<   2013年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ひとつめ

a0132725_452202.jpg


昨日、なんとなくやる気が出なくて、
雨でもないのに、家でだらだら。
息子にはずーーっとテレビ見せてしまいました。
でも、夕方にはしっかり疲れてた。
その時に思ったこと。

a0132725_4505423.jpg


結局、一日の終わりに疲れるんだったら、
動いた方が得だな。


今日は、朝からモリモリと活動しました。

a0132725_4541722.jpg


ふたつめ

a0132725_504972.jpg


献立がどうしても思い浮かばなくて、
鶏の胸肉を塩をして、ラップでふんわりと包んで
レンジでチン。
それを細かく裂いたものを、おかずにしたら、
子供たちが食べること食べること。
娘が滅多にしない催促しました。
二人で約300グラムの肉を完食。

a0132725_51294.jpg


シンプルな方が子供は食べる

自分もそうでした~~。
混ぜご飯なんて絶対食べなかったもんな。

明日は魚を焼いて、ほぐそう。
[PR]
旦那が黒のアイリッシュリネンを6メートルも
買ってくれました。
(Ebayで安かったのです)

作りたかったワンピースと、
ワイドパンツを作ってみました。

a0132725_5564013.jpg

し。。。しわしわですいません。
アイロンもかけずにこのまま着てます。

a0132725_559972.jpg

この本のこのデザインです。
a0132725_653592.jpg


ワンピースは、黒の割烹着作っちゃった?って感じでした。
でも、息子のナーサリーの先生(若くておしゃれさん)に
褒められたので、調子こいて着ています。

ワイドパンツはいい感じ!
このリネンのわさっとした感じが
合いました。

a0132725_663042.jpg


股上を深くしたので、
ポケット位置が下がっちゃったけど。。。

a0132725_68514.jpg


a0132725_6113012.jpg


この本のこのデザインを参考に。
この本、使えます♪
a0132725_612737.jpg


でも、初めてこういうポケットを付けたので、
上達した感じ~~。
今度はポケットの色を変えてみよう♪
こうやって遊べるのが手作り服のいいところ。

私は冷え取りをしているので、
重ね着し放題のボトムが作れて本当にうれしいです。

失敗してもいいから、
どんどん作っていこー!
[PR]
息子は私の日本語をほぼ理解していますが、
(そう思いたい。。。)
彼の口から出るのは、100パーセント英語です。

a0132725_85296.jpg


私も日本語で出来るだけ日本語で話しかけるようにしていますが、
怒る時などは英語になりがち。

こんな努力の仕方では無理かな。

a0132725_86834.jpg


と思っていたら、こんな記事を見つけました。
やはりあきらめずに、
日本語でどんどん話しかけていこうと思います。

まず取りかかることは、

息子と一緒に出席できる、日本語プレイグループを探すこと。

友達と遊ぶのが大好きな息子。
もし日本語を話すお友達が出来たら、
いっきに興味がわくんじゃないかなー。
と、勝手な親の期待です。

日本のアニメ、とも思うけど、
あんまり興味を持ってくれないんですよね。
youtubeでも、韓国のバスのアニメばかり見てます。
[PR]
息子のナーサリーの下見に初めて行った時は、
多分、秋だったと思います。

まだ3時か4時なのに、
すでに薄暗いイギリス独特の天気。
お店も何にもない住宅地を
重ーい気分で歩いてたのを
しっかり覚えています。

本当にこのナーサリーでいいのだろうか、
もっといいところがあったんじゃないだろうか、
この通学路を一月から通わなくちゃいけないのか。
長いなぁ。
長く感じるなぁ。
とぼとぼとぼ。。。。

ってな感じでした。

(ダブルバギーで重かったってのも
ありますね)

今は息子がびゅーんとスクーターで行ってくれるので、
まあ随分と楽になったもんです。

あと、本当にひたすら住宅街なので、
いろんな庭のチラ見が楽しいのです。

このお家はつるバラがきれい。
ああ、私もいつか、庭にバラを這わせてみたいなあ。

a0132725_7485212.jpg


a0132725_7492359.jpg



この芍薬、すごい!
ピンクと白のコンビなんて初めて見たー!
ああ、この花はつぼみも可愛いな。
私も来年は絶対植えよう!

