人気ブログランキング |
フェスでもごみゼロ、少しがんばってみましたよ~。
って、本当に少しだけど。。。

マイカップを持って行って、
紅茶を注文してみました。
お店の人に「カップ持って来てくれてありがとう」って言われましたよ。
嬉しかった~!
旦那もビールを注文するときに使ってました。
別に褒められなかったらしいです105.png
a0132725_18284398.jpg
あと新しく買ったステンレスのストローも活躍しました。
外出の時は欠かさず持っていくようにします!
この折り畳み式のシリコンカップも使えて本当に良かった。
a0132725_18261451.jpg
でも、神経質な息子の為にウェットティッシュを買ってしまったんですよー145.png
(死ぬほど活躍した)
あとハンドジェル。手を洗うところって限られてるからこれもすごい活躍。。。

フェス全体も全くエコに力を入れてる感じはなかったです。
マイ食器の使用を呼びかけたら、
基本ラブアンドピースでエコフレンドリーな人たちの集まりだから(?)
効果あったと思うんだけど。。。

でもこれからのフェスはそういう方向になると思います!(断言!)


今回のフェス参加で思ったんですが、
私はつくづくフェス向きの人間ではないようです。

大音量でかかってる音楽が苦手、
ついでに言うとキャンプも苦手105.png

息子も私と同じタイプのようです。。。

が、娘!!
この子は私より旦那の血が濃く出たとしか思えません!

音楽が好き、
ダンスが好き、
お外が好き。

フェス好きの血がたぎっているのです。。。

ので、今回はウキウキでフェスを回る娘を見るのが
楽しくて何とか持ったようなもの。
a0132725_01432146.jpg
このユニコーンのしっぽ。
目玉が飛び出る高さ(私的に)なのですが、
ユニコーンになりきって、走り回る娘を見て、
「値段分の価値はあった!」
「今日一日でモトはとった!」
と旦那と意見が一致しました。
a0132725_01394884.jpg
対して息子。。。
乗り物は楽しんでいましたが、
音楽がうるさすぎて、夜眠れない。
仮設トイレのトイレットペーパーが汚い感じで触りたくない、
(よって家から持ってきたものを使用)
と神経質っぷりを発揮。
a0132725_01423009.jpg
私はそこまで神経質じゃないんですよね~、
誰に似たのだろう。。。

a0132725_01143555.jpg
Camp bestival 2018に行ってきました。
4年前にも参加しています
a0132725_01155251.jpg
今回違うのは、テントを張るところから始まったんです。
(前回は旦那の友人が張ってくれていた)
a0132725_01181684.jpg
が、うちの旦那ときたら、
基本のハンマーを忘れていた!
結局親切な人が貸してくれ、
悪戦苦闘している私たちを見かねて、
全く知らない人たちが助けてくれてテントを無事張ることが出来たんですが…
a0132725_01202330.jpg
真ん中の部分、一本、骨組みがないんです。。。
でもなんとかなるんだと分かった今回のテント張り。
いい勉強になりました。
a0132725_01213930.jpg
キャンプを楽しむには、
用意周到すぎる準備が必要です。
私と旦那にはそれが全く足りない。
よって、キャンプ中、「あれ?」ということが何回もありました。
でも、いろいろと改善点を書き出して、次回に備えます。


息子が読んでいた後、
なんとなーく読み始めました。
a0132725_01412229.jpg
映画もありましたよね、
観たくなりました。

全く期待していないにもかかわらず、
すごく良かったんですよ、これが。
蜘蛛が好きになりますよ、豚じゃなくて。
a0132725_01422644.jpg
へぇ~、こう来るか!みたいな展開が続いて、
最後まで飽きることなく、読み進めることが出来ました。

