<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

12月28日にお呼ばれしていた家から帰ってきた。
今のうちに反省、気づいたことを自分用にメモ。

a0132725_9222231.jpg


反省点
クリスマスプレゼント、むちゃくちゃ。。。
誰に何をあげるか、ラッピング等、適当過ぎ。
旦那と相談しながらだからこうなった、と思う。
来年は一人で、どんどん進めていこうと思う。
その方が早いし、確か。
前日に大騒ぎしなくて済む、と思う。

飾りつけがさびし過ぎて、
旦那が変なツリーの形の人形を買ってくる始末。
(電池で変な動きをする、息子が泣いたのでお蔵入り)
来年はなんとかしよう。。。。ってどうすればいいか、具体的に浮かばない。

a0132725_9265225.jpg


良かった点
子供たちのクリスマス用の衣装、用意しておいてよかった。
娘に、クリスマスプディングの衣装(もらいもの)を着せたら、大好評。
息子もポリスマンの衣装。
私も少しドレスアップしておいて、よかった!!
何よりも、髪をカットできたのは心身共にリフレッシュできた。。。

気付いた点
クリスマスプレゼントは、質より量!(な気がする)
とにかく、何でもいいから持って行くべし。
あげるかどうかはその場の雰囲気で決めていいと思う。

息子の靴下
これまたなんでも詰めるべし。
旦那の言いつけで、枕カバーを持って行ったのだけれど、
大きくて、詰めても詰めても、満杯にならない。
しまいには、ミカンまで入れた。
(旦那の子供の時はバナナとか入ってたらしい)
来年は、新しい年に着るパジャマとか、パンツ、靴下、歯ブラシ、歯磨き粉とか、
入れてみようかな。。。。

アドベントカレンダー、絶対に手作りする!
デザインはこれっぽいもの。

今年はポピーちゃん、ルビーちゃんに
手作りのプレゼントが用意できなかった。
実はこれを書いている現在も、旦那の息子の子供(つまり私の義理の孫)に渡す
プレゼントが仕上がってない。。。

今日は旦那の誕生日というのに、
何もしなかった!!
さすがにちょっとがっかりぎみの旦那だった。
というか、出来ないよー。
今もクリスマスにもらったおもちゃであふれている我が家。
明日、間引いて、すっきりさせよう。

12月は息子の誕生日、クリスマス、旦那の誕生日と、
イベントが三つもある。
で、最初に息子の誕生日が来るから、そこで燃え尽きて、
クリスマスまで手が回らなくなる。
旦那の誕生日はもっと。
なので、準備等は11月じゅうに終わらせるべし!!
[PR]
掃除と整理は違うものだと、最近知りました。

整理というのは、
物に場所を作ってやることだそうです。

道理でうちの家が、いくら掃除してもきれいにならない訳です。

居場所を作ってあげれないものが、
これでもかこれでもかとあるんですから。。。

まあ、そのことはおいといて、
私が手をつけれることから。

引き出しの仕切りを作りました。
材料はシリアルの箱です。
作ったと言っても、折り曲げるだけですが。

a0132725_8514985.jpg


これまた自己満足ですが、すっきりしました。

a0132725_8524220.jpg

[PR]
クリスマスの準備、真っ最中で頭がショートしてきました。

a0132725_53536100.jpg


なのでここで現実逃避。

突然ですが、
来年の目標は、

「出来るようになりたいけれど、
めんどくさいなー、おっくうだなーと
思ってることを片っ端からする」

にします。

a0132725_541592.jpg


具体的にどういうことかというと、

旦那の購入した電気ドリル、使えたら便利だと思うけれど、
少し怖いので躊躇してる。

作りかけたパッチワークのベッドカバー、二年も前から放置。
なんか今さらって感じだし―。
使うのかって感じだし。

庭にいろんな花が咲いたら素敵だろうな、
でも、枯れたら嫌だし。

カシュクールのワンピースが実は欲しいと思ってる。。。
でも、似合わなそう。
なので作るのをためらっている。

等々、やってみなくちゃ分かんないでしょー!
と、自分に渇を入れたくなってしまうことを、
片っ端からやっていきます。

成功とか、失敗とかではなくて、
やってみる。

それが来年の目標です。

随時ブログにアップしていきたいと思います。
[PR]
今日は疲れました。

a0132725_5121175.jpg


More
[PR]
a0132725_821422.jpg


最近、作ったものを、たたーっと。

More
[PR]
ヘキサゴンのパターンで
大きな針刺しを作りました。
写真では分かりにくいですが、
手の平が隠れるくらい。

a0132725_749969.jpg


ヘキサゴン、初めて作ったけれど、
四角よりもリズミカルで好きな感じです。
ミシンでだだーっと、行ける訳ではないので、
手間はかかるけれど。。。

このブルーの紙箱。
旦那に、一年前もらったものです。

その時は、「いらね!!」と思ったけれど、
裏を見てみると、

a0132725_7492797.jpg


「Made in occupied Japan (占領国日本製)」

なにも「occupied(占領)」ってつけなくてもいいじゃんねー。
と思ってしまったのは、私だけでしょうか?

とにかく捨てることは止め、
針刺しとして再利用し、大事にします!

a0132725_7495781.jpg


私の祖先が作ったものなんだから。。。!!

