カテゴリ:つぶやき( 194 )

蟻が大量発生したことは前に書きました。
何が効いたか、何がダメだったか、
順番に書いて行こうと思います。

朝起きたらキッチンに大量の蟻が。
この家に5年以上住んでいますが、
こんなことは初めて。
すぐに皆殺しにしたいところですが、
子供がいるので、劇薬は避けたい。
①一番初めにした行動は、キッチンをくまなく拭くこと。
綺麗にはなりましたが、全く効果なし。

②は外からの道をなるべくふさぐこと。
蟻は小さいのでどんな隙間からも入ってこれるので、
これも全く効果なし。というかふさぎようがない。

③ネットで見た情報
ベビーパウダーがいいらしい。
外でまいてみると、確かに蟻が避けています。
でもアリの巣にそのままぶち込まないと意味は無し。
そしてアリの巣はどうやら屋上にあるらしいのです。
壁を伝って蟻は下りてきているので、
壁にベビーパウダーを巻く手立てがなくて、断念。

④ついにスーパーで劇薬を購入。
なぜか日本の文字がついています。
キッチンにまくのは怖いので、外にまきます。
次の日外を見ると、そのパウダーの周りに干からびた蟻がいます。
うーん、蟻を殺すのには確かに効果はあったけれど、
そうじゃなくて、アリの巣を全滅させてほしいのです!!
ということで、これも使用をストップ。
a0132725_22505545.jpg
⑤ネットで見た情報その⒉。
重曹と粉砂糖を水で溶いたものを置いてみます。
何でも蟻には二つ胃があって、
ひとつは外で見つけたエサをためて、巣に持ち込んで、
巣にいる仲間たちの食料にする用らしい。
重曹がおなかの中で破裂して、全滅するらしいです。
これをキッチンの至る所に置いてみます。
確かに蟻に大人気。
でも、次の日、蟻は見向きもせず、キッチンを徘徊しています。
旦那には「逆に餌付けしてない?」といわれる始末。
a0132725_22510324.jpg
⑥日本の母親がこんなものを送ってくれました。
もうほとほと疲れ果てていたので、
全く効果は期待せず。
が、二週目にして蟻は綺麗にいなくなりました。。。。
本当になんだったの?くらい。
日本バンザイ、
フ〇キラーさん、本当にありがとう。
a0132725_22501849.jpg
a0132725_22502778.jpg

たかが蟻。。。なんですが、
本当にストレスが溜まりました。

いろんなものを試すたびに、
今日はいなくなってくれるかも♪と、
期待が高まるのですが、
それがあっさり裏切られる。。。

もう一生、蟻と共存かもね~フフフ。。。
くらいに思ってたんですが、
いなくなって本当に嬉しい!!!

でも、それまでちょこちょこと徘徊していた蟻が、
徐々にいなくなるんじゃなくて、
ピタッといきなり消えたのもすごく不思議でした。

蟻は実はすごい知能があるんじゃないかな。。。と想像したくらい。

「これ以上この家を探索しても、
犠牲を出すばかりで、成果はないから撤収!」
と、蟻のリーダーが指示を出したんじゃないかな。。。

もしかしたら人間よりずっとずっと賢いかもね。。。

あ、一応ごみゼロの方法も調べたし、試したんですよ。

例えばBeaさんの本には、
虫よけには水で薄めたビネガーが効く、とあったけど、
全く効きませんよー。
お酢、原液でぶちまけても、蟻は涼しい顔で悠々と歩いてたなぁ。
あと、コーヒーかす。
これも全く効き目無し。
やっぱり化学薬品は強いなーと思ったのでした。

[PR]
9月3日は私の誕生日でした。
43歳になりました~。

いつも大したことしないのですが、
今年は息子のベストフレンド、ベン君のお祝いと重なって、
子供たちがいなかったので、
旦那と二人で近所のジャパニーズレストランへ行ってきました。
子供たちには後でブーブー文句を言われましたが、
すごく久しぶりに夫婦二人でゆっくりできました。
日本のビールも飲めた~♪
a0132725_21593319.jpg
a0132725_21593998.jpg
バラの花束も買ってきてくれました。
a0132725_21592451.jpg
自分でチョコタルトを焼きました。
a0132725_21594536.jpg
誕生日はこのフライパン。。という訳ではなくて、
ずっときれいなクレープが焼けるやつが欲しいなぁ、
と思っていたら買って来てくれたのです。
綺麗に焼けて満足です!
a0132725_21591874.jpg
a0132725_22142601.jpg
でも、誕生日プレゼント、特にほしいものはないんです。
それどころか断捨離をもっと進めたいのです!
ああ、でも、やっと明日子供たちが学校に行きます!!
そのことが何よりの誕生日プレゼントだったりします。。。