英語もシンプルで、
(それでも知らない単語は出るけど。。。)
一週間くらいで読み終わりました。
これは大きい。

いつも一カ月以上かかって、
しかも英語なので、
最初の展開とかもうあやふやだったり。。。

自分のレベル以上の物を選んで、
必死で読んで(もはや苦行)
英語のレベルアップしないー145.png
とやってたけど、そりゃしないです。

今日、同じ作家さんのスチュアート・リトルを借りてきました。
a0132725_01443271.jpg
これも映画化されてますよね。
全く興味なかったのですが、これも見たくなりました。

気になって作家さんのことも調べてみました。って、wikiっただけです。
はっつけときますね。






こんな記事を見つけました。
ウェットティッシュって便利ですよね~、
(っていうか、トイレに流すなっ!!)
私も子供がおむつが必要な時は常備していました。
今でも出先で「あ!ウェットティッシュがあれば。。。!」
と思うことはしばしば。

でも、買わずにがんばっています。
なぜなら手ぬぐいをまとめ買いしたから!
a0132725_20431970.jpg
10枚!汚れが目立たなそうなものを選びました。
とりあえず、3枚おろしました。
半分に切りっぱなし。
a0132725_20433880.jpg
子供たちも自由にとれるよう、LLビーンの小トートに入れています。
戸棚を開けると、いつでも取り出せます。
a0132725_20450289.jpg
これは日本の父親がくれたもの。
10年くらい前の物なのに、色もきれいだし、布自体もへばっていません。
かまわぬの「まめぐい」ですが、すごく使いやすいサイズなんです。
ここから私は手ぬぐいにはまりました。

手ぬぐいは本当に素晴らしいんですよ~、
すぐ洗える、すぐ乾く、しかもかさばらない。
タオルハンカチも持っているけれど、使いやすさの点で
コチラがはるかに勝ちだと思います!
a0132725_20444406.jpg
これはリンクさせてもらっているこのごろのWHOKOさんのお嬢さんが贈ってくれたもの。
自転車柄に衝撃を受け、これも半分に切って、使いやすくして大事に使わせていただいています。
たまに煮洗いをして白さを保っています。
これもかまわぬの製品なので、品質がいいのだと思います
a0132725_20440549.jpg
日本に里帰りした時に、100均に寄って、
手ぬぐいを物色したのですが、
柄、品質等、欲しいものは見つかりませんでした。
パステルカラーでスケスケなのが多かった!

私が購入したのはこれです。
やはり安いので、かまわぬの商品よりは劣るだろうなぁ。。と思っていますが、
まあ、しょうがない。
安いのでガンガン使っていきますよー。
家での子供の食べこぼしにも使っているので、
ペーパータオルやティッシュも買っていません。
子供たちも(ティッシュ等は)環境に悪い、と認識してるので、
勝手に戸棚から出して使っています。





息子が皆勤賞をもらってきました。
a0132725_17561619.jpg
めでたいことなんだけれど、
すこしがっかりしたんですよね、

な~んだ~、皆勤賞かぁって。

成績優秀とか絵が上手いとかではないのねって。

でも、息子に、
「毎日学校に行くのは簡単なことじゃないよ」
って言われました。

本当にそう!!

健康に育って、
毎日楽しそうに学校に行く、

それだけで十分なのに、
ついつい欲が出てしまう。。。

いかんな~、初心に帰らないと。


近所に出来たzero wasteのお店。
a0132725_17133204.jpg
a0132725_17135737.jpg
でも、定休日だった。。。
a0132725_17142328.jpg
へー!
a0132725_17150006.jpg
いつかまた行きますね。



うちの横はよく不法投棄が行われます。
最近のはこれ。
a0132725_20011506.jpg
人間一人くらいゆうに入れそうなポリタンク。
エライ大胆なもの置いて行ったなぁ~、と
横目で見ながら子供たちを学校に送っていき、
戻って来るや否や、ピンポーン。

見知らぬアフリカの女性が立っていました。

「あの横のポリタンク、あなたの?
良かったらもらっていっていい?」

「どうぞ~。誰かが捨てて行ったんで、
持って行ってください!」

でも彼女は車を持っていないので、
とても運べない。。。
台車を持ってくるから、それまで誰にもとられないように、
庭に置いていてほしいとのこと。

お安い御用なので引き受けました。
単にゴミとして処理されるよりもずっといいです。

「これ何に使うんですか?」

「アフリカ向けにシッピングするのよ~」

へー!
どう見ても、水を入れるタンクなんですけど。。。
そっかー!

