<   2017年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

キャンプ、一泊だけだったのですが、結構疲れました。
a0132725_06304790.jpg
フェス、歩き回るからなぁ~。
子供たちがパフォーマンスをじっくり見る年齢じゃないから、
私たちもそれについて歩きまくりました。

しかも、荷物は全部私が運ぶ役目。
各自が持っている水筒、水全部入れたら700グラムくらいあった。。(それを4本!)

ごみゼロするもんね!と意気込んでセット持って行ったんだけど、
このほうろうのボウル、結構重くてですね、
テントの中に残していきました。
だからフェスで食べたもの、全部ゴミを出してしまいました。。。
よく考えたら家にあるプラスチックのお皿とかでも良かったよね。。。
そしたら持ち運べたのに。
a0132725_03121891.jpg
でも、わたしがそんなダメダメなのに対し、
ちゃんとごみゼロやってる若者もいましたよ。
堂々と持参した食器を使っててかっこよかったなぁ。
a0132725_06305402.jpg
ま、ともかく、来年もフェス参加は決まってるので、
重い荷物を運ぶカートを何とか調達したいな。
でも、フェスの時しか使わないんですよね。
どこかからレンタルできたら最高なんですがねー。
a0132725_03244616.jpg
あと、屋台の食事があまりにもフェス価格。
コーヒーもクレープもすごみのある値段でございました。
でも旦那曰く、ぼったくりなんじゃなくて、
屋台もそれなりの家賃を払わなくちゃいけないから
そんな値段になってしまうそうです。

なのでコーヒー作る用具くらいは持っていきたいところです。
そういうの探してるだけで、楽しいですね。
キャンプ用品って見てるだけでワクワクします。
a0132725_03382068.jpg
フェスにつきものの青空ヨガ教室も、
次は参加しますよー。
だからヨガパンツをもっていかないと!
a0132725_03193818.jpg
キャンプもアウトドアもいいのですが、
ロンドンで日常生活に戻った時、
心底ほっとします。
暖かいベッド、
お湯が沢山使えるお風呂、
勝手に洗ってくれる洗濯機、
テレビ、ネット、
便利なキッチン、
清潔なトイレ、
リーズナブルな値段のスーパー。
誰に感謝したらいいのかわからないけど、
本当に素晴らしい!

何かの本で、キャンプの役目は、
便利な日常生活に感謝できるようになること、とあったけれど、
本当にそうだと思います。

[PR]
またサマーフェスに行ってきました。
またといっても前回のは2014年前だからもう3年前になるのかー、
本当に年月がたつのはあっという間です。

前回は大きめテント(家族4人が悠々と寝れて、立って歩ける感じ)でしたが、
今回はこのポップアップテント。
私と子供がぎゅうぎゅう詰めで寝て、旦那は車泊。
a0132725_00541468.jpg
テントの周りをガーランドで可愛く飾り付けてる家族もありましたが、
私たちにそんな余裕はもちろんない。
でも、そうやって、フェスを楽しむ気持ちはすごく素敵だと思います。
a0132725_00575805.jpg
子供達は朝から晩まで遊んで遊んで。
a0132725_00561084.jpg
a0132725_00563026.jpg
a0132725_00582705.jpg
a0132725_00554389.jpg
a0132725_00555965.jpg
a0132725_06310322.jpg
a0132725_06311332.jpg
a0132725_06320885.jpg
a0132725_06322942.jpg
a0132725_06324939.jpg
a0132725_06314817.jpg
a0132725_06320169.jpg
a0132725_06313866.jpg
a0132725_06312939.jpg
フェスにつきものの、
ヒーリングやマッサージのテント。
いつもガラガラでした。
いろんなヒーリングがあるんだなーと見てるだけ。
a0132725_00581980.jpg
こういうヒッピーテイストが至る所にあるのがフェスです。
a0132725_00571788.jpg
a0132725_00564018.jpg
息子は途中でもう帰りたーい、ってなってましたが、
娘は単に芝生の上に座っているだけでも、
嬉しくてしょうがない感じでした。
兄妹なのに、この差。

