<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

a0132725_522591.jpg


娘が産まれて、三週間経ちました。

最初の週は、分娩時間が短かったため、
余力があるような気がして、
部屋の整理始めて、後半からばてて、母親に迷惑をかけたり、

2週目は旦那から順々に家族全員風邪をひいて、
ゆっくり休める状況じゃなかったり。

三週目に入って、ようやく上手く休めるようになりました。
元気な息子がいるから、がっつり昼寝は出来ないけれど、
旦那と母親が見てくれている隙に、ちょこちょこ休めました。

明日から、またゆっくりとですが、
活動していきます。

一カ月過ぎたら、娘も外に出してお散歩したい!
[PR]
小学校からの友人から小包が届きました。

a0132725_543952.jpg


手仕事好きの私の好みど真ん中でした。

a0132725_55844.jpg


ピンクじゃないのも、ポイント高し!!!

ラッピングも、カードも可愛くて、
日本、やっぱり凄い!!
可愛いもの王国です!!!

a0132725_554640.jpg


本当に、細かいとこまで手を抜いてなくてすごいです。
日本に帰りたくなりました。。。。

ありがとう、R!
大事に大事に、着るからね!!!
[PR]
迷いに迷った末、ダブルバギーを買いました。

a0132725_5271370.jpg


息子がバギーに乗らなくなったので、
もしかしたら無駄になるかも?
と思ったのですが、
二人の子供を連れての外出、
出来るだけ、私の負担をなくしたい、
息子にも我慢させたくない、
と、購入に踏み切りました。

息子は大興奮!!
この後、ぬいぐるみを乗せて、自分も乗ってと、
一通り遊んでました。
もしかしたら、外でも、乗ってくれるかも??
そしたら、楽なんだけどな~~。

同じ日に、カーシートも到着。

a0132725_5302162.jpg


大きな箱を家に見立てて、遊ぶ息子。

a0132725_5305012.jpg


a0132725_5312679.jpg


明日も遊べそうです。

a0132725_5315324.jpg


a0132725_5333257.jpg

[PR]
a0132725_5323722.jpg


分娩時間が短かったので、
余力が余ってると勘違いして、
ちょこちょこ出歩いたり、部屋の整理をしたりしていたら、
てきめんに疲れます。

今日も、午前中は調子が良くて、つい買い物に行ってから、
午後から、へた~っとなってしまい、
家族に迷惑をかけてしまいました。

高齢出産ということを、忘れていました。。。

なので明日からは、努めて、ゆっくり休みます。
(なかなか難しいけれど)
[PR]
先週の土曜日、義妹②と、ナイスないとこ二人が訪ねて来てくれました。

彼女からは、すでにお花が届いていたのですが、
さらにプレゼントも持て来てくれました。

息子にもおもちゃの車、
娘には服と手作りのプレゼント。

a0132725_531414.jpg


このうさぎさん、服も含め、
義理妹②の手作りなのです。
すっごい嬉しかったです。

私も手作りをしたものを、彼女の娘にあげたりしていて、
いつも「貧乏くさいかなー、」「喜ぶかなー」「やはり市販の物の方がいいんじゃ。。。」
と、悩んだりしていたので、
逆に手作りの物をプレゼントしてもらうと、
やはり嬉しく、
「やっぱり、手作りっていい!!」
と、再確認したのでした。

彼女はほかに、娘のために、
カーディガンも編んでくれていました。
忙しい人なのに。。。。

あと、もっと嬉しかったのは、
私はずっと、母親が到着する前に、
産気づいたらどうしよう?
そうなったら、だれが息子の面倒を見る?
と、気が気じゃなく、
本当に大袈裟じゃなく、
夢でうなされることもあったので、
それを義理妹②に言うと、

「私がいつでも来たじゃない!」

と言ってもらえ、
もしかしたら、社交辞令かもしれないけど、
いやいや、そう言ってもらえただけで、
本当にありがたいです。
[PR]
息子は娘が気になって、しょうがない様子。

a0132725_514681.jpg


a0132725_5145571.jpg


a0132725_5153386.jpg


a0132725_5161119.jpg


a0132725_5164266.jpg


ちょっかい出しては、キックされて嬉しそうな息子。
[PR]
a0132725_53198.jpg


娘を連れて帰った日、
息子は彼女を
「なかったこと」
にしてしまいました。

目に入っても無視。
娘が泣いても無視。

あんまり興味をしめしませんでしたが、
初めての夜、
娘も泣いて、息子も起きだしてしまい、
私も疲れていたので、
同じベッドで寝かすことに。

その時初めて、ママのベッドにいる彼女を見て、
「ベイビー」
と、言いました。

今はあっさりした感じだけれど、
それがどんなふうに変わっていくのかな。

見落とすことなく、しっかりと見守りたいと思います。
[PR]
a0132725_5224585.jpg


忘れないうちに、出産記録を書きとめておきます。

朝がた4時ごろ破水。
陣痛は全くなしなので、そのまま朝まで待つ。
母親に報告すると、即、病院に行った方がいいと言う。
(母親は元看護士なのです)

