カテゴリ:つぶやき( 220 )

息子が読んでいた後、
なんとなーく読み始めました。
a0132725_01412229.jpg
映画もありましたよね、
観たくなりました。

全く期待していないにもかかわらず、
すごく良かったんですよ、これが。
蜘蛛が好きになりますよ、豚じゃなくて。
a0132725_01422644.jpg
へぇ~、こう来るか!みたいな展開が続いて、
最後まで飽きることなく、読み進めることが出来ました。

英語もシンプルで、
(それでも知らない単語は出るけど。。。)
一週間くらいで読み終わりました。
これは大きい。

いつも一カ月以上かかって、
しかも英語なので、
最初の展開とかもうあやふやだったり。。。

自分のレベル以上の物を選んで、
必死で読んで(もはや苦行)
英語のレベルアップしないー145.png
とやってたけど、そりゃしないです。

今日、同じ作家さんのスチュアート・リトルを借りてきました。
a0132725_01443271.jpg
これも映画化されてますよね。
全く興味なかったのですが、これも見たくなりました。

気になって作家さんのことも調べてみました。って、wikiっただけです。
はっつけときますね。






[PR]
43歳なので、
顔にシミが出来てきたり、
体形も急激に太ったわけではないけれど、
下半身が「う?」ってなってたり。

まあ、つまりファッション迷子で、
メイク迷子です。

メイクなんかしたりしなかったり。

全くのすっぴんで表に出ても何にも思わなくなってしまった。

でもこれじゃいかんとも思う。。。
でも何もしないまま数年が過ぎてたり。

でも昨日、思い立って、この本を購入してみました。

a0132725_19110361.jpg
メイクには練習が必要だそうで、
ビューラーでまつ毛を満足にあげることもできないんですが、
この本に書いてる通り、
ビューラーでなんとこさまつ毛を上げた後、
まつ毛の下からペンシル出会いラインを入れてみたところ、
おお!!
化粧してるけどしすぎていない、はみ出していない、というか
アイライン本当にいれてるの?でもいつもよりくっきりしてる!!
という目元が出来上がりました。

アイシャドーも20代の時からかたくなに
「私には合わないもの!」と思い込んでいましたが、
本に書いてる通りにしたら、違和感なし。。。

チークも私が若い時は顔の側面に入れるものだったような。。。
でも本の通り正面に入れたらそっちの方が断然いい。
というかチークちゃんと入れたら口紅入らなくない?
まあそれさえもやってなかったけど。。。

と、一人でメイクこそ連(こそっと練習)しながら、
勝手に気分が上がっています。
とりあえず疲れた顔は脱出できた!!(と思う)

そもそも何でメイクしようと思ったんだっけ。。。

あ、そうだ、
先週、ついに旦那がアイフォンを買ってくれたんです。
で、子供と自撮りしたり、
スカイプで自分の顔を久々にまじまじと見て、
「老けたな~、メイクぐらいしなあかんよな~」と
本気で思いました。

まあ、メイクもまだまだ練習が必要だし、
ファッションの方については何の具体策もないんですけどね。

毎日のように近所のスーパーに行くんですが、
近所に日本以外のアジアのコミュニティがあるのか、
中年から初老の東洋人女性を見る機会が沢山あります。
その時に素敵だなーと思うのは、
やはり小綺麗にしてる人なんですね。
ファッションとかスタイルはどうでも良くて、
きれい目のファッションで
きちんとお化粧してる人。

でもすっぴんであろうが厚化粧であろうが、
本人が幸せであればそれでいいのですが。

私も機嫌が悪い美人よりも
機嫌がいいすっぴんとお友達になりたいと思うし。

と、またうまくまとめられないまま終わってすいません。
引き続き、お化粧がんばります~。

[PR]
娘の誕生日会、
終わってみると、いろいろと思い出深いのでまとめておきます。
もうしないので何の役にも立たないんだけど、
まあ自己満足で。

誕生日当日、プロの進行役がいるので、
特に困ったこともなく進んだんですが、
一番心臓が凍り付いたのが、
「出席しないハズ」つまり出欠確認をスルーした人が二人来たこと。
今考えたら、たった二人だから何の問題もないんだけれど、
私が予想外の出来事にすごく弱いんです!!
そう、簡単にパニックになるんです。

