<   2015年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

a0132725_1845723.jpg


6月の初めに、30日間チャレンジを始めました
チャレンジの内容は、ハードル低く、「掃除機をかける」
結果として、5日間できない日がありました。
自分としては悪くないと思います。

掃除機をかける、というシンプルなタスクでしたが、
30日間毎日続けようとしたことで起こった変化は、

掃除が面倒でなくなった
家族全員にとって、
ある程度きれいなのが当たり前になった
子供も進んで片付けるようになった

です。
今でも、掃除は大好きじゃないです。
誰かやってくれるんなら、やってもらいたい。
でも、この家では私しかしません。

以前は掃除をすると、損したような気分になってたんです。
もちろん掃除した後は気分がいいのも分かってましたが、
もともとあんまり好きなことに、出来るだけ時間を割きたくない。

でも、30日間毎日掃除機をかけることで、
(5日間できなかったにせよ)
少しずつ気持ちの変化がありました。

一応、下記にほぼ毎日つけてた記録があります。
興味がある方はどうぞ。

1日目 
フロントルームとベッドルームと廊下を掃除機。
当たり前だけれど、掃除機をかけるには、
床に物があってはならない。
というわけで、フロントルームのおもちゃを片付け、
ベッドルームの絵本、衣類も片付けた。
廊下には「いつかチャリティショップに持っていこう」バッグが
鎮座している。存在を無視していたけれど、
今週中に持っていこう。

2日目
まだ昨日ののごりがあって家中がきれいなので、うれしい。
今日は台所とバスルームを掃除機。

3日目
何と息子が中耳炎で欠席。
家に一日中いるが、なんとかキッチン、廊下は
かけた。フロントルームは諦めた。

4日目
またもや息子は欠席。
一日中、子供たちと家にこもった日。
余裕で掃除機出来て、家中が片付いている。
掃除癖みたいなものが出来てきたような…
まだ4日目でそれはないか。

5日目
出来なかった!
言い訳はあるけれど、
家のきれいさが保たれてるから、まあいいか。。。
という油断が原因。
でも家の中は本当に片付いている。

6日目
午前中に出かける予定なのに、
朝からちゃんと掃除機が出来た。
それだけでなく、キッチンも片付けることが出来た。
思うに、子供たちにテレビを見せなかったのが
勝因。テレビを見せてしまうと、
どーんと子供が居座ってしまって、
掃除機が出来ないから。

7日目
息子がレゴで遊んでるので、
フロントルームが掃除機出来ない。
ので、廊下だけでいいや。
と思ったら、旦那が子供たちを連れだしてくれて、
全体的に掃除が出来た。

8日目
子供たちが学校に行ってるすきにかけた。
はかどった。

13日
習慣になってきた。。
コツがわかった。
誰もいない午前中にすますとストレスがない。
家がきれいだと、子供たちにイラッとしても、
すぐに冷静に戻れる気がする。

14日
今日は日曜日。
今週はずーっと出かけていたので、
だらだらする、と決めた。
子供たちも負けじとだらだらしてるので、
掃除機はしなくていいや。
明日月曜日だし、子供たちが学校に行ってるすきに
全部しよう。

15日
昨日掃除機しなかったので、
やはり散らかっている。
午前中に子供たちを送って行った後、
勢いで全体を片付けた。
すごい気持ちよかった!
(掃除嫌いなはずなのに、しないと
気持ち悪くなっている!)
毎日、こうすればゆったりするんでは
ないのだろうか。

16日
今日も子供たちの学校の後、しっかり片づけた。
でも戻ってきた息子が工作をしたので、
すぐに散らかったけど、また明日片付ければいいやー、
とのんびり構えるようになった。

17日
いきなり旦那に用事を言いつけられたので、
掃除機はあきらめた。
まあ、十分きれいなのでいいと思う。

20日
ずっと掃除機出来てる!
しなくちゃ気持ち悪いまでになってきた。
これが習慣になったということか?と
調子にのってしまう。

21日
お出かけの日でも、ちゃんと掃除機した。
おまけに汚かった窓ガラスも拭いた。

22日
久々に一人の時間ができた。
家中を掃除機。きもちいいー。
しまい込んでた日本のお香をたく。
息子に喜ばれる。

25日
まあまあきれいだったけど、掃除機した。
前までは、掃除をするとき、損した気分がしたのだけれど、
今はそんなこと、まったくない。
して当たり前のことだと思うようになった。
成長した?というより、本当に習慣になったんだと思う。

