<   2010年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Bathという比較的ここから近い街で開かれる
クリスマスマーケットに行きたいなー、

とつぶやきましたら、
旦那に

「あんなの金もうけ主義の集まり!だめだめ!!」

と却下されました。

でも、この町、ちょっと飽きた。。。。
どっか行きたい。。。

と思ってましたら、
この町でも、クリスマスマーケットが開かれることに!!

うきうきで旦那と義母に報告しましたが、
二人とも
「がっかりしないように」
と冷めた反応。

さて、当日。
まあまあ、暖かいこの町にも、雪が降りました。

窓からの風景。↓

a0132725_5355046.jpg


やる気なしの旦那と、
息子に厚着をさせて出発!

マーケットの規模がちっさ!
店もテントが15くらい?

でもサンタさんがいました。
外国映画でよくあるやつで、
サンタさんが子供を膝の上に乗せて、
「プレゼントは何がいい?いい子にしてたら
きっともらえるよ~~」とか言ってるやつです。(想像)

がらがら。。。。超暇そうです。
しかも無料かと思ってたら、
ちゃっかりお金取ります!
世の中金なのね。。。。。としみじみ思います。

a0132725_5232450.jpg


あとはお決まりのリースとか、クラフトちっくなものとかを
さっと見て終わり。

a0132725_533176.jpg


あっ、旦那はこのお兄さんのところでチーズ買ってました。
(クリスマス以外でも全然買えると思います)

a0132725_5341651.jpg


最後に、ホットワインを飲んで、
程よく酔っ払い、全然マーケットに関係のない
服屋さんで息子の冬用のジャケットを買い足し、終了!

旦那に感想を聞かれたので、正直に

「しょぼかった」

と答えると、

「人の地元を馬鹿にしないように」
と笑いながら言ってましたが、
旦那もマーケットのしょぼさは同感なようでした。

まあ、うちの日本の地元でやってもあんなもんでしょう。
来年はもうちょっとがんばってほしいです。
[PR]
10月の終わりに提出した、旦那と私のパスポートと、
書類もろもろが戻ってきました!

これで、もうビザの心配しなくていいんだー!!(のはず)

わーいわーい。
[PR]
金曜日はこの小さな町にも、マーケットが開かれます。

まず、近所の赤十字ホールでバザーが。

a0132725_673043.jpg


ほんとぉ~~~に、ガラクタとしか言いようがないものが
並びます。
私は毎回、何か手作りに使えそうなものがないかと
目を凝らしてみるのですが、全くなく。。。。

ついてきた旦那は細々と買ってました。ガラクタを。。。
こうやって我が家はものが増えていくのです!!

お次は町の中心でやってる食のマーケット。
チーズ、パン、ソーセージなど、
スーパーで買うよりは割高感がありますが、
やはり美味しいです。
旦那は私と違い、食にこだわる方で、
チーズ、お肉、サーモンのテリーヌを買い込みました。

次は旦那に息子を託して、
ハバーダッシェリー(手芸屋さん)へ。
この手芸屋は通路が狭く、おまけに息子は
体を乗り出して、何でもつかむので、
一人でないとゆっくり見れないのです。

いつも気になっていた布をチェック。

あと、気になる本も見つけました。

a0132725_6141149.jpg


妊婦さんと赤ちゃんの為の手作りの本で、
私も妊娠中に知っていたら購入したと思います!

それくらい実用的で、役立ちそうなデザインのものが多かったです。
授乳用のキャミソール!
こんなの作れるって知らなかったです!

あとは、またベビーカーを押してでは難しい、
可愛い服屋さんとか、雑貨屋さんとかを
回りました。


息子も旦那と一緒にいろんなところに行って、
かなり満足した様子でした。

また旦那に見てもらおうっと。
[PR]
a0132725_5453761.jpg


a0132725_5462676.jpg


やっとベビーキルトに着手しました。

要らない布地の処分も兼ねています。

が、作っているところを義母にみられ、
(いや、別に隠れて作ってたわけじゃないのですが)

「あなた、布がいるの?ついていらっしゃい」
と部屋に案内され、
彼女の布地をたんまりもらう始末。。。

処分のはずなのに増えてます!!!
[PR]
a0132725_616455.jpg


育児日記、続かないだろうなぁ~~。

という予想を裏切って、続いてます、ちゃんと!

