<   2013年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

息子のナーサリー主催の
ディスコに行ってきました。

a0132725_925054.jpg


寄付金集めのために、
イギリスの学校ではいろんな催しがあるそうです。
(と言っても、私はこれが初めてです)

日本の体育館の3分の一ほどの大きさの会場に、
ミラーボールがつりさげられ、
大音量で音楽が流れているのにびっくりしてか、
息子はママのそばを離れません。

でも、徐々に
大好きな先生を発見して、
一緒に踊っていたり、
黒人の女の子とチークダンスのようなものを
踊っていたり、
ママとも踊ろう!と、手を持ってぐるぐるしたり、

結構ノリノリの息子でした。

a0132725_9253849.jpg


驚いたのは、
娘がダンスをしていたことです。
まだ歩くこともおぼつかないのに、
ちゃんと立って、リズムに合わせて踊っていました。
学校の先生も笑っていました。

ナーサリーの日、
息子がチークダンスを踊っていた
女の子のお母さんに呼び止められ、
少しお話ししましたが、
私が女の子と思っていたマーリーちゃんは
男の子でした。
そしてマーリーちゃんのお母さんも、
うちの息子を女の子と思っていたという、
オチがありました。

a0132725_92662.jpg


うちの息子はナーサリーで友達が出来てるのだろうか?
あんまり社交的じゃないかも、私に似て!とか、
先生にもかわいがられてるのだろうか?とか、
いろいろ心配というほどではないにしろ、
気になっていたのですが、

今のところ、大好きな先生と友達がいっぱいいて、
ナーサリーは息子にとって、お気に入りの場所のようです。
[PR]
朝から息子のわがままが三連発。
でも、怒鳴らずに耐えた!
よ~がんばった、私。。。

まず、朝食にアイスクリームが食べたい、という息子。
ナーサリーの後に食べようね、というと、
ギャーギャー、今食べる―!と聞かない。
スプーンですくい取るタイプじゃなく、日本のジャイアントコーンみたいなのしかないので、
ちょっとあげるね、っていうのは無理。
いや、少しかじらせてみる?
いやいや、そんなことしたら、全部食べる―と、
また大騒ぎになるだろうから。。。どうしよう?

じゃあ、ナーサリーのお迎えの時、
持って行ってあげる。

というと、あっさりOK。
(拍子抜け。。。)

出る前に、ポリスマンのスーツで行くと言いだす。
今日は仮装の日じゃないからダメ。
さー出るよー。
(もう時間ぎりぎり!!)

またもやギャーギャー大騒ぎ。

あんなの着て行ったら、
ナーサリーの皆に笑われちゃうよ。
と言っても、聞かない。

黒人のお兄さんが、
何を泣いてるの?と笑いながら
話しかけてくれたおかげで、
少し気分が切り替わったのか、
何とかついてきた。

あとはかけっことかしながら
急ぐ。(すでに遅刻)

あと二分でナーサリーにつく、という時に、
僕のバイクは?と言いだす。
取りに行く―。

ちょっと、イヤかなりいらっとしてきた私。

じゃあ、取りに行ってくる?
ママとベビはここで待ってるよ。

いやいや、取りに行く~~~!!
(みんなでだと思う)

息子は泣いてる訳じゃなくて、
単にぎゃあぎゃあ大騒ぎしてるだけです。。。

イライラ~~~がマックスの私。
いつもの私なら怒鳴っていたと思います。

「いいかげんにして!」
「なんでそんなこと今言うの!」
「息子のせいでもう遅刻だよ!」
等々。。。

でも、先週、反省しまくった私。
ぎゃあぎゃあ言ってる息子を見て、

別に遅刻してもいいや。
今週は怒鳴らないことだけを目標にしよう。

と、妙に冷静になりました。

が、ぎゃあぎゃあ言ってる息子をどう動かそう。
今日はダブルバギーじゃないしな~~。

ダメもとで、

「ピギーバック(おんぶ)しようか?」

言うと、すっごく嬉しそうに飛びついてきました。

歩いて二分くらいの距離を息子をおんぶしながら、
娘のベビーカーをプッシュ。。。

ナーサリーは10分の遅刻。
ちょうど出席を取ってるところでした。

ナーサリーについても、おんぶして欲しいという息子。
ちょっとおんぶした後、先生に話しかけられると、
タタ~~っと走っていき、
また戻ってきて、キスとハグ~~と言って、
またみんなのところに行きました。

