<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ハーフタームが始まりました。
ですが、私の体調が思わしくなく、
家族に迷惑をかけてしまっています。

a0132725_924296.jpg


書くのも恥ずかしいのですが、
もう自分の責任100パーセントなこと。。。

2週間ほど前、右足に小さな虫刺されを発見。
かゆかったので掻いた→血が出た→かさぶたになった
→かさぶたが服に引っ付いてはがれた。。。

というのを繰り返していたら、
かさぶたが治るどころか、
赤く腫れあがり、
歩いたり、何かがぶつかるたびに、
激痛が走り、とうとう病院に行くことにしました。

単なる感染症で、
処方された抗生物質を飲んでいたら、
二日くらいで腫れは収まり、
痛みもなくなりました。

はぁ~、情けないやら、恥ずかしいやら。。。
見つけた時点で、すぐ消毒しないといけなかったのに、
こんなのすぐ治るわー、と何の根拠もなく
ほっといたらこんなざまになりました。

しかも抗生物質、効きすぎてるのか、
もうだるくて眠くてしょうがないのです。
昨日は旦那が子供たちを公園に連れて行ってくれたのですが、
毎日頼りにするわけにもいかないので、
明日から頑張ります!!

イギリスのお母さまたち、
ハーフターム、頑張って乗り切りましょう~。
[PR]
今、ジブリの「風立ちぬ」を見ました。
(テレビで放送していたのを録画)

a0132725_7344057.jpg


全く期待していなかったのですが、
実際見て、
映画館で見たかったなー、と、
久々に思った映画でした。

小学生の時に、
学校の体育館で、
「ナウシカ」と「ラピュタ」を
見た世代なので、
どうしても、その後のジブリ映画って、
色あせて見えるんですよー。
あの時の感動と興奮にはかなわないんです。

もちろん「魔女の宅急便」も
「紅の豚」も大好きなんですけど、

「もののけ姫」は、なんか違う!!だったし、
期待大で見にいった
「千と千尋の神隠し」は、
「あー、私が年取ったんだなぁ、
もうジブリを見て感動することはないだろうなぁ」
と自分の歳を振り返り、
悲しくさえなりましたっけ。

「アリエッティ」も、
「ポニョ」も、
一応は見たけれど、
たいして印象に残らない映画だったし。。。

それがここにきて、
「風立ちぬ」!!!

本当に感動しました。
絵のきれいさ、
音楽の透明感、
本当に風を感じそうなシーンたち、
ストーリーも、登場人物全てに
やさしさがあふれていて素晴らしかった!
そうそう、宮崎作品ってこうなのよ!!
みたいな!!!

あ~、なんだか無性に映画館に行きたいです!!
[PR]
昨日の記事の続きですが、
講座のなかで、

子供と過ごした良い時間

について、それぞれ話し合ってみました。

私は、
その日の朝、早めに起きて、
支度が早めにすんだ子供たちが、
おもちゃで一緒に仲良く遊んでいるのを見て、
幸せな気分になった、

といいました。
(いつもは早くしなさーい!と怒鳴っているので。。。)

私の隣のボーリーンは、
彼女と旦那様の母国語のCDをかけて、
家族三人で歌った、小さな息子さんも
ノリノリでとても楽しかった、

その隣のシングルマザーは、
寝かしつけの時間にいつもイライラしていたけれど、
思い切って、短いシャワーを浴びたら、
気分がすっきり、
娘二人も穏やかなムードでベッドに行って、
久々にリラックスした。

他のメンバーも、ささやかな、
どちらかというと、他愛のないことをあげていて、

子供と一緒に幸せな気分になるのに、
特別なことなんて必要ないんだなぁ、

と、しみじみと思わされました。

一番大事なのは、ママの気分の余裕、ですねー。

これに勝るものは本当にないな!!

なんてことも、一人で頭でぼんやりかんがえてたら、
そのまま忘れて行ってしまうけれど、
こうやって、みんなと意見をシェアして、
改めて、そうなんだな、と再確認。

話すことってすごい。
[PR]
いつも行っているチルドレンセンターで、
毎週火曜日に「Tips for toddlers」
という講座を受けています。

a0132725_845233.jpg


5人くらいの小さなグループで、
講座を受けるというより、
それぞれの体験や、悩み、
学んだことを生かした後のフィードバックなどを
話し合います。

コーディネーターが二人いて、
とても上手く誘導してくれるので、
単なる雑談にならない、
1人が話しすぎない、
英語が母国語ではない私の話も、
みんな辛抱強く聞いてくれます(笑

子育てにまつわる悩み、
子供がテレビを見すぎる、
寝かしつけがうまくいかない、
夜中に母乳を欲しがって何度も起きる、
双子が別のことをしたがる、
エトセトラ。。。

こんな風に子供が手に負えなくなってきたら、
4つの質問をしてみます。

1.子供に必要な条件は満たしているか?
(眠くないか、お腹が空いていないか、
暑くないか、寒くないか、など)

2.環境はいつも通りか?
(最近引越しした、知らない場所にいる、
知らない人ばかり、など)

3.体調は?

4.子供の年齢に応じた行動ではないか?
もしくは子供の特徴?(自閉症?発達障害?)

私たちのケースでは、いっとき、息子が
「ジェームスはこのおもちゃ持ってるから、僕もほしい~」
「ベンの家はもっと大きいから、僕も大きい家が欲しい~」
と、友達の持ち物をしつこく欲しがり、
いつもはかなり寛大な旦那も、キレかけた。。。
ということがありました。

1.2.3はどれも当てはまらないし、
4の年齢かな?と、
「5歳児、成長」で検索してみたら、

もうひとつは、他人をうらやましがること。「○○ちゃんは××持ってるんだって」「△△ちゃん、おやつはケーキだって、いいなぁ」と言われたら、親としてはあまりいい気持ちがしませんね。

でも、子どもは事実を言っているだけ。「いいなぁ」は、違いに驚いて出てきた言葉。大人が考えるように、相手をねたむとか、「ママは、なぜ、○○ちゃんの家みたいにしてくれないの?」と批判するような意味で言っているわけではありません。悪気は全くないのですから、「そうだね、ママもケーキ好きだよ」と、話しのきっかけにするなど、軽やかに受け止めましょう。


と、このサイトにありました。

まっ、うちの息子は思いっきり欲しがってるので、
このサイトの例とは少し違いますが、
この事実を知って、普通のことなんだとほっとしました。

子供のことで、「もう!」と、
頭ごなしに怒りたくなることがありますが、
いったん気を落ち着けて、
4つの質問を自分にしてみたい。。。と思います。
が、なかなか冷静になれないんですよねー。
[PR]