トイレの話になるのですが、
コンポストトイレといって、
用を足した後、おがくずをかぶせるのです。
これも息子はダメで、
娘は「面白ーい!」ってなってました。

食べ物はやはりオーガニック、ベジタリアン、ビーガン系が多かったです。
a0132725_06322226.jpg
a0132725_06323647.jpg
このお寿司屋さん、大人気で、
私も気になって食べてみました。
a0132725_04212390.jpg
キュウリ、アボガド、ベジタリアンチキン(??)と一緒に
スィートポテトを巻き込んであるんです。
日本のさつまいもと違う、水っぽいオレンジのですが、
不思議にマッチして美味しかったです。
照り焼きソースで味付けてありました。
a0132725_04210612.jpg
子供たちは朝食にベジタリアンソーセージが出て、
全部残していました。
私は残り物担当になります。。。
a0132725_00570536.jpg
アイスも微妙だった模様。
(残り物はまた私に。。。)
a0132725_06312119.jpg
催しよりも、お店が多い気がしました。
お土産屋さんや(安いアクセサリーとか)カーニバルの衣装を売っているお店。
一つ買えばよかったなぁ~と後悔してるのは、
アフリカの布を使った娘用のスカート、
上に白のTシャツを合わせれば、すごく似合ったのではないかと思うんですが、もう遅い!

a0132725_04213321.jpg
フェスって体力使うので、
私はひと夏に一回で十分です、が、
旦那の友人は夏中フェスに行きまくっている人がいます。

天気がいいアウトドアで、
知らない人同士でライブミュージックを聞いている、
ふと隣の人と目が合う、
ニコッと笑う、
サイコーにハッピーな気分になるんだ~!
だからフェスが大好きだー!

みたいなことを言っていました。

私はやっぱりイギリス人じゃないので、
その辺はまだまだ分かりません。
10年後くらいに分かるようになるかしらって感じです。

[PR]
二泊三日でファームステイしてきました。
(単に旦那の友人の農場に泊めてもらっただけ)
a0132725_19001924.jpg
三日間、テレビなし、ゲーム無しでも全く平気。
a0132725_19010913.jpg
やること、見るものがいっぱいあるのです。
a0132725_19012292.jpg
動物王国だし。。。
(犬4匹、猫2匹、オウム一匹、鶏たくさん、馬、牛その他。。)
a0132725_19005592.jpg
a0132725_19004341.jpg
a0132725_19014964.jpg
家庭菜園でできた野菜、息子もしっかり食べました。
「スーパーのと全然味が違う!」とびっくりしてました。

a0132725_19011877.jpg
a0132725_19013774.jpg
撃ったハトを持ってくる人がいたり。
(ローストして食べるらしいです)
a0132725_19012696.jpg
奥さんはハチ飼ってたり。
a0132725_19010558.jpg
合間にポニーに乗らせてもらったり。
a0132725_19015664.jpg
a0132725_19021330.jpg
a0132725_19020415.jpg
a0132725_19022366.jpg
奥さん手作りの古いドールハウスで遊ばせてもらったり。
a0132725_19003328.jpg
a0132725_19003927.jpg
お部屋は屋根裏部屋だったり。
a0132725_19000322.jpg
毎日暗くなるまでくたくたに遊んで、
こてーんと寝ていました。
ロンドンでももっと活動的にならなくちゃねー、と
母は反省しました。

今回、旦那抜きで、旦那の友人宅に泊めてもらったので、
すごく緊張しましたが、
大変楽しく過ごせました。

毎日奥さんの働きぶりには圧倒されました。
農場での毎日、のんびりしてるんだろうなぁ~なんて少しでも思ってた私…
もう奥さん、フル回転なのです。
一番大変そうなのは馬の世話。
藁をお水に浸して、重くなったものを運んで、
乗馬するときはこれまた思い乗馬道具をセットして。。。

チキンは脱走するは、
猫は気ままだわ、
犬が一番、安定してました。
a0132725_19013226.jpg
奥さん、さらに耕運機、トラクターも運転するのです。
と思ったら、家中のカーテンは彼女の手作りだったり、
副業でランプシェードを手作りして小商いを始めたり。。。
毎日の食事の支度はもちろん。
さらに子供たちの送迎。