といっても、毎日つけてるはずはなく、
週ごとにくぎられたものに
写真をバンっと貼って、余ったスペースに
文字を書くだけなので、
続けるのは簡単です。

写真だけは毎日ばんばん撮ってるので、
その中から
「今週の一枚」を選ぶのも
楽しみです。

写真はBoot photoで注文しています。
送料はかかるけれど、
家でじっくり選べるのは大きいです。
あと、届くのが早い!
たいてい次の日にちゃんと届くんです。
イギリスとは思えないサービスです。

もうすぐ一年目が終わります!
次の年は、週ごとじゃなくて、
月ごとにしょうかな?とか、
コラージュ風にしてみようかなとか
今から、いろいろ考えています。
[PR]
a0132725_52735.jpg


息子は歩く練習がしたくてしょうがない様子です。

車が付いているモノ(ベビーカーとか掃除機とか)を見ると
高速ハイハイで追いかけてきます。

義母が「これを使ったら?」と
これまたレトロな手押し車というか、犬を貸してくれました。

義妹①が3歳の時、彼女の叔母がプレゼントしてくれたものだそうです。

ということは50年以上前。。。。

もともとはふわふわの毛があったんでしょうが、
今はすっかりはげてしまい、
おでこの方にも穴が開いています。

a0132725_556987.jpg


ちょっとがたがたですが、
息子は無心で押してました。

が、義妹①が訪ねてきた時、

「これは私の大事なtoyよ。
アンティークなのよ、持って帰るわ!」

と持って帰ってしまいました。。。。。

皆、ちょっと唖然でした。

息子はどうしたって、あともうちょっとしたら
歩くようになるので、そうしたら
その犬の車も要らなくなるし、
それまで待てばいいのに。

って旦那も(後でですが)言ってました。

確かに。

義妹①はすごく優しいとこもある半面、
こういうマイペースというか、無神経(あ。。言っちゃった。。。)
なところがあるように思います。

息子に対する意地悪ではなく、
本当に彼女の大切なものだから、
持って帰ったのでしょう。
(だったら、ウン十年以上もほったらかしにするなよ。。。)

まあ、なくなったものはしょうがないので、
代用品を検討中です。
[PR]
イギリス料理のシェパーズパイ。

a0132725_6185493.jpg


ジャガイモとひき肉のパイです。

義母と一緒に住むようになってから、
頻繁に食べてる感じがします。

といっても、私が作る訳ではなく、
義妹①の旦那さん、義妹②の旦那さん、
義弟が、それぞれ作ってくれるからです。

あんまりイギリス人の友人っていませんが、
この料理を嫌いという人は聞いたことがないです。

好き嫌いの激しい姪っ子のポピーちゃんでも
食べてます。

作り方はひき肉の種の上に
マッシュポテトをのせて焼くだけ。

簡単なんですが、その分、
差が出る料理だと思います!

私の今のところのナンバーワンは
義妹②の旦那さんが作ったものです。

ひき肉の種がジューシーで、いい感じにマッシュポテトが
焼けてて、絶品です。

イギリス人は人によると思いますが、
塩をあんまり調理に使わないので、
息子と一緒に食べました。
息子も無心で食べていました。

a0132725_6193332.jpg


イギリス料理にしては、
最初からハーモニーが感じられる料理だと思います。

イギリス料理全般にハーモニーがないのか、ってことじゃなくて、
ステーキとか食べてる時の義母を見てると、
肉と野菜を巧みに混ぜ込みながら食べています。

ああ、そうやって、自分でハーモニーを作らなきゃ
だめなのね、イギリス料理って。

と思うのですが、
私はいい歳して
「ばっかり食べ」
なので、なかなか出来ません。

なので、ばっかり食べの私でも
OKな、このシェパーズパイを
早いとこマスターしたいものです。
[PR]
義母宅での失敗は毎日してるような気がするのですが、

今日は、その中でも、
「あ~~~。。。」
と、力が抜けていく、本当にもうやんなっちゃう系を
ご紹介します。

ある昼下がり(多分)
一人でプレイペン(おり)で遊んでる息子を見つつ、
お茶でも飲んで一息つこうかな、
と思いました。

お茶も入ったし、さあ、ソファに座って。。。
と思ったとたん、息子がこけて、泣き始めました。

あらあらどうしたの?

と抱き上げて、あやして泣きやんだ後、

ふーやれやれ、入れたお茶でも飲もうか、
あれ?お茶どこにおいたっけ?

あら、こんなところに~~~。

と、カップを持ち上げた瞬間!