わざわざ取りに来るということは、
結構価値があるもんなんでしょう。
誰かのごみは誰かの要るもの。
こうやって回っていくのは喜ばしいです。
不法投棄は困りますけどね!
(でもみんなやってるイギリス。。。)


子供たちを迎えに行こうとしたら、
玄関のベル。
全く知らない青年が立っていました。

彼が言うには、うちのジャスミンの木を少し切って
持って行っていいかと。

いいに決まってるけれど、
何にするのか興味があって、
聞いてみましたら、

ロンドン中を回って、
めぼしい植木を切らせてもらって、
それらを植木屋さんに売るのだそう。
それで生計を立ててるというのです!
a0132725_03230997.jpg
そんな人に初めて会いました。
旦那に確認しても、聞いたことがないと言う!
(イギリスでは一般的なことなのかと思った)

彼のバンのにはたくさんの枝が積まれていました。

そうです、ジャスミンの繁殖率の高さは
半端じゃないのです。。。
切っても切っても、伸びてくる&生えてくる。
a0132725_03233391.jpg
いつでも来て、好きなだけ切ってくれ~って感じです。

南ロンドンにお住いの皆さん、いつでもお分けいたしますよ!!

誰かの要らないものは、誰かの必要なものですよね。。。って、
無理やりごみゼロカテゴリーに入れてみました!102.png

おまけ
イングランド対クロアチアのゲームの日。
a0132725_03254629.jpg
近所のパブ。やっぱりすごい人で入りきれない人で溢れていました。
a0132725_03265929.jpg
グッズもいっぱい売れたことでしょう。。。



毎年恒例の運動会が行われました。

子供の学校は、
低学年(幼稚園からYEAR2まで)が午前中
高学年(YEAR3から6まで)が午後に行われます。

よって子供がそれぞれに一人ずついる我が家は、
朝の9時から午後の3時まで、
学校の近所の原っぱ(校庭が狭いので)にずっといました。。。
a0132725_18464774.jpg
a0132725_18473770.jpg
日本の運動会のような緊張感や興奮は微塵もありません。
ひたすらゆる~い、ダラダラした競技会的な感じ。。。

a0132725_18480895.jpg
しかも午後になると、
私たちのように飽きてきた父兄からは

さっさと終わらせて
早く帰ろうぜ!

的な雰囲気がプンプンしてきます。

小学校の運動会でこんなだから、
中学校とかもっと盛り上がらないのかな。。?

あ、あと日本でよく見た、
開会式、閉会式もありません。
突然始まって、突然終わって、
皆バラバラで帰る~みたいな。

運動神経が良くないほうだったので、
決して運動会、好きではなかったですが、
日本の運動会の盛り上がりがちょっと懐かしいです。




過去記事を見ていたら見つけた息子のファースト自転車。

もう3年も前のことになるんですね!!
懐かしいな~、息子も小さい!

この自転車、最近、売れたんです♪

あげる人も見当たらず、試しに
Gum treeに、格安で出したら
すぐ売れました。

こうやってうまくリサイクルできると、
ゴミも減るんだろうなぁ~、
なんて思います。


息子、8歳にして、初めてイギリスの床屋さんに行きました。
日本の美容院は体験済み。
a0132725_21503243.jpg
a0132725_21511077.jpg
a0132725_21512707.jpg
a0132725_21515753.jpg
a0132725_21525109.jpg
a0132725_21531449.jpg
すごいさっぱりしたけど、
彼自身は気に入ってないそうです。
やっぱり長い方が落ち着くらしい。
バリカンでばばばっとカットされるのかな、と思っていたら、
丁寧にはさみでカット。
時間もまあまあかかっていました。
人気店なのか、お客さんも絶え間なく入っていました。



ごみゼロについての知識はあるのに、
なぜ実生活で生かすことが出来ていないか、
自分なりに考えてみました。

つらつらと書いていたんですけど、
今消しました。

皆さんもこんなの読みたくないですよねー?
読んだってなにも解決するわけじゃなし、
あほらしい!