28日
この日は1日外に出なかったので、
家で目いっぱい遊び、すごい散らかった。
その散らかりようがひどくなってくると、
イライラがつのってくる。
そして片づけたらすっきりした。

29日
昨日の名残があるので、子供たちが学校に行ってるすきに
一気に片付けた。
子供の習い事で帰ってきたのは、夜の8時近かったけど、
家が片付いてると、助かったと思う。
子供たちも前ほど散らかさなくなった。
というより、散らかすのを長い間放置、というのがなくなった。

30日
30日間チャレンジ、今日で終わり!
なんかうれしくて、早めの時間にさっさとかけた。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ランキング、参加してみました!
[PR]
娘の髪をバッサリ切りました。

a0132725_14132373.jpg


「切るよー」
「うん、いいよー」
「ほんとに切っちゃうよー」
「うん、いいよー」

と確認を何回もしながらカット。

終わって鏡をみて、うぎゃーと泣いてました。

a0132725_14134892.jpg


「もう絶対切らないでね!!」

3日たった今も鏡を見て、同じことを言ってます。

長い髪をくくらせてくれるんだったら伸ばすの賛成ですが、
いつもいつのまにかほどいてるし、
髪を口に入れてくちゃくちゃしてるし、
見てて邪魔だし。

うん、切って正解!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ランキング、参加してみました!
[PR]
地元の夏祭りに行ってきました。
息子の友達のお母さんが誘ってくれました。

毎回同じようなことしてますが、
とりあえず写真日記です。

a0132725_13242354.jpg


a0132725_1324574.jpg


a0132725_13253292.jpg


選んだ材料を、このお兄さんがスムージーにしてくれます。

a0132725_13263154.jpg


美味しいと言いながら、半分以上残しました。

a0132725_1327738.jpg


a0132725_13273646.jpg


a0132725_13275517.jpg


a0132725_1328283.jpg


ステージもあり、ほとんどが黒人の方のパフォーマンスでした。
この辺に黒人のコミュニティーがあるのかもしれません。
だからといって、排他的な感じは全くなく、
みんなフレンドリーでいい雰囲気でした。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ランキング、参加してみました!
[PR]
またまた制服の話です。

スーパーで手軽に制服が買えるのは、
ありがたいです。
息子のズボンがダメになったんですが、
800円くらいで新しいのが買えます。

a0132725_1445793.jpg


昨日の娘のギンガムのワンピも、
同じような値段です。
色違いで購入したいです(笑
着ていくとこないけど。。。

a0132725_1451785.jpg


学校にスクールカラーがあって、
息子の学校は赤とネイビー。
なので、娘のワンピも赤のギンガム。

他の学校は水色とグレー。
水色のギンガムもなかなか可愛いんです。
着てる女の子を見るたび「不思議の国のアリス」みたいだなーと
思います。

a0132725_1511766.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ランキング、参加してみました!
[PR]
娘の制服を買いました。

a0132725_72932.jpg


といっても、ワンピース1着とスカート1着だけです。
他のはこれから。
サイズが決められないのです。。。
どんどん大きくなる娘、
5歳児サイズではなく、7歳児用を買うべきなのか。。。
迷わしいです(笑

a0132725_7292318.jpg


娘は嬉しくてうれしくて。
今日、ずーっとこの赤のギンガムワンピのまま。

a0132725_7294239.jpg


テンションも激高でした。

上は、学校指定のトレーナーとポロシャツですが、

a0132725_7384094.jpg


下はネイビーであれば、ジャンバースカートでも、

a0132725_739230.jpg


ズボンでもいいのです。

a0132725_7392314.jpg


そして今日、息子はこの学校指定のトレーナーを紛失してきました。。
明日出てきたらいいけど。。。
出てこなかったら、また購入かー(涙

ちゃんと名前を書いてても、先生方が気を付けてくれていても、
間違えて持って帰ることはありますよね。。

おまけにお弁当箱も失くしてきました。
これは名前書いてたか、微妙。
息子―、しっかりしてくれー。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ランキング、参加してみました!
[PR]
こんなことをいきなり書くのはなんですが、
うちの5歳の息子は泣き虫です。

結構すぐ泣きます。

最近まで5歳児はこんなものだろう、
と思っていたのですが、
うちの息子は結構ひどい?