でも旦那含め、一緒に会を開いたママさんも
「あら~」って感じであんまり動じないんですよね。
私自身だけが、「ど、どうしよう!!!」ってパニくってしまった。。。

結局、バックレた人(連絡もなしで来なかった人)が
同じ数だけいたので、何の問題もなしでした。
(正直、それもどうかと思うけど。。。
こっち結構います、バックレる人)

あとはプレゼントが豪華だったこと。
皆、娘が好きなものをちゃんと選んでくれていて
びっくりしました。
男の子でさえも、娘がユニコーン好きなことを把握していて、
ちゃんとそれらをチョイス。
本当にありがとう、大事にします。
a0132725_02062754.jpg
数あるプレゼントからユニコーンのみをチョイスして撮影しました。

a0132725_02091013.jpg
後日、ユニコーンになれるヘアアクセをくれた方も。
a0132725_02080483.jpg
a0132725_02082073.jpg
a0132725_02084738.jpg
カードも可愛くて、娘はユニコーンの夢が見れるかも~と、
毎日枕元に置いて寝ています。

正直、お母さんたちともそんなに打ち解けていなくて、
あんまり来てくれないかもなぁ。。。
と思っていましたが、予想より全然多くの人が来てくれて
本当に嬉しかったです。

場所は定番のGambadoです。
初めて来た、というお子さんも多く、
皆楽しんでくれていました。
スタッフの方も親切でした。

バースデーバック(帰りに渡すお返し)は
子供用の雑誌にしたんです。
ちょっと予想より高かったけど、
子供たちが皆「わー」ってなってたので
成功だと思いました。
「なーんだー」ってがっかりされなくてよかったです。
a0132725_02200264.jpg
次は結構苦労したケーキのことを書きたいと思います!



[PR]
ワイト島の後、そのままファームへ直行。
奥さんのありがたい提案で、
また二泊させてもらえることになったのです。
a0132725_19274641.jpg
娘は待ちに待ったポニーライディング。
a0132725_19243812.jpg
a0132725_19251350.jpg
a0132725_19255332.jpg
ロンドンでもできるけれど、
ちょっと乗っただけで、すごい額を請求されてしまうので
ここで乗馬を体験させてもらえるのは
本当にありがたいのです。
a0132725_19290822.jpg
a0132725_19284157.jpg
a0132725_19293012.jpg
a0132725_19384853.jpg
でも息子は、乗馬よりもこの鶏たちに興味津々。
毎朝、卵を拾いに行くのですが、
何個あるかなーと楽しみにしています。

私も鶏を飼ってみたいです。
何でかというと、エサが残飯でいいらしいのです。
奥さんは市販の種?みたいなものもあげていますが、
ジャガイモの皮や植物性の台所ごみを煮込んだものが
メインっぽい。。。
でも旦那の友人がもう一人鶏を飼っているのですが、
全くの残飯(つまり自分たちが食べ残した夕飯の残りとか)を
与えているのです。
ということで、ごみゼロの視点から、是非とも鶏を飼ってみたいと思います!!
a0132725_19453439.jpg
a0132725_19462979.jpg
そして拾った卵はちゃんとお土産にして持って帰らせてくれます。
a0132725_19471014.jpg
奥さんちの台所。
犬は寝そべっているは(4匹とも)
子羊はそそうはするは、
オウムはうるさいは、
とっても賑やか。

さらに奥さん、整理整頓が全くダメらしいのですが、
なんかそのおおらかさも魅力だなぁ、と思ってしまいます。

息子が二年前に作ったイースターのカードとかも、
ちゃんと取っておいて、飾ってくれてるのです。
私は逆にポンポン捨てるので、ちょっと反省。

義妹②も同様で、
私たちが送ったミルクジャグとかをちゃんと使ってくれていて、
すごくうれしくなりました。
私も彼女たちからのクリスマスプレゼントのマグ、
大切にしよう!