旦那に10時ごろ、病院に連れて行ってもらう。
検査の結果、そのまま、病院に残ることに。
(帰されると思っていた!)
陣痛はあるが、笑ってやり過ごせる感じ。

12時ごろ、子宮口が4センチ。
まだまだ陣痛は耐えられる痛さ。
旦那が一旦、私の母親と息子の様子を見に家に戻る。

12時半ごろ、
ラベンダーのアロマオイルをタオルにふりかけ、香りをかぐが、
全く効果なし。
水中出産、出来ますか?と聞くと、
機械をとりつけたままで、出産になるので、
今回は無理と言われる。
がっかりして旦那にメール。

テンスマシーンを背中に貼ってもらう。
すごい効き目!
譲ってもらって本当に良かった。。。

が、その効き目も、途中まで。
いきなり痛みの針がぶっちぎれる。
膝をついて姿勢を変えるが、痛いものは痛い!
余りの痛さに耐えきれずに、声をあげると、
ベッドごと分娩室へ移動。

分娩室に入って、わずか7分で出産!
自分でもびっくりしました~。

自分の足の間から、赤ちゃんの頭がにょきっと
出てきて、それを触りながら、
「泣いてないんですけど。。。」
と聞いたら、
「足が出てからよ~」
と言われたのを覚えています。

もう最後のお産なんだから、しっかり(お産を)見極めよう!と思っていたのですが、
途中で、見失いました。

写真は病院食です。

お産が終わって、すぐにトーストと紅茶が出され、
陣痛室でそのまま食べまして、
その後、コーンドビーフとマッシュポテトのお昼。
7時ごろ、大部屋に移ってから、この写真の食事でした。

私はお昼の1時に産んだので、
一泊どころか、その日に帰れたそうなのですが、
念の為、一泊することにしました。

それを助産師さんに伝えると、
「えー!いいの?今日、帰れるのに!!」
といった反応でした。
[PR]
a0132725_643476.jpg


イギリス時間で3月4日の13時5分過ぎ、
長女を出産しました。

母親が来たのは、3月3日の夕方。
その次の日という、グッドタイミングべビー(?)でした。

書きたいことが多すぎて、まとまりません。
また日を改めて書きます。
[PR]
また無料クーポンをもらったので、
photobookを作ってみました。

a0132725_6104340.jpg


今回は大手スーパードラッグBOOTSが提供してる
photoboxを利用。

サイズはSquare Spiral Softcover Photobook(13.99ポンド)。

a0132725_611474.jpg


a0132725_6121588.jpg


でも、前回のalbelliの方が、
私と旦那は好きでした。

どちらも無料クーポンなので、
サイズは選べないのですが、
albelliのA4サイズに比べ、photoboxの正方形は
なんか見劣りがする気がします。

a0132725_6111440.jpg


あと、photoboxは、見開きに一枚の写真、
が出来ませんでした。
なので、ちょっと単調になりがち。

a0132725_613137.jpg

(こういう感じができませんでした)

でも、なんにせよ、無料で出来たので、これ以上文句は言いません。
(送料のみ!)

a0132725_695877.jpg


関係ないですが、
かぼちゃのタルトを作りました。
といっても、日本のかぼちゃではなく、
バターナッツスクォッシュという、瓢箪のような形の
かぼちゃのようなものを使いました。
旦那も息子も喜んで食べてくれましたが、
日本のかぼちゃで作ったら、どんなにおいしいだろう!
と思わずにはいられませんでした。

予定日が近くなって、いつ産まれるかと、ひやひやします。
今週末に母親が来てくれるのですが、
それまでは待ってほしいし、
何よりも、私と息子二人っきりのときに
産気づいたら、だれが息子の面倒を見る?
と、一時、心配でしょうがありませんでした。
が、最近は開き直って、なんとかなるわい、
と構えています。
でも、本音を言えば、母親が来るまで待ってね!です。
[PR]