<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ロンドン、暖冬なのですが、
やはりなんだかんだ言っても寒い、プラス
私が臨月、ということもあり、
家で過ごす時間が多くなっています。

この日はマフィンを作りました。

a0132725_923722.jpg


大人しくTVを見ててくれるかなっと思ったら、
キッチンに入れろー!!とうるさいこと。

まぜまぜくらいはできるかな、と、泡立て器をもたせたら、
ちゃんとしていました。

a0132725_931452.jpg


が、この後、手に持っているおやつのマフィン(別の日に焼いた)を
ボールの中へぼっとんと。。。。

まだまだ道は遠い!!!です。。。
[PR]
旦那のお気に入りだったらしいbear。

a0132725_8475142.jpg


全くぬいぐるみに興味を示さなかった息子のお気に入りになりました。

「ベアー?ベアー?」
と、終始探しています。

もちろん寝る時も一緒。
ご飯も一緒、テレビも一緒。
お風呂にまで入れようとするので、
あわてて止めました。

a0132725_8493328.jpg


旦那が可愛がってた時は、
きっとふわふわのファーでおおわれてあったと思うのですが、
今は丸はげ。。。
穴からは藁のようなものが見えます。
なのでぺしゃんとなってません。

息子のパジャマの残りで、ズボンを作りました。
上着は生地が足りなかったです。

a0132725_8502242.jpg


可愛がってあげてね。
[PR]
a0132725_626663.jpg


重い腰を上げて、バースプランを考え始めました。

息子を産むとき、作っていかなかったんです。
なぜかっていうと、出産直前に、若いママとお話しする機会があって、
彼女が、
「せっかく作ったのに、みてなかったんですよ~~。」
と言ってたので、じゃあ、作んなくていいかなーと。

実際の出産の時も、「バースプランは?」と聞かれなかったです。

でも、今回は、そういうこと、きっちりやろう!
聞かれなくても、「これです!」と出すようにしよう!
と決めました。

私は、旦那についててもらいたいので、
旦那の意見も聞かなくてはいけません。

前回、「立会出産じゃなくていいや、旦那がいたら、余計なこと言いそうだし」
と思ってたのですが、
まず、イギリス、立会出産が当たり前なのと、
あの尋常じゃない痛みのなかで、我を見失いそうになる時に、
旦那=現実が目の前にいてくれて、
かろうじて冷静になれたというか。。。
訳分かんない表現ですいません。

うんうん痛みで唸ってる最中に、
携帯うつ旦那の姿が見えたりしましたが、
最後の最後で、旦那は頼りになりました。
(いつもは言う)つまらないギャグも言わなかったし。

今回で最後の出産になると思うので、
水中出産、してみたいなーと、旦那に言うと、
ドン引きされました。

あと、助産師さんに、自宅出産もできるわよ、
と言われてたので、それも聞いてみたら、
うちは小さいフラットだし、夜中3時とかに産まれたら、
上の人に迷惑なんじゃないか、と言われ、あっさりあきらめました。

でも、イギリスのNHS(無料医療機関)は、
産んだ次の日に帰されるので、
自宅出産の意味は十分あるんだけどなぁ~~、残念!
[PR]
実は手帳術なるものが大好きです。

もっと有効に時間が使えるんじゃないか、
もっと段取りが上手くなるんじゃないか、
もっと自分のしたいことが分かるんじゃないか、

日本にはいろんな手帳術があって、

「夢かな手帳」も買ってみたし、

「ミリオネーゼの手帳術」の本も読んでみたし、

去年は「モチベーション手帳」をダウンロードして使っていました。

どの手帳も、それぞれにいいところがあるんですが、
やっぱり決めては自分に合うかどうかなんですね。

「夢かな手帳」は藤沢優月さんの文章は大好きだし、
本を読んで、納得して買ったのですが、
使いこなせず挫折。。。

ミリオネーゼは、本を読んでるはしからついて行けなくなりました。

日本で会社で働いてる時に思ったけれど、
毎日の仕事はある程度ルーティンで決まっているし、
10分ごとに小刻みでスケジュールなんて埋まっていない。。。

でも、暇な訳ではないし、

でも、スピリチュアルが入ったものは、
なんか自分の中でうやむやになって消化しきれてない。。。
(つまり納得していない)

主婦になっても、それは一緒。

あな吉さんのブログは前から読んでいて、
面白そうな講座がいっぱいあるなぁ、
行ってみたいなぁ、
と思っていました。

手帳術もその一つで、
この講座に出るために、日本に帰国はできないけれど、
本なら購入できる!
と、アマゾンで注文して親に送ってもらいました。

a0132725_812675.jpg


「人生が輝く!主婦のための手帳術」

12月から使いだして、一カ月少したったところですが、
まだ続いています。

人生が輝いた。。。実感はまだないけれども、
自分の弱点が分かってきました。

あな吉さんの手帳術はすごくシンプルで、
付箋にやりたいことを書いていく、
それを手帳にぺたぺた貼っていく。。。というもの。

私はやりたいことは始終、たくさんあって、
それらを覚えきれない、消化しきれない、
なんか不満足。。。
な日々を送っていたと思います。

で、あな吉さんの手帳術をとりいれて、
それが解消したのね!
って言われたら、それはまだです。。。。

私はマメに付箋を書くことはできるのですが、
実行する段階で、すごいミスを犯してたんだなーと、
自分の悪癖を、この年(37歳)で発見しました!