もう出来ることから始めるしかないじゃないですかねー?
(自分に言ってます)

最近始めたことは、
近所にあるドイツ系のリドルというスーパー。
パンを自分で袋に入れて、後でお会計をするシステム。
a0132725_21464450.jpg
一般のスーパーのようにビニールやプラスチックの箱に入ってないところが
とてもお気に入り。しかも美味しいのです。

で、毎回当然のように袋を新調していたのですが、
これを使いまわすようにしています。
a0132725_21471727.jpg
笑ってしまうくらい小さいことですが、
こういうとこから始めようと思います。



話がポンポン飛んですいません。
また廃油石鹸を作りました。
今回は1827グラムの廃油です。
前回の記事はコチラ
こんなにたくさんの廃油石鹸使い切れないよ~と
思ったのですが、洗濯に使うとあっという間でした。
a0132725_18183952.jpg
これが近所で購入できる苛性ソーダ。
1キロ6.99ポンドです。
a0132725_18173876.jpg
今回は256グラムの苛性ソーダを使ったので、
金額にすると約1.8ポンドです。

廃油1827グラム(無料)
苛性ソーダ256グラム(約1.8ポンド)
a0132725_21371874.jpg
さて、洗濯に使用したと書きましたが、
どうだったか。

汚れ落ちとかは大丈夫なんですが、
変な匂いがする!と息子から苦情が来ました。
多分、うちの洗濯機の匂いだと思います。
香料がゼロだからしょうがない。
クエン酸やお酢でごまかしつつ、
何んとか使い切りましたが、
結局、市販の合成洗剤に戻りました。。。。
a0132725_21374804.jpg
近所のスーパーで購入できる、一番安くて、
パッケージも段ボールのシンプルなもの。

たんなる合成洗剤なんですが、
パッケージがプラスチックボトルじゃないだけましかなぁと。

ただいま、洗濯マグちゃんの使用も考え中。
これすごいですよね~。
a0132725_21411307.png


モリソンズというスーパーが
タッパーを持ってきたら、ポイントをつけるサービスを始めたそうです。
イギリスの大手スーパーマーケットもついに始めたか~、と
嬉しくなりますが、このスーパーうちの近所にはありません145.png
うちの近所のスーパーたちにも採用されますように。

あと、マクドナルドがプラスチックのストローの使用をストップして、
希望する客にだけ、紙製のストローに切り替える、という記事を目にしました。
これも素晴らしいことだと思います。

あとウィンブルドンのテニス大会でも、プラスチックストローは禁止になるし、
給水所が設けられるので、ペットボトルの使用が減る。。。ハズ。
少しずつですが、ごみゼロ近づいていますね。


43歳なので、
顔にシミが出来てきたり、
体形も急激に太ったわけではないけれど、
下半身が「う?」ってなってたり。

まあ、つまりファッション迷子で、
メイク迷子です。

メイクなんかしたりしなかったり。

全くのすっぴんで表に出ても何にも思わなくなってしまった。

でもこれじゃいかんとも思う。。。
でも何もしないまま数年が過ぎてたり。

でも昨日、思い立って、この本を購入してみました。

a0132725_19110361.jpg
メイクには練習が必要だそうで、
ビューラーでまつ毛を満足にあげることもできないんですが、
この本に書いてる通り、
ビューラーでなんとこさまつ毛を上げた後、
まつ毛の下からペンシル出会いラインを入れてみたところ、
おお!!
化粧してるけどしすぎていない、はみ出していない、というか
アイライン本当にいれてるの?でもいつもよりくっきりしてる!!
という目元が出来上がりました。