いや、確かに5歳児、みんな泣くんです。
でも、コロリと機嫌が直るのも早い。
そして泣かされた相手と仲良く遊んでたりもする。。。

今日のうちの息子の場合、
マギーちゃんが新しいボールを持って来て、
誰にも貸そうとしません。
まあ、いつものことなので、
親たちは見てるだけです。

息子、悔しくて泣く。
マギーちゃん、少し意地悪なとこがあるので、
(いいとこもあります)
それを見て笑う。

息子はおもちゃでもお菓子でも、なんでも
シェアします。
これは私が3歳の時から
「No share, No friends
(分け与えないと、友達出来ないよ)」
としつこく言い続けたからだと思ってます。

なので、マギーちゃんがなんでシェアしないのか、
本当にわからなくて、悔しくて泣いてしまう。。。

というのは親だから分かるのですが、
そこからがしつこい!

ずーっとマギーちゃんにボールを貸してほしくて、
ついて回って、嫌よ!と言われて、泣く。

マギーちゃんがシェアしないのは、
息子だけじゃなく、サミュエルというもう一人の子に対しても同じ。
でも、サミュエルはさっさと別のことをして遊んでるんですよね。
切り替えが早いんです。

マギーちゃんのシェアしないのは
今に始まったことじゃなく、ずーっと前からなのだから、
いい加減慣れてほしい。
(2年の付き合いです)
まあ、マギーちゃんも来年あたりにはシェアできるように
なってるんだろうな~、と個人的に思っています。

ここで言いたいのはマギーちゃんについてではなく!
(言いたいことは山ほどあるにしても!)

息子がナイーブすぎるんじゃないか?
こんなんじゃ、誰も相手にしてくれなくなるんじゃないか?
だって、ちょっとしたことで、ビービー泣く子と、
誰も遊びたくないですよねー。

もっとたくましくなってほしい!

あ、あと、今日はこんなこともありました。

リオンと棒の取りっこ。
リオンが息子を蹴る、息子が泣く。
他のお母さんが止めに入る。
リオンが先に息子が手を出したと言う。
息子に聞くと、やっていないと言う、
見てたお母さんも、うちの息子は何もしてない、
と言う。

こういうことからいろいろ学ぶんだろうけど。。。

うちの息子も、泣いてないで、ちょっとはやり返せばいいのに。。。

とちらっと思ってしまった私は親失格かも(汗

まあ、そんな感じの毎日です。
毎日泣いてるわけじゃなく、
たまにですけどね。

少し前まで、息子が泣いてたら可哀想で可哀想で、
相手の子供に注意とかしてたんですが、
そういうことが何回もあって、
自分の子供、他の子供ともに注意して見て、
旦那にも相談したり、育児書を読んだりして、
私の出した結果は、

ほっとく。

になりました。

関西弁ですいません、放っておく、です。

いちいち親が出て行って、
あいつと遊んで泣かせたら、親が出てきて
ウゼーから遊ばないでおこうぜ、
となるのも嫌だし、

何より、息子にもうちょっと
たくましくなってほしい。。。!
(切実)

いろんな育児書を読んで、
一番しっくりきたのは、

子供を可哀そうと思わないこと。

私はこれは、
「子供を見守る」と、
イコールだと思っています。

(育児書によく出てくるもう一つのフレーズ、
「子供を信じる」の方は、
いまいち、具体的にどういうことか分からないのですが。)

なので、あんまり、かわいそうに!!
と思わず、
息子が泣いても、
「泣くんだったら、帰ろう!」
と、声をかけています。
絶対帰ろうとはしませんけどねー。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ランキング、参加してみました!






