a0132725_749532.jpg


もっともっと素敵な花、木はあるのですが、
なんせ人さまのお家、
パシャパシャと写真が撮りにくいのです。

でも、息子を送っていったあと、
少し遠回りをしたりして、
いろんなお庭からこぼれているお花を見て、
あー、やっぱりイギリスの夏はいいなぁ、
この学校選んで正解だったなあ、と
単純な私は思うのでした。
[PR]
先日、ママ友が出来たと書きました。

そのママ友とは、公園であったら
おしゃべりしたりしてるのですが、
子供たち同士が、う~~ん。

サミュエル君は息子より5カ月上。
なので9月から、小学生(レセプション)です。
でも、ナーサリーでは同じ教室です。

息子はそのサミュエル君が大好きで、
追いかけまわしていますが、
彼はすっごい迷惑そう。

分かるんです!
自分より小さい子供と遊ぶのって、
結構めんどくさいということを。。。!
だから、うちの息子が行ったら、
わずらわしいんだろうな。

特にうちの息子は、しつこい。。。
断られても、つれなくされても、
諦めずに、食いついていきます。

たまに、しょげて、
「マミ~~。。。サミュエル、僕と遊んでくれない。。。」
と、こっちに来ますが、
「もう、家にかえろっか?」と言うと、
「ノー!!」と、また走っていく。。。

基本的にほっておいてますが、
サミュエルは嫌がってるしなぁ~~、
この公園来るの、控えた方がいいのかな?
なんて考えています。

でも、サミュエル、1歳3ヶ月の娘の世話は
結構してくれるんですよね。
娘が危ない所に行ったら、止めてくれたり。

自分が3歳の時なんて、
全く覚えていないけれど、
もうしっかり友達の好き嫌いがあったような。

だから息子たちもそうなんだろうな。

なんにせよ、親は見守るしかないのです。
[PR]
庭のイチゴを収穫しました。

a0132725_7284170.jpg


たった5粒だけれど、
ナメクジに食べられず、
よく、もってくれた!

a0132725_7552299.jpg


息子のイチゴだよー、と言い続けたので、
息子が全部食べました。
ので、味の方は分からないけれど、
食べ終わった途端、また取りに行く、と言ったので、
美味しかったとみえます。

こんなことだったら、10株くらい買ってきて、
植えればよかったわ。。。
まさかこんなに上手くいくとは。。。
いちごがだんだんと色づいていくのを見るのは、
思いの他楽しかったです。

a0132725_6552324.jpg


庭はモリモリと育って、
雑草なんだか、花なんだか分かりません。
もう少したって花が咲いたら、どうにかしなくちゃ。

a0132725_6561349.jpg


リンゴも今年はいい感じに実をつけてます。
(去年は3つだった。。。)

a0132725_657737.jpg


最近はロビンも来ます。
可愛いです。

a0132725_7235570.jpg


ミニバラは二つしかつぼみをつけませんでした。
肥料あげなかったから?
枯れなかっただけマシとしよう。。。

a0132725_7544755.jpg

[PR]
今日、服を整理してて気づきましたが、
娘の服、100%もらいものです。

90% お古のもらいもの(友人、親戚から)
10% プレゼント(日本から&誕生日など)

つまり私がお金を出して買ったものがないのです。
いいのかな~~、こんなで。。。
と思ったけれど、もらった古着がわんさかとあるし。。。
しかも、みんな新品同様。
まっ、いいか~と、独り言終了。

でも、いつかは娘のワンピースなど、作ってみたいな。
っと、アマゾンで本の検索を始めました。
いや~、これ、楽しいですね~~。
延々と出来そう。。。

気になってるのはこれ。
基本をちゃんと教えてくれそうだし、
息子のズボンも作れそう。
息子が今のパジャマズボンじゃなくて、
前にもポケットがついてるのがいい、と言いだしたのです。
でも、市販のジーンズとかは固いからいや!と
今では学校にも穿いていってるジャージのみ。
この本からなら、大人が来ているようなシャツも作れて、
フォーマルな感じも出来るかな?