[PR]
キャンプ、一泊だけだったのですが、結構疲れました。
a0132725_06304790.jpg
フェス、歩き回るからなぁ~。
子供たちがパフォーマンスをじっくり見る年齢じゃないから、
私たちもそれについて歩きまくりました。

しかも、荷物は全部私が運ぶ役目。
各自が持っている水筒、水全部入れたら700グラムくらいあった。。(それを4本!)

ごみゼロするもんね!と意気込んでセット持って行ったんだけど、
このほうろうのボウル、結構重くてですね、
テントの中に残していきました。
だからフェスで食べたもの、全部ゴミを出してしまいました。。。
よく考えたら家にあるプラスチックのお皿とかでも良かったよね。。。
そしたら持ち運べたのに。
a0132725_03121891.jpg
でも、わたしがそんなダメダメなのに対し、
ちゃんとごみゼロやってる若者もいましたよ。
堂々と持参した食器を使っててかっこよかったなぁ。
a0132725_06305402.jpg
ま、ともかく、来年もフェス参加は決まってるので、
重い荷物を運ぶカートを何とか調達したいな。
でも、フェスの時しか使わないんですよね。
どこかからレンタルできたら最高なんですがねー。
a0132725_03244616.jpg
あと、屋台の食事があまりにもフェス価格。
コーヒーもクレープもすごみのある値段でございました。
でも旦那曰く、ぼったくりなんじゃなくて、
屋台もそれなりの家賃を払わなくちゃいけないから
そんな値段になってしまうそうです。

なのでコーヒー作る用具くらいは持っていきたいところです。
そういうの探してるだけで、楽しいですね。
キャンプ用品って見てるだけでワクワクします。
a0132725_03382068.jpg
フェスにつきものの青空ヨガ教室も、
次は参加しますよー。
だからヨガパンツをもっていかないと!
a0132725_03193818.jpg
キャンプもアウトドアもいいのですが、
ロンドンで日常生活に戻った時、
心底ほっとします。
暖かいベッド、
お湯が沢山使えるお風呂、
勝手に洗ってくれる洗濯機、
テレビ、ネット、
便利なキッチン、
清潔なトイレ、
リーズナブルな値段のスーパー。
誰に感謝したらいいのかわからないけど、
本当に素晴らしい!

何かの本で、キャンプの役目は、
便利な日常生活に感謝できるようになること、とあったけれど、
本当にそうだと思います。

[PR]
今年はロンドンで過ごす夏休みです。
長期のホリデーに行く予定は全くありません。

ふと、

「ロンドンでキッチン付きのフラットを借りて
家族で過ごす夏休み」

を考えてみました。

そうしたらどんな風に過ごすだろう?

スーパーに子供たちと行って、
近所の公園やプールに行くんじゃないかな。

たまには都心に出かけて博物館なんか行ったりして。

。。。。

。。。。

なんだ、今と一緒じゃん!

旦那に言ったら

「そうそう、フランス行っても
スペイン行っても、
やることは同じだよね~」

と返ってきて、

「うんうん、スペイン行った時も、
子供たちはテレビばっかり見てて、
旦那は変な時間にお昼寝して、
夜寝れなくなって、
私はタブレットばかりしてて。。。

ロンドンと同じことしてたよね~」

「そうそう!」

と二人で大笑い。

それから楽しく過ごせています。

人間っておかしなもので、
考え方ひとつで楽しくなったり、不愉快になったり。。

起こってる現実は何にも変わっていないのに。

ロンドンにスタックしてどこにも行けないみじめな夏休み!

と思うか。

ロンドンに観光に来た一家のフリする夏休み♪

と思うか。

でも、昨日、旦那が子供たちを連れて電車に乗っていたら、
紳士が娘に席を譲ってくれ、

「一日ロンドン観光して疲れたでしょう」

と言われたそうです。(もちろんしていない!)