[PR]
またバースデーパーティに行ってきました。
これでいよいよ最後です。
3月から6月、月に3回はパーティに行っていました。
うちは息子の学校以外の付き合いはないのに、この多さ。
もっと社交的な人は、どうなっているのだろう。

a0132725_1882913.jpg


今回のパーティは、家からバスで20分ほどの
ガーデン。

ちょっとした森でした。

a0132725_189169.jpg


ツリーハウスもあり、

a0132725_189291.jpg


マッドパイを作るキッチンもあり、

a0132725_189502.jpg


子供たちが喜びそうなアトラクションもなかったし、
パーティフードもごくシンプル。

a0132725_1810217.jpg


でも、自然があれば子供たちにはそれで十分。
そんなことが分かったパーティでした。

a0132725_18113735.jpg


子供たちのパーティは、5歳の時に一回だけ!
と決めている我が家ですが、
こんなパーティだと、やってみたいなぁ、
なんてパーティ嫌いの私が思ってしまうほど。

a0132725_1811647.jpg


でも、野外のパーティは、ギャンブルなんですよー。
この日はいい天気だったけれど、前日は雨だったし、
それだとまた違う印象になりますよね。

a0132725_1812107.jpg


でも、来ていたお母さんたちとも、
ゆっくり話せたし、とても良い時間を過ごせました。
これでしばらく、パーティはありません!
来週はどう過ごそうかな。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ランキング、参加してみました!
[PR]
四年前に義理母を亡くして、
今さらなのですが、
お墓参りをしたことがありません。

a0132725_7483540.jpg


一度聞いた時、

「義理母の灰は、彼女が好きだった
ブルーベルが沢山咲いている森にまいた」

と義理妹②が言ったのを、
冗談なのか、本当なのか、
考えあぐねて終わっていました。

先日、旦那に改めて聞くと、
本当なのだそうです。
義理父の灰も同じ場所にまいたそうです。

a0132725_7485964.jpg


先日読んだ、カズコホーキさんの著書に、

「墓地はお金持ちのもの?
灰を庭にまくイギリス人」

という章がありました。

墓地がお金持ちのもの、というのを
初めて知りました。
どれくらいのお金持ちが、お墓を作ることになるのかは
分からないのですが、
とにかく自分の好きなところに、灰をまくのは
イギリスでは一般的なようです。

a0132725_7495456.jpg


義理母が自分の大好きな家の庭を
選ばなかったのは、
彼女の死後、自分の子供たちが売ってしまうことを
知っていたからかな。。。?

試しに旦那にどこにまいてほしいか聞いてみたら、
先日旅行した海岸が良い、とのことでした。
じゃあ、私もそこにすべきなのかな、
と思ったのですが、
彼はその場所にすごい思い入れがありますが、
(小さいころから何度も訪れてる場所)
私は特にないので、あんな寂しいとこはちょっと、
という気がしないでもありません。

まあ、まだ時間があるので、ゆっくり考えることにします。

a0132725_7523455.jpg


さて、息子、
今週月曜日からサッカー教室に通い始めました。

サッカーというよりも、
ほとんど追いかけっこのような気がしますが、
珍しくやる気を見せています。

私としては、学校が終わって、
バスに乗って連れていくのは勘弁してー、
という気持ちですが、しょうがない。
これからいい季節だし、思いっきり息子には
走り回ってもらうようにしよう。

a0132725_7511517.jpg


写真の墓地は、サッカー教室の近くのもの。
墓地、と言っても、日本のように静かな雰囲気はなく、
こんなふうに子供が触っても、誰も何も言いません。
犬もフリーパス。
ボール遊びもオッケーのようです。
あ、夏になると、ピクニックだってしちゃいます。

死者、というか、死後に対する考え方が全く違う
イギリスにまだ慣れません。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ランキング、参加してみました!
[PR]
最近、何をしてもつまらないです。

a0132725_1945018.jpg


バースデーパーティに呼ばれても、
夏祭りに行っても、
お出かけしても、

行く前に、「あーまたかー」
と、億劫になります。
行ったら行ったで、
「楽しかった」となるのですが。

a0132725_19453287.jpg


おまけに、イギリスのいやなところが
異常に目がついてきて、
店員さんがぶっきらぼうだという些細なことで、
「日本だったらこんなことないのに!」
とか思ってしまう。