なんかもう止まってる時がなかったです。

植物を育てるのも上手で、
家中につる薔薇がつたって、
私も奥さんの真似をして、次は蘭を育ててみるつもりです。
そこくらいしか真似できないような。。。
a0132725_19501078.jpg


[PR]
a0132725_21164966.jpg
先日初めて、

お弁当箱を差し出して、

「これに入れてください!」というのをやってみました。

どきどきした~。。。

スタッフは「は?」みたいな嫌な対応は全くなくて、

一瞬考えて、
「あ!分かったわ!
お弁当にするんでしょう!?」
と言って、快く入れてくれました。

小さな一歩だけど、

習慣にしたいなぁ。

[PR]
ゴミの量は相変わらずです。
(つまり減っていない)

自分でも進んでるんだか後退してるんだか分らないのですが、

まあ、数年後にはごみゼロ生活が実現できている予定で、

現在いろんなことを試し中です。

そう、今はお試し期間なのです!

いろんな選択肢の中から、自分に合ったごみゼロを選んでいるのです!

。。。。

と思ったら、

「あー、私、全然ごみゼロ出来てないじゃん!」

という鬱々した気分が抜けました。

そんな気分で何かしても楽しくないし、上手くいきっこないから良かったです。


そんな中で試したものの中から良かったものを。

ガラスのストローです。

はじめ、そんなものがあると知った時、
びっくりしたもんです。

でも、ストロー自体、我が家に必須ではないしなぁ、とスルーしてました。

お店で、子供たちにせがまれても「ダメ~」で終わってたんです。
息子はモノが分かってきているから、
あれはプラスチックのごみを増やすから買いたくない、と説明もしたら納得もしていました。

でも、ある時、息子に、
「やっぱりストロー欲しいな~」
とつぶやかれ。

そんなに欲しいなら買ってあげよう!
そしてどうせ買うのなら、ごみゼロの選択肢の中から見つけよう!

といろいろ検索して。

ステンレスのストローと迷ったのですが、
ガラスにしました。
a0132725_01505772.jpg
子供たちの反応は上々です。

子供たちの友達も、

「ガラスのストローなんて初めて―!」

と大騒ぎしてくれます。

そしてうれしいことに、
いろいろ調べているときに知ったのですが、

歯のためにも、ストローの使用はとてもいいらしいです。

甘い飲み物が歯に直接つかないように、
気を付けた方がいいので、
大人も大いに使うべし。。。らしい。。。

(ストローは子供のものだと思ってた!)

こんな感じで細々~とごみゼロ続けていきます!

[PR]
今年はロンドンで過ごす夏休みです。
長期のホリデーに行く予定は全くありません。

ふと、

「ロンドンでキッチン付きのフラットを借りて
家族で過ごす夏休み」

を考えてみました。

そうしたらどんな風に過ごすだろう?

スーパーに子供たちと行って、
近所の公園やプールに行くんじゃないかな。

たまには都心に出かけて博物館なんか行ったりして。

。。。。

。。。。

なんだ、今と一緒じゃん!

旦那に言ったら

「そうそう、フランス行っても
スペイン行っても、
やることは同じだよね~」

と返ってきて、

「うんうん、スペイン行った時も、
子供たちはテレビばっかり見てて、
旦那は変な時間にお昼寝して、
夜寝れなくなって、
私はタブレットばかりしてて。。。

ロンドンと同じことしてたよね~」

「そうそう!」

と二人で大笑い。

それから楽しく過ごせています。

人間っておかしなもので、
考え方ひとつで楽しくなったり、不愉快になったり。。

起こってる現実は何にも変わっていないのに。

ロンドンにスタックしてどこにも行けないみじめな夏休み!

と思うか。

ロンドンに観光に来た一家のフリする夏休み♪

と思うか。

でも、昨日、旦那が子供たちを連れて電車に乗っていたら、
紳士が娘に席を譲ってくれ、

「一日ロンドン観光して疲れたでしょう」

と言われたそうです。(もちろんしていない!)

なんか雰囲気的にそうなってたのかな~、
フリも侮れませんね~。


[PR]