<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

a0132725_80092.jpg


娘が寝ないです!!

7時半に寝ついて、
その後、おっぱいを欲しがって、何回か授乳するのですが、
11時くらいから、添い寝しないと寝なくなってしまいました。

今、丁度その11時。
すごい勢いで泣いていますが、
スリープトレーニングです。

息子は同じ部屋で寝てるのに、起きません。
すごいなぁ。

息子のスリープトレーニングを初めてした時、
胸がざわざわして、座っていられなかったことを思い出しました。
義母と一緒に住んでいたので、どこか掃除しましょうかっと
申し出たりして。

今も、もちろん娘が泣いてるのを聞いて、
気分がいい訳はないけれど、
大分、冷静です。

ここで抱き上げてしまうと、
毎日、11時から添い寝をしなくちゃいけなくなってしまいますからね~。
といいつつ、毎日、夜中から添い寝してますが。。。

イギリス、まだまだ寒いです。
スノーイースターだったりして。。。
と笑ってたのが本当になったりして。。。
[PR]
「The Fighter」

a0132725_6514040.jpg


クリスチャン・ベールがアカデミー賞を取ったのは
知っていましたが、
なんせ題材が全く興味がないボクシング。
最後まで見ないな、こりゃ。。。
と、裁縫しながら録画したものを流していました。

途中から、裁縫などほっぽって、最後まで見て、
ちゃんと見てなかった部分は、再度見直しました。
というか、今ももう一回見ようかと思うくらい良かったのです!

私のように、
ボクシングの映画だし~~、
興味ないし~、
地味そうだし~、
と思ってる方、(その通りなんですが)、
見てみてください!

思ったこと

クリスチャン・ベールの目つきがすごかった。
痩せ方もすごかったけれど。。。
とにかく、前半の目つき、俳優さんてすごいなあと思う。

女兄弟が7人もいるのに、
誰一人として清楚系がいないのもすごいもんだ。

アメリカって、こういう街がたくさんあるんだろうな。
観光もなく、街全体が貧しく不機嫌そうな。
まあ、イギリスだって、世界中そうか?

ボクシングを自分の子供にやらせる母親の心理が
いまいち分からない。
私だったら絶対やらせない!

ボクシングというスポーツ、
する本人も大変だけれど、
支える周りも大変だ。
恋人、家族、彼らもタフじゃないと無理ねっと。

クリスチャン・ベール演じるお兄ちゃん、
周りに迷惑かけまくってるけれど、憎めない。
でも、自分の家族にいられたら絶対いやだけど。

あ、あと、音楽も良かったです。
サントラ探してみたら、youtubeで作ってくれてました。
親切な方、ありがとう~~!
[PR]
映画「ファクトリーガール/ Made in Dagenham」

a0132725_19123864.jpg


労働者を扱ったイギリス映画にはずれがない、とは思っていましたが、
これも良かったです。

Never give up!!!
自分の信じたものに向かって行けー!

詳しいあらすじはこちら

以下、思ったことをランダムに。

主人公のリタがフルタイムの仕事をしつつ、
家事もしっかりしてる感じ。
働きもんだなぁ。

イギリスって、以外に子供が手伝わないのね、
結構大きいのに。
(小学校高学年っぽい)

時代が1960年代だから、老いも若きも
スタイルが良くてもよくなかろうと、皆ミニスカート。
今、冷え取り健康法してる私は、この時代に産まれなくてよかった。
(でも、この時代の服好きです)

一番好きなキャラは労働大臣。
しかし、そんな大事なこと、総理大臣抜きで決めて大丈夫なのか?

体罰をする先生が出てきて、
リタたちが手紙を書いて首にさせた。
私も子供たちを不当に扱われたら、学校に手紙を書けばいいのねっと
再確認した。
(イギリス人お得意 complain letter! )

でも、単に工場に働きに来るだけなのに、
皆ちゃんとおしゃれしてる気がした。
この時代の最低限の身だしなみなのかな?
私だったら、ジーパンにTシャツで行ってそう。
[PR]
娘の入院、その後の不調など、
合わせて4回もESOLコースを欠席してしまいました。

今日、久々に行ったら、
いきなり、今日で最後だと知らされました。

何でも、10人以上レギュラーで人がいないと、
カウンシルがお金を出してくれないそうで、
これ以上の開講は無理とのことです。
ショック。。。

毎週楽しみにしてたのに。
先生好きだったのに。
授業、死ぬほど簡単だったけど、
子供と離れてほっと出来るひとときだったのに。

でも、確かに、毎週、私を含めて4,5人しかいないクラスでした。
最初はソマリアの人たちが20人以上ひしめいていたのに、
どこへ行ったのか?

思ったこと。

やっぱり「無料」の物に人は一生懸命にならない。
私だって、息抜きで来てたもんなー。
このクラスで、英語が上達するとは思ってなかった。

移民に対しての福祉が減らされている、とプロテストしている記事が出ていたけれど、
私を含め移民の態度にも問題ありありだと思う。

(が!!私は欠席する時は、ちゃんと連絡を入れていた!)

