以外は体育は週に一回。
小学3年生ですよー、少なすぎないですか?
ちなみに小学1年生の娘は今学期、水泳もなしで
体育は週に一回のみ。。。。

私が日本で小学1年生だった時は週に4回は体育があったはず。
加えて冬は毎日マラソンは知らされる。。。
それと比べると少ないなぁ~と思わずにはいられません。

イギリス、予算をごそっと削ったそうで、
体育の先生にまで回らない状態なのです。

友人の息子の小学校は無料のサッカークラブがなくなったそう。
サッカーがしたいなら、街の有料のサッカークラブに
通わないといけなくなりました。

話がそれにそれましたが、
水泳の時に、濡れた水着をビニール袋に入れて
持って帰ったりしますよね?
私もそれが当然だと思っていたのですが、
息子のクラスメートがこういったものを持って来ていて、
いいアイデアだなーと思って真似させてもらっています。
a0132725_19481857.jpg
古いタオルで袋状の物を作るだけ。
手縫いでざくざくです。
a0132725_19475477.jpg
小さなことですが、
一回だけしか使わないビニール袋のごみを出さずに済みました。

やっていたのはフランスのママさんでした。
環境に関してはフランスのほうが意識が高そうだなぁ。。

[PR]
一番最近のバザーで買ったもの。

もう子供たちも大したものがない、と認知してしまったので、
ついてこない近所のバザー。
今回も全くハズレだなぁ、と思っていたら、
外にちょこんとお店を出していたおじいさんがヒットでした。

ペンチやら金槌、DIY用具を格安で出していました。
そこにごろんと出していた星形のランプシェード。
a0132725_19535973.jpg
高いところにつけるのは一苦労でしたが、
明かりをつけるといい感じに!
a0132725_19515691.jpg
まけてくれて1ポンドでした。

あとは近所で拾ったもの。
胡蝶蘭の苗です。
ファームに行った時に、いつか胡蝶蘭を育てたいなーと書いたけど、
すっかり忘れていました。
a0132725_19540942.jpg
落ちてるのを見つけたときは運命だと思いました(^^

本当に落ちてたんですよー、
近所の家がしょっちゅう「ご自由にお取りください」コーナーをもうけるんです。
そこにちょこんと置いてありました。

大事に育てますからね~!
放出してくれた人ありがとう!


[PR]
息子の宿題に、
ピラミッドを作る
というのが出ました。

旦那と息子、合作です。
角砂糖でピラミッドを作り、
コーンミールで砂漠の感じを出しました。

a0132725_18315336.jpg
ヤシの木は私作。
a0132725_18321874.jpg
ちゃんと上の段が取り外しでき、ミイラの間が覗けます。
a0132725_18320394.jpg
うちの旦那は美大出なのでこういうの、妙に張り切るんです。
a0132725_18313634.jpg
はじめはボンドでくっつけていましたが、
砂糖が溶けてくるのです。
それで粉砂糖と卵白で糊を作りました。
結構な量が要りました。
a0132725_18312699.jpg
粘土でマミー(ミイラ)も作りました。
a0132725_18314519.jpg
a0132725_18321168.jpg
うちは徒歩通学なので、
これを歩いて運ぶのかぁ~、とうんざりしていたら、
珍しく旦那が車で送ってくれました。
a0132725_18323096.jpg
ここまで大きいのを作ってきたのは、
息子だけだったようで、
息子は鼻が高かったようです。
a0132725_18322417.jpg



[PR]