実行する時間の見積もり不足です。

なんかどの作業も、書いた時点で安心してしまって、
この仕事はすぐ終わる!5分か10分かな。。。。と少なく見積もって、
実際やってみたら、2時間以上かかるとか、
ザラです!

手帳術を開始して、
そういうことが沢山あって、
実は結構落ち込みました。

私って、自分で思ってるほど、器用じゃないのね~~。

なんて。。。

でも、分かったからこそ対策が練れるんじゃないか?
と、ここはポジティブ思考で行こうと思います。

本に書いてあった、付箋の細分化をくどいほどやってみるとか。。。
(今、実践中ですが、私には合ってるみたいです)

で、あな吉さんの手帳でもう一つ楽しいことは、
手帳のカスタマイズです。

A5の手帳を推奨しているのですが、
近所の文房具屋には悲しいほどぺらぺらのものしかなく、
あとはビジネス用のレザーのものとか。。。
(超重く、お値段も可愛くなかったです)

近所のスーパーで安いけれども、しっかりしたバインダーを買ってきて、
A5サイズにカッターで切りました。

a0132725_825384.jpg


a0132725_834512.jpg


a0132725_841763.jpg


カバーはとっておきのマリメッコ!

a0132725_852240.jpg


長文、読んでくださってありがとうございました!
あな吉さんのことをご存じない方は、
何が何だかですよね。。。

ゆるベジ料理研究家で、
サイトはこちらです!

また数ヵ月後に、どのように生活が変わったか、
レポートします!
[PR]
もともと料理嫌いなのに、
息子の好き嫌いが増えたり、
旦那もせっかく気合入れた料理を積極的に食べてくれなかったり、
ますます料理へのモチベーションが下がる今日この頃。

a0132725_81741100.jpg


なので、という訳ではありませんが、
一月のセールで圧力なべを買いました!

a0132725_818722.jpg


実家でもあったのですが、
今のは、操作が簡単なのですね。。。。
ワンタッチで、圧が抜けるし、
軽いのです!

a0132725_8182883.jpg


私が購入したのは、ティファールとかじゃなくて、
イギリスの安いブランドのモノですが、
毎日のように使っています。

大したものは作っていないのです、が、

やってみて便利だなと思ったものは、

①皮つきのジャガイモ、にんじんを蒸す
ゆでたものと違って、モチモチしてて美味しいのです。
息子のおやつになったり、オイルで焼き目をつけて、
ハーブと塩を振って、おかずにしたりしてます。

②パスタ、中華めんをゆでる
パスタもモチモチになるのです。
しかも、早い!
毎日のように使ってます。。。

③ご飯を炊く
炊飯器がないので。。。
これも美味しいお米が炊けます。

④骨付き鳥を煮る
息子の為にやってみたのですが、
肉がホロホロにやわらかく、
しかもおいしいスープが作れました。
ちょっと塩を足すだけで、美味しいラーメンスープに!
写真で息子が食べてるのがそれです。

a0132725_8191791.jpg


今日は、ミートソースを作ったのですが、
玉ねぎを炒めたり、煮込むので、しょっちゅうお鍋をのぞきこむ、
なんてことはせずに、
材料を全部入れて、シューっといって5分後に火を止めました。
充分に美味しくて、大量に出来て(明日はラザーニャにします)、
息子の遊び相手も中断しなくてよく、
買ってよかったなぁ~~、と、しみじみしています。

a0132725_8201111.jpg


そのうち、豚の角煮などにも挑戦してみたいのですが、
普段のレシピにも十分対応できて、
時間短縮に役立ってくれているので、
まだまだ先かなぁ~。。。。
[PR]
あるサイトで
「泣き叫ぶ子供は日本だけでは?」
というトピを立ててる方がいました。

その時は、読みもせず、見出しだけ見て、
素通りしてしまいましたが、

息子が外で泣き叫んだ時、
「もしや、本当かも。。。」
と、冷や汗が出ました。

a0132725_7173846.jpg


昨日、公園に行き、
もうお昼の時間だし、帰ろうとすると、
息子はいや!!

でも、お腹もすいてきただろうし、
そうなるともっとぎゃあぎゃあわめくだろうし、
お昼寝の時間だって。。。。

と、無理やりベビーカーに乗せると、
ギャー!

一度止めて、優しくあやしたら、
ベビーカーの留め具を外せと身ぶり。
はずしたら、公園に戻ろうとしたので、
あわてて、ベビーカーに再び乗せると、
またギャーーー!!!