はぁぁ、疲れた。。。
今、朝の10時半。
(娘は朝の昼寝中)
なのに、一日のハイライトが終わった気分です。
これから長い午後が待ってると言うのに。。。

ここ一週間、頑張って怒鳴らないようにしていますが、
息子はやはりリラックスしてる感じです。

ちょっと前まで、
ママ?ハッピー?
としょっちゅう聞いていたのに、
それもなくなりました。

しかし、息子のわがまま、というか、
ママを困らす技は上達中。
それをどう上手にかわすかだなぁ。。。
[PR]
最近読んでいる「how to be a happy mum」から。
相変わらず、ど下手な訳ですが、お付き合いください~。

What is good parenting?

parenting、「子育て、育児」

いい育児とは、下着や靴下を含む、全ての洗濯ものにアイロンをかけることではありません。
家中のバイ菌をふき取りまくることでも、
毎週、ネットカーテンを洗うことでもありません。
それは完ぺきに整った家を作ることでも、
自家製の食事でフリーザーをいっぱいにすることでも、
お皿に乗った自分の食事を食べきるまで、テーブルを離れないことでもありません。
それは厳しいルーティンを実行させることでもなく、
子供が三歳になるまでに読めるようにすることでもなく、
8歳までにプロのテニスクラブに入れることでも、
いい学校の奨学金を取ることでもありません。

いい育児とは、「家族みんなが幸せな家を作ること」です。
親は幸せだけれど、子供は違う、のではなく、
子供は幸せそうに走り回っているけれど、
親はくたびれきっている、のではなく。

いい育児とは家族みんながそれぞれ、自分たちのしたいことができるような
バランスを見つけることです。

いい育児とは分かち合いと、権利です。
誰かが他の家族の権利を侵害すると、
その人の権利は終わります。

あなたの子供は時折、大声を出したり、
騒々しいゲームをする必要があります。
でも、それは小さな赤ちゃんが寝ている時ではないのです。

あなたの子供は、お腹がいっぱいで
あなたの作った夕食は、もう食べれないけれど、
食後のデザートは大丈夫、と言う権利があります。

あなたは子供に一人で遊んでもらうことを期待して、
その間、足を高くして、新聞を読む権利があります。
もちろん、3時間ではなく20分ほどでしょうが。

子供たちはおもちゃ全部を出して並べて遊ぶ権利があります。
そして、あなたは夜にはちゃんとお片付けをした家で
リラックスする権利があります。

全てのことはバランスが大事です。


いい育児とは。。。
なんて、じっくり考えたこと、実はなかったです。

でも強いて言うなら、
「子供を信じること」
「子供に自己肯定感を与えること」
「子供のいいところをほめて伸ばすこと」
かな~?日本の本にはそう書いてありますよね。

もちろんそれらも間違いではないのだけれど、
「具体的にどういうこと?
親はどうすりゃいいの?」
と時折思っていたので、
こうやって、
「子供の権利を尊重して、
親のあなたも尊重してもらうこと」
ときっぱりと書いてあって、
すごく自分の育児の方向性がはっきり見えました。

私は子供中心にはなれない。
自分はしんどいのに、我慢して、
元気いっぱいの子供を引き連れて、
公園なんていけない。
でも、それって、ひどい親っぽいし、
おかーさんは頑張らなきゃー。

なんて思っていたので、
この本のこの部分で、
私も休んでいいんだー。
とほっとしました。

今は子供の前で、堂々と休んでいます。
もちろん数十分がいいところですが。。。

そして、疲れても無理して
遠い公園(息子のお気に入り)にいかなければ。。。!
と思いこんでいましたが、
ここ数日、一番近場の歩いて数分の小さな公園でも、
息子と娘は満足そう。

権利とバランスを考えながら、
皆が居心地の良い家庭めざして
がんばります!
[PR]
前回の日記を書いてから、
「怒り過ぎ」「三歳児」で検索したら、
結構出てきました。