パターンレーベルの子供服ソーイング

a0132725_5555356.jpg


でも、何といっても可愛いのはこの本~。
モデルさんが可愛くて、うっとりしてしまいます。
そうなのです。。。この本の購入を控えてしまうのは、
このモデルさんが可愛くて、この作家さんの服が似合ってるからではないのか?
と、疑ってしまうからなのです。
うちの娘に合うのかな。
でも、かわいいな~。

A SUNNY SPOT 女の子のまいにちの服

a0132725_5461578.jpg


息子の服を作るのならば、いっそこの本、
と思うのだけれど、中身がチェックできないので、
今イチ、クリックできない...勇気がないです。
しかし、気になる。。。表紙も可愛い。。。

スタンダードな子供服

a0132725_604239.jpg



これはセーラーカラーのシャツがのっているのです。
でも、サイズが100センチまで。
もう息子には使えないし。。う~~ん。
マントとか、小物とかもあって、あ~、もっと早めに知っとくべきだった。。。。

ちいさなおとこのことおんなのこのふくとこもの
a0132725_5362651.jpg


この本も可愛い~。
雰囲気が好き~~。

KIDSの普段着

a0132725_67358.jpg


と、まあ、決まらないのです!
でも、イギリスのこの寒さ。
ワンピ一枚で出掛けることなんて、まず皆無。
ということは重ね着しやすい服がいいな、と
少しまとまってきました。

こうやってブログに書くことで、
随分、頭の中が整理された感じ。
読んでくださった皆様、ありがとうございます。
[PR]
ジーナさんの本に載っていた、
(0歳から5歳)子育て中&専業主婦のための10のヒントです。

1.家事は最小限にしましょう。

2.自分の子供と一緒の月齢のママ友と出来るだけ
たくさんの時間を過ごしましょう。

3.(今はしんどくとも)だんだんと楽になるということを忘れないようにしましょう。

4.働いていた時のように、スケジュールを立てましょう。
楽しみなことをプランに入れましょう。
退屈な仕事をしている時、そのことを楽しみにしていましょう。

5.子供&女子会をしましょう。

6.家事を始める前に、シャワーを浴び、身支度を整えましょう。

7.子供たちにできるだけ早く、家事を教えましょう。
家族みんなが楽しめますし、子供たちがそれをしている間、
あなたは自分の時間が使えます。

8.1週間のルーティンを決めましょう。
例えば、月曜の朝はスポーツクラブに行く、
子供のジムは水曜日、買いだしは金曜日というように。
こうすると、友人と会う、カフェに行くなどの楽しい予定も
入れやすくなります。

9.インターネットに加入して、子供の面倒を見ながら、
友人とコンタクトをとりましょう。

10.バリバリ仕事をしている友人と接していると、
自分が劣ったような気分になりがちですが、
あなたは最も大切な仕事をしているのだということを
忘れないようにしましょう。
パーティで「何をしているんですか?」と、聞かれるのは、
きついですが、ベストアンサーは、
「好きなことをしています Anything I like, あなたは?」


しょっぱなのアドバイスに笑ってしまいました。
でも、家事ってどんどん出てきますもんね。
最小限にしよう、という心構えでちょうどいいのかも。

私がやろうと思ってて、なかなか実行に移せていないのが、
8の1週間のルーティンを作ること。
買い物も毎日じゃなくて、決めた日にしたい。。。
献立も作っとくと楽だろうな、とか、思うんだけど、
なかなか出来ない。なんでだろう。。。
[PR]
若い頃、飛行機や電車に乗って、
泣いている赤ちゃんを見ると、
不思議でしょうがなかったです。