もう激しいのなんのって。。。。

a0132725_718720.jpg


足でベビーカーのタイヤを止めるは、暴れるは。。。

辛いのは、通りすがりの人が、
何やってんの、この母親?
という目で見ることです。

同じように、子供連れのお母さんも、
ぎょっとした目で見て行くし。。。

家まで10分足らずだけれど、
本当に辛い道のり。。。。

という訳で、
あんなふうに見られるということは、
やはりあんまり海外には泣き叫ぶ子供がいないということなのか?
という考えに落ち着いた訳です。

a0132725_7184648.jpg


日本だと結構いますよね。
なので、あんまり気にしたことなかったし、
じろじろ見ることもなかったなぁ。

そんな馬鹿な。。。
と思うし、
自分のしつけが間違ってるのではないか?!
とかも思ってしまうし。

今、しんどさがピークな気がします。
[PR]
もらったプレゼントの中で、一番感激したのが、
この和菓子の詰め合わせです。

a0132725_7464888.jpg


ロンドンに高級和菓子屋さんがあるのは知っていましたが、
日本でも高いもの、ロンドンだと二倍三倍。。。と思って、
行こうともしなかったのですが、
わざわざ旦那の友人が出かけて、
「日本人の友人がホームシックにかかってるので、
何かいいのはないか」
と聞いて、購入してくれたとのことです!
(もちろんジョークです。ホームシック、かかってません!)

嬉し過ぎて、旦那に隠れてこっそり食べています。
だって、和菓子の美味しさなんて、絶対に分かってないもんな~~~。

今日も、息子がお昼寝中、
日本茶を入れてゆっくり堪能しました。

a0132725_747255.jpg


が、夕食後のお風呂時に悲劇が。。。。

お風呂のお湯加減を確かめていると、
息子がリモコンを持ってきました。
「テレビ、つけてほしいんだな~~」
と分かったものの、
「ちょっと待っててね」
と軽くあしらうと、
息子は何を思ったのか、リモコンをぽっちゃんとお湯の中へ。。。。

すぐに引き出して、今、乾かし中だけど、
もうダメですよね、ダメだろうなぁ~~~。

怒ったけど、あまりの剣幕に、
ちょっと泣いたけど、
すぐにいつもの様子に戻ったので、
何が悪いか分かってないだろうなぁ。。。。
はぁ。。。。
これからこういうことが、山ほどあるのね。。。。
[PR]
やっと念願のヘアカットが出来ましたー!

去年の3月、日本で切って以来、伸ばしっぱなし。
それというのも、田舎にいたので、
日本人に切ってもらう機会がなかったのです。

ロンドンに戻ってきてから、機会をうかがっていたものの、
息子を旦那に任せて、ヘアカットに行くというのもな~、
そうだ!日系の出張美容院にしよう!

新年早々、可愛い美容師さんが、
ロンドン東から、我が家のあるロンドン南まで、
(遠いのに。。。。)来てくれました。

ショートすれすれの、ボブにしてもらい、
本当にすっきりしました!!!

髪を洗う度、髪をくくる度、
「もー!めんどくさーい!!」と
爆発しそうだったので。。。。

ですが、久々にショートにして、
自分の加齢というか、歳をしみじみ実感しました。

若い時は、ショートですっぴんでも、
まだ大丈夫というか、女に見えるというか、
でも今は、もう、オバサンというか、下手したら、オッサン。。。。

なので、最低限のメイクと、ピアスは欠かせなくなりました。
ロングの時も、もちろんしてましたが、
ショートにしてからこの二つの威力を実感しています。。。

若い時は、メイクは自分の為でしたが、
今は、会う人をぎょっとさせない為に変わりました。

で、前から読んでいた、金子さんの40代フツ―のオバサンのファッション大研究!が、実感としてヒシヒシと、しみわたります。

私は30代になった時から、
着たい服、似合う服、市場に出回ってる服が
全く一致しなくなり、
なに着ればいいの?状態に一時陥りました。

ちょうど30歳になった時に、イギリスから帰ってきて、
世界は狭くなったとはいえ、やはり日本とイギリスで出回ってる服は違うし、
年齢は30歳だけど、気分としては若い女気分が全く抜けていないし、
着たい、と思う服は、もうまったく似合わない。

雑誌だって、どれを見れば参考になるんだろう。。。。って感じで、
一緒に働いていた、おしゃれな若い女の子(25歳)に聞いてみたら、
「うーん、puppyさんならLeeですかねー」と言われ、
あー、もうそっち側なんだなーと、思った覚えがあります。

30代過ぎて、フツ―におしゃれって難しい!!
そういう人(参考になる人)を探すのも難しい!

ということを、もんもん、延々と考えてた時期があったので、
(今考えると、暇だったんだなとも思いますが)
このブログの過去記事を読むたびに、
うんうん、と頷きっぱなしでした。

「オバサンはこう着た方がいい」と、
ストレートに書いてくれているので、
ファッション雑誌を見たはいいけれど、何も参考にならない、
というようなことにはなりません!
[PR]
a0132725_61522.jpg


もう日本時間で1月3日ですが、
あけましておめでとうございます。

義母が亡くなって、喪中なのですが、
イギリス、そういうことは誰も気にしていない様子です。

2012年の目標は食のレパートリーを増やすなのですが、
今日作ったコロッケがなぜか爆発し、
さっそく、やる気を失っております。

なにはともあれ、皆様、今年もよろしくお願いいたします。
[PR]