さ~、これでホリデーはほぼ終わり。
あとは娘の誕生日会が待っています。



[PR]
ワイト島最終日は、旦那の友人の化石オタクの家を訪問して
みんなでパブへ。
パブもお宅も素敵だったのですが、
初対面の人だったので、写真は撮らずでした。

化石オタクの友人はここでも、山のようなコレクションを
見せてくれ、お土産にイグアナドンの足跡の化石を持たせてくれました。

もうすごいコレクションがあるみたいで、
奥さんの方はうんざりしてるのが分かりました102.png
私も奥さんの気持ちが分かります!!

ワイト島、住みたくなるようなところです。
田舎にもいろいろありますが、
なんというか「さびれていない」「ラフな感じのしない」
田舎なんですよね。
たまにイギリスの田舎で、フーリガンみたいな人がたむろしてるような場所がありますが、
そういった感じは全くない。

奥さんの方はロンドンで働いていたのが
たまに恋しくなるようですが、
旦那さんはたまに働いて、余暇はメインである趣味の化石採集をエンジョイしているようでした。

ワイト島、可愛いお店がある地域もあるようですが、
私たちのホテルの周りは全く。
夏以外は本当に静かなんでしょう。

あとはホバークラフトを見て興奮したり(結構な迫力でした)
a0132725_19382623.jpg
a0132725_19462819.jpg
a0132725_19444116.jpg
恐竜博物館に行ったり、(写真はお借りしました)
a0132725_19431994.jpg
ワイト島の地上を走っている、古いロンドンの地下鉄を見たり。
(素晴らしいリサイクル!)
a0132725_19401597.jpg
イギリス本土に戻りました。
そしてまた二泊、ファームでお世話になります。


[PR]
化石探しの後、
パブでお腹を満たして、
ホテルに戻りました。

子供たちはびしょ濡れだったし、
私も少し休みたい。

私同様あまりアウトドア派ではない息子は、
「ゲームしていい?」と何度も聞いてきます。

3時間文句も言わず頑張ったしね、と許可してしまう私。
甘いような気もするけど、ま、いいか。

娘はホテルについているプールで遊ぶのを楽しみにしていたので、
もちろん直行。
そこでなんと2時間遊びました!!

それでは終わらず、ホテルのディスコ?でも
1時間は踊りました。
a0132725_19132845.jpg
その間、息子は部屋でゲーム。
この違いはすごいなー。
ホテル、日本の温泉街にある旅館みたいで面白かったです。
利用客もイギリス以外からが多そうで、

インド人男性の10人くらいのグループ、
社員旅行かなんかでしょうか。。。?
みんな筋肉ムキムキでした。

バングラデシュからの家族が二組。

アジア系の家族もいたり、
シーズンオフなのに、結構人がいました。

夜にはキーボードの男性とシンガーの女性によるデュオ(と書いてあった!)の
トークショーがありました(ここで娘はノリノリで踊った)