どうして、泣きやませられないんだろう。。。?と。

お母さんが抱っこしたり、あやしたら、
赤ちゃんというのは簡単に泣きやむものだと思っていました。

a0132725_7584156.jpg


若かったなー、
浅はかだったなー、
何にも知らんかったなー、

と、今では思うのですが、
その時は、本気でそう思っていました。

なんでそんなことを思い出したかというと、
先週、近所に住んでいる日本人ママ友から、
こんなメールを受け取ったからでした。

a0132725_7592111.jpg


「8か月の子供が夜、何度も起きて、
泣いて困っている。
先日も、泣く→抱っこする→泣きやむ→またベッド→泣く、
を何回も繰り返していたら、
上の住人が、何かを床に投げつけてきて、
辛くて、こっちが泣いてしまった」

上の住人は若いカップルだそうです。

メールを読んだ時、
なんてひどい!
と、怒ったものの、
あ、私も子供産むまでは、そうだったんじゃ。。。?
と思いました。

a0132725_801910.jpg


飛行機の中で、赤ちゃん連れのお母さんが近くに来たら、
ひそかに心の中で舌打ちしてたもんなー。

このカップルのことを責めれないんでした。

本当に子供を持って分かることっていっぱいある。
私はもっと子供をコントロールできるものだと思ってて、
今、いい意味でも悪い意味でも、ことごとく裏切られてます。。。。(笑

その若いカップルにも、
いつか分かればいいなあ、と思います。
[PR]
私もやっと、ナーサリーで「気楽に話せるママ友」が出来ました。

以外に出来ないもんですね、
息子のナーサリーが始まって半年経とうとしてこんな感じ。
でも、なんか一安心。。。

ママ友を作るのはイギリス人でも苦労するところらしく、
今、読んでいる本に、
「ママ友の作り方」がのっていました。

a0132725_1924896.jpg


誰もあなたのドアをノックしないということを覚えておきましょう、
あなたから出かけていかなければなりません。

もしあなたが赤ん坊と小さな子どもと家にいるのなら、
一日に一度は家を出るというルールを設けておきましょう。

a0132725_19244863.jpg


プレイグループや、習い事に参加しましょう。
自分に合うかどうか、すぐに決めつけてはいけません。
3回から4回は試してみるというルールを決めておきましょう。

a0132725_19251586.jpg


定期的にグループに参加しましょう。
一週目はあなたは新顔でしょう。
二週目はあなたはトイレがどこか分かるでしょう。
三週目はあなたは顔見知りが出来るでしょう。
四週目、ついにあなたは常連です!
心配そうな新しいママが来たら、温かく迎えてあげましょう。

a0132725_19254413.jpg


人と話しましょう。
ママ、老人、店員、近所の人、皆と話しましょう。
それはいい練習になり、地域のコミュニティーの一人だと感じることが出来るでしょう。

グループの助けをしましょう。
コーヒーを作ったり、掃除などです。
グループの一員だと感じることが出来るでしょう。

a0132725_19261441.jpg


近づきましょう!
仲良くなれると感じたのなら、単に「さようなら」というのではなく、
来週も同じグループに来るか?
木曜日のグループに一緒に参加しないか?
電話番号の交換は?
あなたの子供の誕生日パーティに来ないか?等々。。。


この他、話しかける言葉集「CONVERSATON OPENERS」なるものも
載っていました。

可愛い赤ちゃんですね~等々。。。
普通なのでカットします。

あと、多くの人は、子供のことに関して、アドバイスするのが好きです。
とのこと。

お母さん達の体験談も紹介していましたが、
イギリス人同士だから仲良くなれる訳でもないんですね。
結構苦労してる様子です。

私も一番家から近いプレイグループに行った時、
「な~~んか違う、な~んか私ういてる。。。」
と思って、二度といきませんでした。

このアドバイスにそうなら、
諦めずに3度行かなくちゃいけなかったんですが、
サクッと諦めて、家から遠いプレイグループで
楽しく過ごしました。

息子が9月からフルタイムでナーサリーに行くようになったら、
私もその懐かしいプレイグループに顔を出せます。
楽しみ―。
[PR]