なんか雰囲気的にそうなってたのかな~、
フリも侮れませんね~。


[PR]
日曜日、いとこ会に出席してきました。
a0132725_21395369.jpg
旦那が小さい時から、
毎年同じ場所で行われているそうです。
a0132725_21400336.jpg
私は最初、聞いた時、
田舎の小さいパブでこじんまりとするんだろうなぁ、
と勝手に決めつけていました。

なぜかというと、義理母のお葬式の後の集まりが
そんな感じだったからです。

そしたら、こぎれいなホテルで、
人数も30人はいたのでびっくりしました。
a0132725_21402101.jpg
初めて会う旦那のいとこ、その嫁、子供、果たして孫まで。。。

最初、子供たちともどもアウェーでしたが、
遊び上手なパパさんがいて、
皆で鬼ごっこや、だるまさんが転んだゲームに入れてくれました。
人見知りな子供たちも楽しそう。。。良かった。。(涙
a0132725_21401378.jpg
私も知ってるのは、旦那と義妹②とその娘ルビーちゃんだけでしたが、
少-しだけ、自己紹介に毛が生えた程度のことしか
話していませんが、まあ、何とか孤立せずにすみました!
なんせ、旦那のいとこ(と子供と孫含む)と話す機会なんて、
そうはないでしょう!
a0132725_21402947.jpg
1人だけ、日本に住んでたーという方がいて、
やはりその人と一番話が弾みました。
そりゃそうですよね。
池袋に住んでた!と言われても、
関西出身の私は話について行けなくてすいません、て感じでしたが、
日本大好き!と言われて悪い気はしませんでした。

彼女が滞在していた時はバブル真っただ中。
ゴミ捨て場に掘り出し物が沢山あったわ~と言ってました。
未だに拾ったランプを大事に持っているんだそうです。
こういうところですごく共感できました。
私もロンドンで結構モノを拾って使っているからです。

あと、旦那のいとこの孫が参加しているバンドが、
富士ロックフェスティバルに出たそうです。
これまた関西の私にはなじみが薄いのですが、
日本最大のフェスなんですよね?(違う。。。?)

旦那のいとこの孫、という限りなく他人に近い親戚が、
日本でがんばってることに励まされて、
私たちも帰途につきました。

このいとこ会、毎年行われているんですが、
旦那は参加するの5年ぶり、
義妹②は10年ぶり、
義妹①は欠席、
義弟は出席するつもりこれからも無し、
というあんまりまとまりのない旦那の兄妹たち。

でも、毎年必ず出席!とか言われてもねぇーって感じですよね。
まあ、出来たら参加、というスタンスで、
5年に一回くらい参加するのが一番いいのかも。

私たちも次参加するのはいつになるのかなー?

[PR]
5歳の娘はプレイデートがしたくてしょうがないそうです。
長らく放置していたのですが、息子が毎週のようにプレイデートに出かけるのに、
娘が出来ないのは確かに可哀想かも、と重い腰をあげてみました。よっこいせ。

まずプレイデートって何?という方のために。

大人が子供のために設定したデートのことです。
デートと言っても、男女で出かけるわけではなく、
子供同士遊ばせましょう、というだけのこと。
ママさん同士も一緒のときもあるし、
どちらかの家で子供だけの時もあります。

日本だったら、学校に一人で行って、帰ってきて、
約束も取り付けて、遊びに行って、自分で帰ってきて。。。
(小学生から)
ですが、
イギリスでは高学年になるまでは親と一緒にいなければいけないため、
これら一連の流れは親が中心になってします。

①子供が相手の子供と遊びたいと言う
②相手の親に「うちの子が誰誰と遊びたいって言って~」とアピール。
③日にちをアレンジ

我が家の流れは、
3時15分に子供を迎えに行くときに、
相手の子供も一緒に連れて帰ってくる。

天気が良ければ公園で遊び、
悪ければ家で遊ぶ。

5時くらいに夕飯を出す。

6時くらいに送っていくか、
引き取りに来てもらう。

休日に長時間預かることもあるけれど、
平日はこんな感じで長くても3時間です。

日本と違うなぁ、としみじみするのは、
夕飯を食べさせること。

日本だったら、夕飯の前に帰ってこさせますよね?
だから一番初めにプレイデートした時、
「夕飯食べさせてね」って言われて、
一気にハードルが上がった気がしました。

でもですね、今は平気。
なぜなら、メニューを決めてるから。

我が家のプレイデート時のメニューは、
チップス、フィッシュフィンガーズ、チキンナゲット(全部冷凍)
ですよ~。
デザートはアイスクリームですよ~。
超らくちん!