アイシャドーも20代の時からかたくなに
「私には合わないもの!」と思い込んでいましたが、
本に書いてる通りにしたら、違和感なし。。。

チークも私が若い時は顔の側面に入れるものだったような。。。
でも本の通り正面に入れたらそっちの方が断然いい。
というかチークちゃんと入れたら口紅入らなくない?
まあそれさえもやってなかったけど。。。

と、一人でメイクこそ連(こそっと練習)しながら、
勝手に気分が上がっています。
とりあえず疲れた顔は脱出できた!!(と思う)

そもそも何でメイクしようと思ったんだっけ。。。

あ、そうだ、
先週、ついに旦那がアイフォンを買ってくれたんです。
で、子供と自撮りしたり、
スカイプで自分の顔を久々にまじまじと見て、
「老けたな~、メイクぐらいしなあかんよな~」と
本気で思いました。

まあ、メイクもまだまだ練習が必要だし、
ファッションの方については何の具体策もないんですけどね。

毎日のように近所のスーパーに行くんですが、
近所に日本以外のアジアのコミュニティがあるのか、
中年から初老の東洋人女性を見る機会が沢山あります。
その時に素敵だなーと思うのは、
やはり小綺麗にしてる人なんですね。
ファッションとかスタイルはどうでも良くて、
きれい目のファッションで
きちんとお化粧してる人。

でもすっぴんであろうが厚化粧であろうが、
本人が幸せであればそれでいいのですが。

私も機嫌が悪い美人よりも
機嫌がいいすっぴんとお友達になりたいと思うし。

と、またうまくまとめられないまま終わってすいません。
引き続き、お化粧がんばります~。

お久しぶりです~。
何から書こうかと思ったのですが
ごみゼロのことで書きたいことが溜まったので
ここから始めます。
a0132725_21005780.jpg
まず5月に久々にナローボートに泊まりました。
ボートが雨漏りしたり、床も修理したりで、
ひとまず水道をストップ。
キッチンもこんな状態。
火は使えますが、洗い物が出来ない。
a0132725_20383096.jpg
a0132725_20390561.jpg
前の私なら、使い捨ての食器を持って行ってたと思うんですよ。
でも、ごみゼロを知った今、それはしたくないというこだわりが出てきました。。。
なので家中のプラスチックの食器をかき集めて持っていきました。
要らないものは全部断捨離したと思っていたのに、探せば結構あるもんでした。。。
a0132725_20492791.jpg
a0132725_20494426.jpg
a0132725_20495983.jpg
インスタとかで見る「ごみゼロキャンピング」はこんなおしゃれだけど。。。
a0132725_20530091.jpg
現実はプラスチック万歳です。
持ってるプラスチック捨てて、ステンレスのお洒落なもの揃えるのもねぇ。。
いや本音はそうしたいけど、あるもので我慢します。

プラスチックのいいところは、なんといっても
軽い(持ち運びに最適)
安い(失くしても精神的ダメージが少ない)。

去年の夏買った水筒。
娘は誕生日プレのプラスチックにさっさと鞍替え。
やっぱり軽いんですよね~。
a0132725_20573455.jpg
環境のことさえ考えなければ、プラスチックは素晴らしい素材です。
土に還元したらいいのになぁぁ。。

次はボートのことを書きます。




娘の誕生日本番、マジパンでユニコーンを作り、
市販のケーキに置きました。
a0132725_19360661.jpg
この時、初めてにしては上手くできたわ!って思ったけど、
金色の塗料を買い忘れて、少し後悔していたんです。

なので誕生日パーティの時はあらかじめ食用の金色塗料を買っておきました。
マジパンは子供たちが嫌いと言ったので、
シュガーペーストにしました。
a0132725_02262351.jpg
a0132725_02271555.jpg
前回よりは上達しましたよね??
でも、本番では市販のケーキにユニコーンを急いで出して、
キャンドルに火をつけて、
ハッピーバースデーの歌をみんなで歌って、消して、
その間、ずーっと娘の方に正面が向いてたので、
大体の子供は、このユニコーンの背中しか見ていないんです。。。
a0132725_02282917.jpg
全ては私の準備の至らなさ!!
パーティが始まる前に、ケーキを完璧にセッティングして
飾ってかなければならなかったんですよね。。。
私は直前にいきなり、箱からケーキを出して。。。と
やってしまったのです。。