旦那に一度ゆっくり話をきいてもらって、
「鬱かも。。。病院に行った方がいいかも。。。」

「うーん、でも、思うけど、それ、鬱じゃなくて、ホームシックじゃない?」
と言われました。

a0132725_1946295.jpg


その時に、
「違うわ!ホームシックなんかじゃない!もっと深刻なの!」
とは思わずに、
「そっか、ホームシックか」
と、ストンと納得したので、
多分そうです。

旦那に話を聞いてもらって、少し楽になり、
日本人ママさんにも、会った時に話すと、
彼女もそうで、日本に里帰りしたら治った、とのことです。

a0132725_19463082.jpg


学校のママ友にも話すと、
彼女もいっしょ、何をしても楽しくない。

彼女たちに話を聞いてもらうことで、
具体的に何かが解決した訳ではないのですが、
気分はずいぶん良くなりました。

私だけじゃないんだなぁ。
と、分かったことが大きかった。

しかし、私がホームシックになるなんて。

でも、定期的に日本に里帰りしてるほうがいいです。
なんでかっていうと、前に書いたように、
イギリスの些細なことを嘆くだけでなく、
日本を異常に美化し始めるからです。

日本だったらこんなことないのに。
日本だったらもっといいものがあるのに。
日本だったら。。。

幻想です。↑

学生の時に二年間日本に帰らない時、
こういう穴に落ちてました。

もちろん毎日が楽しくないし、
友達と会っても愚痴ばかりで、
そのうち、その友達とも疎遠になり、
やるべきことからは逃げて、
挙句の果てには、日本に帰った時、
自分が作り上げた美化した日本じゃないことに、
失望する、という、
訳のわからないことをやりました。

若かったな、私。

ここまで書いてて、元気出てきました。

私も立派な40歳なので、
前に書いたようなことには陥らないようにします。

書いたことで、自分のすべきことが
分かってきました。

こんな長文を
読んで下さった皆様ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ランキング、参加してみました!
[PR]
またもや息子の学校の夏祭りの季節です。

a0132725_20364110.jpg


去年一昨年

三回目なので、親としては何の新鮮さもなく、
行かないつもりだったのですが、

学校としても、来てもらわないと寄付が集まらないので、
知恵を絞ってました、手ごわくなりました。

まず、去年までは子供たちの発表会などなかったのに、
今年からはステージを作っていました。
子供たちにも言うので、息子も、
「僕のパフォーマンスがあるんだよー、行かなきゃ!」
と言っていて、親としても、スルーはできなくなりました。

a0132725_20391380.jpg


あと、先生に何か作ってきてね、と頼まれて、
「sushi」を作る、と言ってしまったので、
それも持っていかなくちゃならなくなりました。

さて、当日。
sushi作りから始まります。
近所のスーパーで買ってきた海苔、
単なるごはん、キュウリをまきすで巻いて、
三本のかっぱ巻きの出来上がりー。
5分かかったかな。

a0132725_20401671.jpg


ご飯は酢飯ではなく、何にも入れていません。
その方が絶対いいと思ったので。
しかも、食中毒が怖くて、かっぱ巻きのみです。
質素。。。

塗りのお盆にsushiを乗せたら、それっぽくなりました。
でも、学校のお祭りなので、
日本の国旗とか、千代紙で折った鶴を飾るとか、
演出すればよかったな。
そういうことしてるお母さんが結構いたので。
まあ、寿司を持っていくのも最初だからしょうがない。

a0132725_2039454.jpg


オランダのお母さんに、前日、何を持っていくのか聞いたら、
オランダのチーズを切って持っていく、との答えでした。
日本も何かそういうのないかな。
暑い夏でも腐る心配がなく、
万人受けするもの。

結果として、sushiは大成功だったのです。
30分もしないうちになくなりました。
まあ、大した量を持って行ってなかったのですが。
でも、嬉しくて、来年は、かっぱ巻きだけでなく、
せめて、スモークサーモン、卵とか持っていこうかな、
と、調子乗ってます。

子供たちは。。。
いつもと同じ、フェイスペインティング、
いつもと同じ、アヒル釣り、
ケーキ。。。

a0132725_20382266.jpg


a0132725_2038419.jpg


子供たちの言うとおりにしてたら、
あっという間にお金が無くなりました。
しかもしょーもないもんばかり残る。。。
来年はお小遣い制にしようと誓いました。

a0132725_20404981.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ランキング、参加してみました!
[PR]