わたしたちのホテルがあった場所は
ワイト島でも寂れた場所だったようです。
でも夏になると賑わうんだろうな~、
この季節はグレーの海が広がるばかりでした。





[PR]
ワイト島のハイライトは化石探しです~。
旦那の友人の化石オタクが案内係。
a0132725_18370754.jpg
a0132725_18362368.jpg
a0132725_18374906.jpg
a0132725_18381401.jpg
a0132725_18385236.jpg
a0132725_18391405.jpg
a0132725_18401090.jpg
↑確かにこういうのはごろごろあるんですが、
持って帰っていいのか、というか要らない。
a0132725_18420834.jpg
すごい粘土質のがけ。雨も降っていたし、いつ崩れてくるのか、ハラハラしました105.png
a0132725_18430404.jpg
a0132725_18434667.jpg
3時間近く歩き回ってるんですよ~、
化石にそんなに興味のない私と子供たちはもうへとへと。
子供たちはこのように、海辺ではしゃぎまくって、濡れまくり。
a0132725_18464466.jpg
波も高いし、潮が満ちて戻れなくなったらどうするんだよ~、
と子供と一緒に道を急ぎました。が、
旦那と化石オタクの友人はなかなか戻ってきませんでした。
a0132725_18474571.jpg
私たちの戦利品↑
カトルフィッシュ(イカの一種)
黒いのはプラスチックのごみだと思っていたら、
ナヌカザメの卵なんだそう。
これ見てください、アメージングですよ!→
白い小さいのもサメの卵らしいのですが、
情報見つけられませんでした。
a0132725_18551057.jpg
最後につくし見たいなものを見つけて、興奮しました。
本土では見たことがない!
a0132725_18562506.jpg
この後、パブに食事に行ったのですが、
疲れていて写真、撮っていません106.png
子供たちもびしょ濡れのまま、泣き言ひとつ言わず、本当に頑張りました。





[PR]
サウスハンプトンからワイト島へはフェリーで。

サウスハンプトンはあのタイタニックが出港したところなんですよー。
だからすごい大きな港に違いない。。。と思ったら
そうでもなかったです。
a0132725_18110325.jpg
フェリーなんて何年ぶり?
10年ぶり?くらい?
a0132725_18113799.jpg
子供たちも大興奮。
でもあいにく所要時間は一時間くらいなんです。
a0132725_18131367.jpg
船内は結構混んでいて、
家族全員で座るのは難しそうだったので、
ほとんど甲板で過ごしました。
息子がすぐに酔ってしまうのです。
a0132725_18164074.jpg
夜7時から8時にかけてだったので、
だんだん暗くなっていく港を堪能できました。
寒かったですけど。。
a0132725_18171211.jpg
a0132725_18173493.jpg
a0132725_18184250.jpg
a0132725_18190140.jpg
a0132725_18194748.jpg
a0132725_18202243.jpg
a0132725_18204463.jpg
a0132725_18211193.jpg
a0132725_18213917.jpg
この後、サーっと走って一時間ほどで、
海辺のホテルに着きました。
息子と私はさっさと寝る体制に入り、
娘と旦那はホテルの周りを散策していましたが、
シーズンオフの海辺、しかも日曜日、全部閉まっていたそうです105.png

[PR]
たった3日間でしたが、ワイト島にも行きました。

その前にNew Forestで野生のポニーを見ました。
a0132725_21151583.jpg
a0132725_21155222.jpg
a0132725_21161117.jpg
a0132725_21194324.jpg
a0132725_21200562.jpg
a0132725_21205171.jpg
黄色い花はゴース、日本語名はハリエニシダだそうです。
a0132725_21272902.jpg
この後、サウスハンプトンに寄って、
旦那の友人のお母さん(84歳)を訪ねました。
歩きにくそうでしたが、果敢に一人暮らしを続けている、
全くイギリスらしい素敵なご婦人でした。


[PR]
今回は義妹②の家へお邪魔。
a0132725_23005812.jpg
a0132725_23012404.jpg
a0132725_23014739.jpg
a0132725_23021571.jpg
メインはローストポークでした。
リンゴが添えられていて、これもとても美味しい♥(語彙が少なくてすいません)
a0132725_23023682.jpg
a0132725_23025554.jpg
デザートもたっぷり。
イースターはキリスト教の最大のお祭りなんですよねぇ。。
日本人にはピンとこないけれど。
a0132725_23033616.jpg
とにかく家族が集まる日なんですよね。
大学生のルビーちゃんも戻ってきていました。
a0132725_23031058.jpg
優しいお姉ちゃん(ルビーちゃんとポピーちゃん)がいるので、
子供たちもここは大好き。

彼女の大学生活や、
もうすぐしたら考えなくてはならないセカンダリースクールの選び方。
話は尽きませんでした。。。が、
昼の一時に着いて、夜8時にお開きにするのは
長すぎないだろうか。。。。
もうみんな疲れ切っていました。。。
もてなしてくれた義妹②一家、本当にありがとう~!


[PR]