↑に息抜きと書いたけれど、
移民(私)の息抜きに、税金を使う訳にはいかないな。。。

帰り道、ダブルバギーを押しながら、
こんなことを考えてました。

私は英語、未だに下手なくせに、
英語学習期間だけは変に長いことから、
悟ったのは、
語学は教えてもらうもんじゃないんだなぁ、
自分で学習するもんだなぁ、ということです。

昔、英語が私よりはるかに上手な子に、
何が一番上達に役立ったか、と聞いたことがあります。

彼女は外国人の友人も多かったので、
やっぱり友人と話すことよ、というかなと思ってたら、

「自分で机に向かって勉強したこと」

という答えでびっくりしました。

その時はピンとこなかったのですが、
今はなんとなく分かります。

そう。。。私も独りでコツコツやります。
[PR]
イギリスの母の日は3月です。
昨日の母の日はこんな風に過ごしました。

a0132725_5521058.jpg


息子からは、ナーサリーで描いたママの絵、もなく、
旦那からも花の一つもなく
(君は僕のお母さんじゃありません!、と言われた。確かに)

でも、何にもしないのもさびしいので、
イチゴショートケーキを作りました。
娘の誕生日に、デコレーション失敗したので、
練習したかったんです。

娘の誕生日のケーキと比べると、
ちょっと、いやかなり上達!
でも、まだまだなので、また近いうちに作ってるでしょう。
スポンジは簡単で美味しく出来るレシピを見つけたし!

a0132725_610057.jpg


気をつけたいこと
・シロップは必ず塗る。大事!
スポンジがぼそぼそにならず、クリームが塗りやすい。
・クリームは八部立て。
と言っても、よく分からないので、自分でゆるゆるかな?と思う位でちょうどいい。
今回はクリーム泡立て過ぎて、
塗ったらもそもそ。
300mlのクリームなのに、足りなくなった。
多分、まんなかにいっぱいクリームはさみ過ぎ。

a0132725_6102621.jpg


あとは庭にバラの苗を植えました。
すっごい寒い日だったけど。。。大丈夫か?
後ろにあるミニコンポスト、早く何とかしよう。

a0132725_5525040.jpg


まあ、こんな感じで、
自分のしたいことはしっかりしたので、
息子からの絵や、旦那からのお花がなくとも、
充実した一日ではありました。

a0132725_55393.jpg


今月曜日の朝ですが、
めちゃくちゃ寒いです。
雪降ってます。。。
春まであと一歩!
[PR]
a0132725_7214633.jpg
娘の誕生日。

記念写真撮って。。。
可愛いケーキ作って。。。
またその可愛いケーキと写真撮って。。。
プレゼントと写真撮って。。。
家族写真も撮って。。。。

と、ほわーんと計画していましたが、
現実は。

記念写真。
まずは日本の叔母が送ってくれた一張羅のファミリアのワンピで挑戦。
ソファーに白い布引いて。。。っと。
娘が数カ月の時はこれでいけたんですが、
今は娘がはみ出して無理。断念。

a0132725_7221811.jpg


ケーキ。
これに挑戦したんですが。。。。
あれ?あれれれ?
どうやっても上手くいかない!
もう時間がない!
これでいいや。。。
傾いてるし!
クリーム塗れてないし!!
イヤ~~~~!!!!

a0132725_7223944.jpg

a0132725_723738.jpg


また写真。
これはフリマで購入したハロッズのワンピ。
実は後ろにあるボタン、留め切れてない。
娘、首太いのかな。。。(汗
なんとか写真、取れたけれど、
家族写真は無理だった!
(娘が眠くてぐずりまくり)

a0132725_7233734.jpg


と、計画通りにはいきませんでしたが、
イギリスの親戚たちからのお祝カードやプレゼントも届き、
慌ただしくも、やはりうれしい一日でした。

あの日から、もう一年たったんだなぁ~~。
その日に退院していいよって言われたっけなぁ~。

一年ってあっという間だけど、
だけどやっぱりいろいろあった。
息子と娘、両方見るのはやっぱり大変だった。
(現在進行形)
でも、それ以上に楽しいこともあった。
お兄ちゃんになっていく息子、
だんだん人間らしくなっていく娘。
私はちゃんと母親になってますか?
とりあえず、来年はこましなケーキを作りたいものです。
[PR]
最近(テレビで)見た映画日記。

「Julie and Julia」
ずっと見たかった映画。
現代のJulieの部屋がかわいかったです。
あと、服も。
私は料理にこだわりがあんまりないけど、
この映画を見た後は、新しいメニューに挑戦しようっとか思います。
録画して何回か見てます。
(インテリアのチェックとかしてる)

「ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日
Angus, Thongs and Perfect Snogging」
イギリスのベストセラーの映画化(らしい)
きゃぴきゃぴしてて可愛い。
舞台はブライトンだと思う。
10ウン年前に旅行でいったけど、その時も確かに
絵になる町だなーと思いました。
イギリス映画なんだけど、珍しく明るい。
隠されたテーマが実は深い、とかもない。
ジョージアの家のライトが欲しい。

「ショコラ」
おとぎ話みたいな話。
年とってくると、テーマが重い映画はあまり見たくなくなりました。
なのでこういう話は、お裁縫とかしながら見るのにちょうどいい。
ちょっと前のカトリックの村って本当にこんなに閉鎖的だったかも。
女の人の服が全部素敵。
[PR]