くっきりとマグカップの底のリングが!!!

a0132725_8243552.jpg


急いで、家具磨きで拭いてみたけれど、
全く駄目。
義弟さんがいたので、正直に告白し、
相談してみました。
義弟さんは親切にもネットで調べてくれて、
裏技を教えてくれました。

マヨネーズをぬって、一晩置いておくといいそうです。

おいおい。。。。

と思ったけど、他に手立てもない訳で、
大人しくその指示に従うことに。。。。

一晩経って、チョットまし?
と自分で自分を錯覚に陥れようかと思ったけれど、
無駄でした。

最終手段の旦那に相談することに。

その時、義妹②さんも一緒にいたので、
正直に告白。

この家具はきっと彼らが小さい時から
あるもので、大事な思い出が詰まってるに違いないので、
私は非難を浴びるだろうなぁ、と思っていたら、
二人とも、

「古いだけで、何の価値もないと思う」

とえらくクール。。。。

a0132725_8282063.jpg

写真たてで隠しています。

マグの痕に関しても、
「あらまあ」程度。

でも、旦那たちはそんなでも、
義母にとったら、大事な家具かも。。。
正直に言おうか、でも、怒られるよな。。。

ともんもんしていたら、旦那があっさり解決してくれました。

これで。

コレ↓

a0132725_8261487.jpg


さっとひと塗りすると、
マグの痕が「そんなのあったの?」というかのように、
きれいに!!!

a0132725_8265082.jpg


英国在住の日本人の皆さん、
私と同じような失敗をしてしまった皆さん、
本当にお勧めです!
[PR]
近所でクラフトフェアなるものが開かれたので、
張り切っていってきました。

a0132725_7265911.jpg


イベントが少ない町なので、
こういった機会は逃しません!!

が、結果はがっかりするほどしょぼかった。。。。

クラフトフェアというのは、クリスマスが近くなったこの時期に、
プロアマ問わずクラフト作家が出品し、
ちょっと変わったクリスマスプレゼントを求めるいい機会。。。。

のはずなんですが、
この町のは、空間を埋めるためなのか、
バザーが開かれていて、
なんだかちょっと貧乏くさかったです。。。。

バザーとか、大好きなんですけど!!
作家さんのお店の合間に、突如ガラクタが
20ペンス、30ペンスで売られていたので、
何が何だか分からないことに。。。

あと、ものを作って、それを売る、
というのは本当に難しそうだな、
と思いました。

安くっても、簡単なものだったら、
「私でも作れそう」って思って買わないし、
だからって、こりに凝ったものを
高いプライスをつけてりゃ、いいってもんでもない。

利益にこだわらなければ、いいけれど、
やはり皆出店する限りは、儲けが欲しいはず。

材料費と、労力と、出店料と、、、、
そう考えれば、売られているものは
高くはないんですが、
「これ欲しい!」
って即決できるものは、今日はなかったです。

イギリス各地で開かれている(であろう)クラフトフェア。

いい出会いがあるといいですね。。。。
[PR]
義母が退院してきて、はや三日たちました。

入院前は呼吸が上手く出来ず、ぜいぜいってたのですが、
薬が効き、スムーズになりました。

食欲もあるし、杖を使ってですが、
歩けるし、本当に良かったです。

よかったんですが、実はこっちはしんどいです。。。。

なんでかって言うと、息子が目が離せないのです!!

まだ一人では歩けないですが、
高速ハイハイでどこへでも行くし、
階段の昇り降りをマスターしたといっても、
頭が大きい息子はいつひっくり返って、
転がっていくか分からないのです!!!

おまけによく動く子で、
抱っこしたら大人しくなるどころか、
ずーーっと、ぐりぐりぐりぐりしてます。

そんな息子と義母の世話の両立。
ちょっとしんどいです。。。。。

義母の世話が増えたんじゃなく、息子が成長したということなんですが、
うむむむ、そう悠長なことも言ってられません。

余談ですが、
私は以前、息子のことを
アザラシに似てるなぁ、と思っていました。
(イメージ、ゴマちゃん)
まだうまくハイハイできない時です。

a0132725_5361160.jpg


今はコモドオオトカゲに似てるなぁ、
と本当に思います。
叫びながら、どすどすと音を立て、
私(というかミルク)に向かってくる姿はまさにそのもの。。。。。

a0132725_5365424.jpg


本当に成長しました!!!

a0132725_5385886.jpg

[PR]