もうちょっと、皆に見てもらって
「可愛いケーキ!」とか言ってもらいたかったなぁ。。。
もちろん、言われたかどうかは分かりませんが。

パーティからしばらくして、
家でもう一度作ってみました。
a0132725_02353893.jpg
なんか牛っぽい。。。
そういや、ユニコっていたなぁ。。。手塚治虫大先生の。
a0132725_02360878.jpg
と思ってイメージして作ってみたんですが、
子供たちにすごく不評でした。
私は可愛いと思うんだけどな~。

立体の物を可愛く作るって難しいです。


娘の誕生日会、
終わってみると、いろいろと思い出深いのでまとめておきます。
もうしないので何の役にも立たないんだけど、
まあ自己満足で。

誕生日当日、プロの進行役がいるので、
特に困ったこともなく進んだんですが、
一番心臓が凍り付いたのが、
「出席しないハズ」つまり出欠確認をスルーした人が二人来たこと。
今考えたら、たった二人だから何の問題もないんだけれど、
私が予想外の出来事にすごく弱いんです!!
そう、簡単にパニックになるんです。

でも旦那含め、一緒に会を開いたママさんも
「あら~」って感じであんまり動じないんですよね。
私自身だけが、「ど、どうしよう!!!」ってパニくってしまった。。。

結局、バックレた人(連絡もなしで来なかった人)が
同じ数だけいたので、何の問題もなしでした。
(正直、それもどうかと思うけど。。。
こっち結構います、バックレる人)

あとはプレゼントが豪華だったこと。
皆、娘が好きなものをちゃんと選んでくれていて
びっくりしました。
男の子でさえも、娘がユニコーン好きなことを把握していて、
ちゃんとそれらをチョイス。
本当にありがとう、大事にします。
a0132725_02062754.jpg
数あるプレゼントからユニコーンのみをチョイスして撮影しました。

a0132725_02091013.jpg
後日、ユニコーンになれるヘアアクセをくれた方も。
a0132725_02080483.jpg
a0132725_02082073.jpg
a0132725_02084738.jpg
カードも可愛くて、娘はユニコーンの夢が見れるかも~と、
毎日枕元に置いて寝ています。

正直、お母さんたちともそんなに打ち解けていなくて、
あんまり来てくれないかもなぁ。。。
と思っていましたが、予想より全然多くの人が来てくれて
本当に嬉しかったです。

場所は定番のGambadoです。
初めて来た、というお子さんも多く、
皆楽しんでくれていました。
スタッフの方も親切でした。

バースデーバック(帰りに渡すお返し)は
子供用の雑誌にしたんです。
ちょっと予想より高かったけど、
子供たちが皆「わー」ってなってたので
成功だと思いました。
「なーんだー」ってがっかりされなくてよかったです。
a0132725_02200264.jpg
次は結構苦労したケーキのことを書きたいと思います!



娘6歳の誕生日パーティ。
a0132725_20110552.jpg
娘と仲のいい男の子との合同パーティでした。
イギリスでは結構あるパターンだと思います。

二家族で予算を割れる、
よばれる方も一回で済む(プレゼントは二個持っていかなくてはなりませんが)

私も何回も合同パーティに呼ばれました。

毎年、こういったパーティを開いている家庭もありますが、
我が家は一回だけ大きな(クラス全員をよぶ規模)パーティをする、
と決めています。

まあ無事終わったので、良かったです。
もうしなくていいのが一番うれしいです。(←超本音)

結局30人以上来てくれました。
a0132725_20113482.jpg
誕生日プレゼントも豪華で。。。
本当にありがたいです。

とにかくもうしなくていいので、ほっとしています(←本音二回目)
来年からは静かに過ごします。