でも、この大きな針刺し、
予想外に便利です。
[PR]
母親に、「田舎はどうだった?」
と聞かれたので、
報告まで。

a0132725_7314369.jpg


まず、かなり寒かったです。
頑張って散歩に出かけたけれど、
始めはノリノリの息子も、
10分もしないうちに、
「ゴ~~~ホ~~ム~~~(go home)」

a0132725_7322912.jpg


なので、家の中で、
だらだらと食べたり、テレビ見たり。

霧が出た時が幻想的でした。
死ぬほど寒かったけど。。。。

a0132725_7332710.jpg


途中で、子供たちが交代で熱を出したので、
亡き義理母のご近所さんを訪問できなかったのが残念です。

a0132725_734218.jpg


でも、前半、少し暖かい時は、
産まれたての羊さんを見せてもらったりしました。
白い羊さんからも、黒い子ヒツジが産まれるそうで。。。
何だか不思議です。

a0132725_7355939.jpg

[PR]
日曜日なのに、朝8時からピンポーン。

誰だろう?と出ると、
郵便屋さん!
義理妹①からのクリスマスプレゼントでした。

一緒に出た息子が開けたがったので、
あんまり深く考えずにラッピングを破かせて、
新しいおもちゃで遊ばせました。

こういうのって、クリスマス当日に開けさすんだよね。。。
という思いが、ちらっと頭をよぎりましたが、
息子はまだ小さいし、クリスマスのことも
分かってないっぽいし、いいかー。
と、起きてきた旦那に、プレゼントのことを報告。

すると怒られたこと怒られたこと。

だって息子が、開けたがったしー。

関係ない!!取り上げて保管しとくべき!!

まだ小さいし、クリスマスなんて分かってないって。

こうやって少しずつ、学んでいくんでしょう????!!
教えなかったら、意味ないでしょう??

まー、怒ること怒ること。
余りの怒りように、反論はさっさとあきらめ、
へへー、おっしゃる通りでと、
低姿勢でいたら、さっさと放免してくれました。

君は、子供にとって、クリスマスがどれだけ大切か、
分かっていない!!!

これを何回言われたか。。。↑

うーん、分かってないと思う。(開き直り)

仏教系の保育園(本当に寺の中にあった)だったので、
小さい時に、サンタさんの存在を信じてたか、というか、
そもそも、知ってたかなぁ??という感じだし、
両親も、クリスマス自体を重く見ていない感じで、
ツリーはあったけれど、小学校中学年のころには
飾らなくなってたはず。
とにかく、子供時代に、エキサイティングなクリスマスの思い出が
皆無なのは事実。

なので、クリスマス初心者なんです。
怒らないでちょーだい。
来年から頑張ります。
旦那へ。
[PR]
息子、三歳の誕生日でした。

a0132725_8261114.jpg


長い、というか、写真が多いです。

More
[PR]
今、Employment Skills Training Course(再就職コース) に通っています。

同じセンターなので、英語コースはお休み中です。
(死ぬほど簡単ですし。。。)

と言っても、娘は生後8カ月なので、
働くなんて、まだまだ先になると思うのですが、
どんなことを教えてもらえるのかなっと
興味半分で申し込んでみました。

へー、と思うことはたくさんあるのですが、
まず最初の印象深かったこと。

親業の役割とスキルについて

親業と一言に言っても、これだけのことをこなしています。

会計
アドバイザー
人生相談(Agony Aunt 辞書を引いてみた)
アーティスト
子守
銀行家
請求書を払う係
看護師
シェフ
クリーナー
毒味係
先生
遊び相手
警備員
運転手
通訳
庭師
DIY係
床屋
etc............

確かに!!
講師も言っていたけれど、
親は毎日、たくさんのことをこなしている、
なので、「私はただの主婦だし~~」と、
謙遜しなくてよい!
まあ、現実は、社会は、そうは見てくれないだろうけれど。
でも、自分の中で、自信として持っていればいっか。

とにかく講師の方が一生懸命で、
毎回盛りだくさん、学べるのですが、
講座が終わって、子供たちと合流すると、
「働く」ことについての意識は薄くなりがちです。

講座2回目の最後に、

「私は仕事を得るために、この二週以内に、次のことをします..............」

と自分で書き込まなければいけないプリントをもらって、
ハッとしました。
出席してる間はふんふん聞いて、
分かったようになってるけれど、
で?あなたはどのように行動を起こすの?
と聞かれると、
「え~~と、まだ子供が8カ月だし~」と
なってしまう自分がいて、ううううと、頭を抱えてしまいました。

次の週に、講師に
「何か行動を起こした人は?」と聞かれて、
もちろん私は無言。
ひとり手を挙げたママさん(エジプト)が、
「センターでボランティアがないか聞いてみた、のと、
勧められたジョブサイトをのぞいてみた」
と答えたのを聞いて、
あれ?その程度で(失礼過ぎ。。。)良かったの?
それじゃ、あたしにも出来たんじゃ。。。
と思いました。

私は日本人だし、英語も上手とは言い難いし、
もう若くもないし、子供ももう小さいし、
と、働くには不利な点ばかり目につきますが、
そういうことばかり言ってないで、
本当に小さなことでもいいから、
働く準備をしていこうと思いました。

こまめに求職サイトをのぞくこと。
履歴書を常にアップデートしておくこと。
ママさんの情報をリサーチすること。

実際に働くことになるのは、
子供が両方とも小学校に入った後のような気がしますが、
それってあっという間に来たりして。
[PR]