私のように、怒りがコントロールできない、というママは
多いんですね。。。

私なりにいろいろ読んだり、
考えたりした事をランダムに書きます。

☆小さい子供に感情のままに怒りちらすのは、
DVと一緒。

☆子供でも、反論するすべがないだけで、
感情は大人と一緒。


☆子供は子供なりに、
「お母さんが本気で怒ってる」
「お母さんは機嫌が悪いだけ」
など、ちゃんと分かってる。

☆怒り過ぎたと思ったら、
子供にちゃんと謝る。

☆子供が起きてる時間はなるべくPCをせず、
ふれあって遊ぶようにする。

☆怒ってる時に、子供の人格を否定するような事を言わない。

☆旦那にフォローを頼む。

☆今苛立ってると気づいたら、
どの部分を子供に注意すべきなのか、
少し引いて、最初の言葉を選ぶ。

☆自分がやられていやなことは人にしない、
子供を育てると言うのはそういうこと。

☆怒りそうになっても、10数えてみる。

☆口に出す前に、
「今から言うことは、怒ること?叱ること?」
怒ること=ママの勝手な都合。

☆叱った後も、ギュッと抱きしめること。

☆普段の言葉も、丁寧を心がける。
かっとしにくくなる。

☆叱るポイントを一つに絞る。
「人に迷惑がかかるから叱ります」
次第に、子供は自分で考えるようになる。

☆感情に任せて怒ること=母親自身の甘え

☆言葉の暴力も虐待の一種

[PR]
今日は久々に雷を落としてみました。

しかも朝と寝る前に2回。。。。
しんどい。。。

朝は、大したことではなかったけれど、
夜の部はこうです。

子供二人のお風呂が終了。
娘はすぐにおむつをはいて、パジャマを着せたけれど、
息子がパンツも履かずに、ブランケットにくるまっている。

パンツをはきなさい、といったら、
なんでも「No!」と言う、現在の息子。
今日も、「No!」、当然パジャマも着ない。

そんなに寒い訳じゃないし、
少しテレビを見てから、寝る前に着せればいいか、
と軽く考えていた私。

息子の大好きな子供番組を見せて、
終了後、娘はベッドに直行。

娘を寝かしつけて、テレビのある部屋に戻ってきたら、
息子がうっかり寝ている!
裸のままで寝たら、風邪ひくよ~~!
早くパンツはきなさい!パジャマも!
寝てたのを起こされて機嫌が悪い息子は
「No!」を連発。
テレビのある部屋のソファベッドに、
ブランケットを持って潜り込みます。

私はブランケットを取り上げて、
「早くはきなさい!」というと、
泣いて、なぜかそこでおしっこ。。。

あー、もー!
早くパンツはきなさい!
「No!」のやり取りをして、
ブランケットを取り上げて、
大騒ぎ。

もうそんなだったら、
着替えさすのは後にして、
(泣きながら興奮してるし)
散らかりに散らかったおもちゃを
片付けよう、というと、
それも「No!」

とにかく、眠くて、機嫌が悪いのは
分かってるけれど、
それだったら早くパジャマ着て寝てくれ~~!!

片付けをしないことに、
常日頃から頭に来ていたので、
「もう片付けないんだったら、
おもちゃ捨てるね!」
と言ってしまい、
ますます息子はギャ~~~!!

もう、何が何だか、
訳が分かりません!

キッチンに片づけに行こうかと思うと、
泣きながら追いかけてくるし、
だからと言って、パンツははかないという姿勢だし、
私もイライラがマックスに。。。

こうやって書いてると、
息子がパンツをはかなかったことって、
大したことじゃないように思えるんだけれど、
その時はそうは思えないんです。
なんでいうこと聞かないのよ!そればっかり。

パンツを無理やりはかすと、
脱ぐし、
私はかっとなって、ぺちっと腕をたたいてしまいました。

たたかれることなど、
まあない息子(今の子だから)、
びっくりした顔をして、
また泣いて、ママを押してきて。。。

そんなことの繰り返し。

私も冷静な頭ではいられなくなり、

そんなだったら、
裸でそこで寝たらいいよね!
ナーサリーにも、行かなくていいよ。
公園もプールも、皆行かなくていいよ。
片付けもしないんだったら、
お友達も呼べないね。。。

と、ブツブツ言いながら、
一人で片付けを開始。

息子は少し落ち着いた様子で、
でも、まだ泣きながら、
ママが言ったことを確かめながら、

「いやいや、ナーサリー行く~~!
公園も、プールも~!
友達も来てもらう~~!」

と言ってきたので、

「じゃあ、パンツはく?」

と聞くと、うなづいて、
抱きついてきました。

パジャマに着替えて、歯磨きをして、
寝かしつけましたが、
は~、疲れた。。。

子供が言うことを聞かない時に、
怒るのはいいと思うんですよ、
お片付けをしない、
パンツをはかない等。。。

問題はその怒り方。
私はやり過ぎ。。だなぁ。。。

体罰こそはしていないけれど、
(今日はぺしっとしましたが)
息子が泣きじゃくるまで怒るのは、。。。
やっぱりだめなんでしょうか。。。
だめなんでしょうね~。
ダメな気がする。。。

あと、今日だめだったのは、
息子がパンツをはかないことから、
お片付けをしないことに、
怒りの重点が途中で変わったこと。
息子は「?」だったのでは。。。

こういうことって、
その後の息子の人格形成に、
すごく影響を及ぼすのでは。。。
とか、心配でしょうがありません。
寝かしつけの時に、
ハグとキスをしたけれど、
それはどれだけフォローになってるんだろう?

