<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

断捨離の記録です。
どれだけ捨てようと次から次へと出てくる。。。!
生きている限りしょうがない、と
最近はあきらめもつきました。

まず最も簡単な本棚の整理。
子供たちもおもちゃは捨てたくないけれど、
本には言うほどの執着がないのか
さっさと手放してくれます。
a0132725_19425180.jpg
娘のエルサドレス。よく着ました。サイズダウンです。
ぬいぐるみも要らないそうです。
a0132725_19422543.jpg
旦那のセーター。
私が小さくしてしまった。。ピッチピチです。。。すいません。。。
a0132725_19421234.jpg
娘のパジャマ。日本の親が送ってくれたものですが、
生地がしっかりしてるので、へたらないんです。
でもサイズアウトしました。
息子のGAPのズボンもあんまりはいていないのにサイズアウト142.png
a0132725_19415451.jpg
義理妹達からのプレゼントシリーズ。
毎年必ずと言っていいほどボディローション類をくれるのですが、
大体チャリティショップ行きです。
a0132725_19414143.jpg
子供の長くつ。
a0132725_19404676.jpg
旦那が突然くれたキャス・キッドストンの鞄。。。
ケンカした翌日、急に買ってきてくれたのです。
その気持ちはありがたいのですが、私にはどうしたって若すぎるデザイン!
しかも最も苦手なショルダー!
がんばって使おうか、それとも娘が大きくなるまで取っておく。。?と
いろいろ迷ったのですが、やっぱり邪魔なのでこっそりチャリティショップへ。
(すまん旦那!)
後日見に行ったら、8ポンドで売られておりました。
a0132725_19402888.jpg
あと、義理親から受け継いだシリーズ。
白いのはリモージュのティーセットのソーサーです。
カップは壊れて(旦那により)
ソーサーのみ2枚残っています。
さっさと捨てればよかったのですが、仮にも義理母の形見(?)
我が家の狭い食器棚の置く場所はなく、
小さなストレスになっていました。
捨てます!!!義理母もいいって言うと思う!

ゾウの編みぐるみは義理母のお手製。
義理母は編み物が趣味だったので、こういったものはいっぱいあります。
でも修理するのがめんどくさくてめんどくさくて。
これまた見るたびに罪悪感とプチストレス。。。
でもまだ迷ってる。。。
a0132725_19423865.jpg
あと義理母から受け継いだものシリーズで、
tifalのフライパンがありました。
義理母の死後、私たちも7年使っているのでしょうがないのですが、
そこがボコボコで安定しない。
旦那が料理中に床に落ちたそうです。超危ない。
もっと大事故になる前に捨てます。

↑というか天国の義理母に
「あなた、まだそれ使ってたの!?」って言われそう。。。
ケチもほどほどにします。


[PR]
前半はダラダラと過ごしましたが、
後半は水曜日、ベン君ちでプレイデート。
木曜日、我が家でベン君をよんでプレイデート。
金曜日、ベン君のママさんが子供たちをロンドン塔に連れて行ってくれました。
a0132725_23141938.jpg

クラウンジュエルも見。
(2868個のダイアモンドと17個のサファイアと11個のエメラルドと5個のルビーと273個の真珠から出来ています)
a0132725_23213195.jpg
ビーフィーターさんも見、
有名なカラスさんも見、
騎士一日スクールにも入って堪能してきました。

私はまったりと録画してあった「ロブスター」を見ました。
大変奇妙な映画でしたが、婚活に騒ぐ今の日本と重ねると
色々と感じるものがあります。
45日以内に結婚しないと動物に変えられる。。。って。
結婚したくない、一人でいたいって人もいるでしょうよ!!
といろいろとツッコまずにはいられない映画でした。
ツッコみつつも、私は猫にしてもらおうと考えていたりする。
a0132725_23331777.jpg
土曜日は息子の宿題である「楽器」タンバリンを作りました。
紙皿の中に豆を入れてホチキスで止めます。

a0132725_23381711.jpg
a0132725_19472139.jpg

日曜日、午前中のんびりしてたら
玄関ドアが鳴りました。
出たら20代前半の若者が、イスラム教についてのパンフレットをくれました。
「メディアの言ってることは全部嘘だから信じないで、
これを読んでください」
ロンドン生活長いですが、こういったことは初めてでした。
イスラム教はみんなテロリストとかいう極端な見方をする人もいて
傷つくこともあるでしょう。
a0132725_23400939.jpg
夜は旦那がステーキアンドキドニーパイを作ってくれました。
a0132725_23404053.jpg
a0132725_23411423.jpg
まあまあ美味しかったです。