もっと上手に怒りたい!!
少なくとも、こんなふうに
後味の悪い怒り方はしたくない。
世の中のお母さん達は
どうしてるんだろう?
[PR]
こんな記事を見つけました。

私は写真を撮るのは好きなのですが、
撮られるのは苦手~。
特に歳を重ねてくると、
写真を見ては、「あー、年とったなぁ」と
しょうがないんだけれど、
やっぱりがっかりしてしまいます。
いや!若い時、がっかりしなかったかというと、
それはまた違うんだけれど!!!

でも、この記事を読んで、
そんな小さいことよりも、
私も子供たちといっぱい写真を撮りたい!
と思うようになりました。

出来れば、この男性のように、
毎年同じ場所で同じポーズで
撮り続けたいなー。
[PR]
フォカッチャを作ってみました。

a0132725_19321341.jpg


いつもの菓子パンの生地にハーブと岩塩をのせて焼いただけ。

本格的なフォカッチャは、ピザ生地を焼いたものらしいので、
我が家のはあくまでフォカッチャ風です。
(しかも機械にこねてもらっているし。。。)

a0132725_19324787.jpg


が、皆お腹が空いていたのか、
あっという間に売り切れました。

次の日、スーパーでフォカッチャを買って試食してみましたが、
我が家の方が数倍美味しかったです。

イギリスだからでしょうね。。。
[PR]
3連休を利用して、ボートに行ってきました。

旦那はちょくちょく行ってますが、
私はモモが産まれてからは初めてです。

a0132725_5281455.jpg


暖炉が熱で割れたり、
雨漏りがしたり、
裏の扉が壊れていたり。。。

a0132725_5513178.jpg


ボロボロのボートでしたが、
この一年間、旦那がコツコツと修理したおかげで、
何とか再び宿泊できるようになっていました。

a0132725_5501195.jpg


私ももっと片付けたかったのですが、
娘がハイハイで動き回るのを追いかけるのみで
何も出来なかったです。

川に落ちたらシャレにならないし、
息子くらい大きくなったら、もう少し身動きとれそう。

a0132725_5505983.jpg


ボートに一泊して、
次の日は息子と旦那はエアショーに。
私と娘はぶらぶらと散歩。

a0132725_5294671.jpg


私たちがボートを留めてある街は
オックスフォードの近くの静かな、何もないところですが、
川べりや、手入れされた公園など、
散歩するには事欠きません。
と言っても、いざ住んだら、退屈だーとか文句たらたら言ってそうです。

a0132725_526522.jpg


エアショーで、レッドアローのスーツを買ってもらった息子。
普段ケチケチで過ごしてるのに。。。
こういう必需品でないものにお金をポーンと出す旦那、
富豪でもないのにやめて欲しいです。。。。

a0132725_526121.jpg


行く前は、ボートに泊るなんてかったるいー。
息子と旦那だけで行ってくればーなんて言っていた私ですが、
実はかなりリフレッシュ出来ました。

ですが、やはりお湯、電気が使い放題の
ロンドンの自宅はいいなぁと、
パソコンの前でまったりとしながら、
しみじみしています。
[PR]
たまたま行ったホームセンターで、
大人が寝れそうなくらい大きい段ボールをもらってきました。

a0132725_76359.jpg


家を作ってみたら子供たちの遊ぶこと遊ぶこと。。。

a0132725_771294.jpg


無料なのに!
手間かかってないのに!
素敵過ぎ!!!

a0132725_775299.jpg


娘までもが、ウキウキと家に入っていきます。

a0132725_784186.jpg


が、しょせん段ボール、最終的にはボロボロになり、
リサイクルごみになりました。
(でも、二週間、持ったんです!)

a0132725_792321.jpg


またもらって来ようね~♪
難点は、部屋が一層せまく、ぐちゃぐちゃになることです。
あと、ベビーカー押しながら運ぶのも、
実はすごい大変です。。。。
[PR]
久々に作ったものの更新です。

子供たちのパジャマのズボン。
生地は義理妹②からもらったカーテン生地。

a0132725_6481756.jpg


a0132725_6485117.jpg


もう一つ違う生地の組み合わせでも作りました。
カタツムリがら。。。なんでこんな柄買ったんでしょうか。。

a0132725_6544358.jpg


パジャマ買おうかな?と思っていたのですが、
これで買わずに済みましたし、生地も消費出来て大満足です!
[PR]