ヒヤシンスがきれいなのですが、
こんなふうに頭が垂れるものなのでしょうか。。?
香りはすごくいいのですが、あれれという感じ。
でもこれが終わったらピンクか紫を買おうと思っていたりします。
a0132725_23383305.jpg
とにかくハーフタームが終わって
子供たちの学校が始まってほっとしました。
今日は荒れにあれまくった家の中を片付け、
チャリティショップに持っていくものを、またもや発見しました。
区切りはなかなかつかないですね。


[PR]
子供たちがまたもやハーフターム中。

10日(土曜日)のんびり
11日(日曜日)のんびり

12日(月曜日)旦那と子供たちがボートに行く。
私は掃除して録画してあった映画を見る。

テムズ川に止めてある我が家のハウスボートなのですが、
ただいま、また改装中。床がボロボロらしいです。
そしてカバーを作ってもらう手配をしているのですが、
お金の代わりに、うちの家にあるリモコンのライフボートでいいらしい???
そんなんで本当にいいの?って不思議です。(もちろんありがたいけれど!)
ホコリがすごいので、子供たちと掃除しました。
a0132725_21385647.jpg
a0132725_21392508.jpg

13日(火曜日)近所の図書館のアクティビティに参加
するつもりだったけど、行ったら3歳くらいの小さい子ばかり。
子供たちが絶対に参加するのは嫌だというので、
DVDを借りてきて戻ってきました。
近所の図書館、古くて素敵なので、いつも写真を撮りたい、と思うのですが、
他の利用者さんの迷惑になるので出来ておりません。
あと、やっぱりいいカメラがついている携帯が欲しいなぁ。。。
未だにかさばる一眼レフを持ち歩いています。
a0132725_21272793.jpg
夜ご飯はから揚げとフライドポテト。
イギリス人のママさんに驚かれたのですが、
中華鍋で揚げ物しています。
しかもこの中華鍋、近所の人が「ご自由にお持ちください」と玄関先に置いていたやつです。
a0132725_21285999.jpg
a0132725_21301144.jpg
ヒヤシンスが咲きだしました。
初めて買ってみたけれど、いいですね。
徐々に咲いていく様子を観察出来て楽しいです。
a0132725_21303995.jpg
14日(水曜日)ママ友からテキスト。
午後から子供たち、遊びに来ない?との嬉しいお誘い。(涙)
これで大掃除が出来る!
しかも、金曜日にロンドン塔に連れて行ってくれるという。
もちろんこれも二つ返事でお受けしました。
子供たちもママと行くよりも、お友達と行く方がずっと楽しいらしいし。
本当にありがたいです。


[PR]
a0132725_04553777.jpg
「suffragette」
全く期待しないで見たけれど、
すごく良かった。
歴史のお勉強にもなります。

現在だと当たり前になって、
何のありがたみも感じない女性参政権。
彼女たちはこうやって勝ち取ったんだなぁ。
a0132725_04564046.jpg
そう、文字通り勝ち取ったのです。
警察に殴られ、刑務所に入れられ、
ハンガーストライキをし、鼻からミルクを流し込まれ、
メンバーの一人は命をかけて国王に直訴を試み。。。
a0132725_04054952.jpg
主人公も、職場を首になり、
旦那に離婚され、子供を勝手に養子に出され、
(ここが一番泣けた)
それでもあきらめません。
a0132725_04561017.jpg
久しぶりに真剣に見てしまう映画でした。
この記事も併せて読むと理解が深まると思います。
女性参政権100年 サフラジェットの決意

[PR]
映画「About Time」を見ました。
a0132725_20010552.jpg
細かい点は先置き、
ヒロインが超かわいく、ヒロインの服が毎回可愛く、
ヒロインの部屋のベッドカバーまで可愛いという映画でした。
a0132725_20015018.jpg
このヘキサゴンのベッドカバー!!
めっちゃ可愛くないですか?
a0132725_19510988.png
私もこんなの欲しいわ!!
いや作ろっかなぁ。。?
いや、作っても、また途中で捨てる羽目になるよなぁ。。。?
うん、そっかそっか、やめよ。

主人公が途中で結婚式を挙げるのですが、
ヒロインのウェディングドレスが赤なんですよ。。。!
a0132725_20012223.jpg
ピンクとか水色は見たことあるけれど、
赤は初めてみた。。
でもヒロインが可愛いから、なんでも似合う!
a0132725_19520250.jpg
本当に、画面がいちいち可愛いんです。
スタイリストさんがセンスがいい人に違いない。。。!
a0132725_19540422.jpg
映画自体は最初は活き活きとしたラブコメディーだったのに、
終盤がちょっとセンチメンタルすぎるかな。

でも、お父さん役のビル・ナイも大好きだし、
トム・ホランダーのひねくれっぷりも素敵だし、
主人公の冴えなささも、かえってヒロインを引き立ててます。
a0132725_20013997.jpg
a0132725_20004960.jpg

ストーリーはともかくって書いたけれど、
この脚本家さんは優しい人なんだろうなぁ~と思わせる映画でした。
もう一回、細かいところも確認しながら見ることにしよう!


[PR]
「理想のパジャマを探して」でも書きましたが、
世界中でベストセラーになった「フランス人は10着しか服を持たない」
のファンです。

今日はその本の中から「好きだ~!」と
思うところをご紹介します。

この本、全体的に好きなんですけど、
特にこの部分を読んで、大げさでなく人生が楽になったんで。。。

それは、チャプター11の「ミステリアスな雰囲気をただよわせる」

p164
例えば誰かに初めて会った時、あなたはどんな話をするだろうか?
気さくな人だと思われたくて、つい余計なことまでしゃべってしまうだろうか?
皆で話してるときに、あなただけ私生活のことをあまり話さなかったりすると、
「冷たい」とか「気取っている」などと嫌味を言われるかもしれない。
それでもかまわずに、あなたのやり方を貫こう。
他人にどう思われるかなんて気にしないこと。
そんなことを言う人は、あなたのミステリアスな雰囲気が魅力的なので、
嫉妬しているだけだから。

p165
あなたは沈黙になっても平気?それともやたらにしゃべったり質問したりして、
沈黙を埋めようとするだろうか?私は沈黙がひどく苦手で困っている。
相手が知っている人でも知らない人でも、、会話の途中で沈黙になりかけると、
とにかく気まずくならないように、くだらないことをしゃべったり、くすくす笑ったり
してしまう。これでは全くミステリアスどころではない!

しかしようやく私にもわかってきたのだけれど、沈黙になって困ることなんて
ひとつもないのだ。それどころか、沈黙は心地よいものにさえなる。
沈黙は気まずいなんて思いこんでいるから、そう感じているだけ。
私の場合、沈黙になれる練習を毎日欠かさないほうがよさそうだ。

p167
わたしのプライベートや毎日の生活を良く知っている、親しい友人たちが相手ならともかく、
それ以外の人たちに対しては、ミステリアスなわたしでいたい。

なにがなんでも「ミステリアスな人でいよう!」とか思っているわけじゃないんです。
でも、この本を読んでいた時、
「誰に対しても「気さく」で「明るい」態度で話さないといけない」と
今まで思っていたけれど、「本当にそうなのかなぁ。。?」
とぼんやり考えていて、
「やっぱり!そういう考え方してもいいんだ!」
と腑に落ちたんです。

無理にしゃべらなくてもいい、と自分に許可を出しても、
実際にそうするのは勇気が要りましたけどね、最初は特に。。。
でも、ある日、親しくしているママ友さんと歩いてる時、
会話が途切れて、「やってみよう」という気分になったんです。
初めは心臓がバクバクもんだったけれど、
彼女は特に気にしていない様子。
しばらく二人で無言で歩いていたら、また自然に会話が始まりました。

娘が小学生になって、バースデーパーティに呼ばれることも多くなりましたが、
そこでも無理にしゃべろうとはしていません。
落ち着いてママさんたちを観察してみると、
外国人ママさんもいろいろです。
1人でいる人、まんべんなく皆と会話している人、本を読んでる人、、。

p175
ミステリアスな雰囲気を漂わせることを、わざとらしく振舞ったり、
気取ったり、別人になろうとしたりすることと勘違いしてはダメ。
むしろ大事なのは、自分らしく振舞うこと―他人を喜ばせるために
いい顔をしたりしないで。そして心にもないお世辞を言いあったり、
親しくもない相手にプライベートな打ち明け話をしたりしないこと。

私が一番ダメだったのが、
キャラでもないのに、明るく、気さくにふるまってたことでしょうね~。
だから疲れるし、空振りなことも多かったです。
私は人づきあいがあんまり好きじゃなく、一人でいるのが大好きだ!
と開き直ったら、楽になったし、諦めかけていたママ友も出来ました102.png

もうちょっと早くに気づけていたら、
20代、30代はもっと楽だったのになぁ~と思うこともありますが、
まあ、ともかく気づけて良かったです。


[PR]