こんな感じなので、親がすることは何もないんですが、
めんどくさい、と私が感じるのは、
①約束の取り決め
②送り迎え
ですねー。

①については、まず、そのママさんと口をきいたこともない、
そもそもそのママさんを見たことがない時だってあるわけですよ。
そんな時は、放置になりますね。。。
積極的なママさんなら、連絡網(今はアプリというんですよね)から
ちゃんとコンタクトとるんでしょうが、
チキンな私はそんなことはできない。。。

あと、息子のクラスメートが「うちに来たい」というので、
アレンジしたら、気が変わったのか直前に「来たくない」に変わってて、キャンセル。
こういうのも何気に心が折れます。。。。

②送り迎えは絶対に発生するので、
結局、家が近い子とじゃないと出来ない気がします。
去年、何回か、遠方の子とプレイデートをしましたが、
お互いの親(私たち)の負担が結構で。。。
最近してないですね~。

あと、イギリス(というか多分西欧)には
スリープオーバー(お泊り会)もあります。
これも親が大変そうな行事です。
これについては、また今度~。

[PR]
3月26日の日曜日は母の日でした。

旦那に子供たちを見てもらって、
私はカーブーツセールに行こう♪と思っていたら、
近所の仲良しさんが、子供たちをビーチに連れて行ってくれることに。

1時半から8時まで面倒見てもらいました。
ありがたい。

いい天気で、カーブーツも人が多かったです。
a0132725_17434007.jpg
でも、お客さんよりも、出店のほうが多い気がしました。
そしてみんなそんなに売れてない感じ。。。

昔はもっと活気があったんだけどなぁ。
業者の人も多かったけど。
a0132725_17455897.jpg
今は中国なのかな?アジアのお客さんが増えましたね。
あと、出店側はフランスの方が家族総出でしていたり。

私は娘の服を3着買いました。
娘はすくすくと大きくなってるので、常にリニューアルチェンジが必要なのです。
大して息子は3年くらい同じ服を着てるような気がする。
a0132725_17523554.jpg
あとはキッチン用品をちょこっと。
欲しかったトラベルマグが購入できてうれしかった。
でも、最近めっきり手作り熱が盛り上がらないので、
可愛い布とか見ても、「やめとこう。。」となってしまった。

戻ったら、旦那が花を購入してくれ、
夕飯を作ってくれ、子供たちの寝かしつけもしてくれ、
思う存分のんびりでき、いい母の日でした。
a0132725_17524976.jpg
子供たちも寒いイギリスの海を堪能でき(?)
興奮して戻ってきました。
興奮してるので、疲れてるのになかなか寝ない。
月曜日、だるそうに学校に行きました。

あと一週間で長い春休みが来ます。


[PR]
私事ばかりですが、2016年まとめです。
順位は適当です。

1位は日本里帰り。
猛烈な暑さでしたが、5年ぶりの日本はやはり格別。
子供たちも俄然日本に興味を持つようになりました。
日本語はさっぱりですが。

2位は息子のバースデーパーティを開いたこと。
クラス全員呼べて、すごくいい思い出になりました。
3位はWaste zeroに興味を持って、自分なりに出来ることを始めたこと。
でも、挫折した事も、うまくいかなかったこともあります。
4位はシラミ勃発。
何度も出たので、シラミ駆除に関しては、かなりのエキスパートとなりました。
5位は人種差別おばさんに怒鳴られたこと。
次会った時どうするか、対処策を考えたり、
旦那と話し合ったり、いい機会になりました。
でも、もう会いたくない!
6位は英語の勉強を再開したこと。
私にしては高額な教材に手を出してしまいました。
この話はまた後日。

7位は肌断食を始めました。
この話もまた後日。
42歳なので、赤ちゃん肌になる!とか、図々しい期待はしていませんが、
毛穴は確かになくなりました。
あと、いつも肌がサラッとしてはいます。

8位は娘がクリスマスの劇の主役に選ばれたこと。
何を基準に選んだのか謎ですが、キッチリやっていました。
a0132725_06262908.jpg

9位は断捨離を進めたこと。
日本でも、日記や手紙を中心に物を処分することが出来て、
本当にスッキリ。
台所からも大量に物を減らしました。
月並みな意見ですが、やはり物が少ないと暮らしやすい。
我が家のものが増える原因は、ホリデーの贈り物。
でも、気持ちだけありがたく受け取って、かしこく手放す方法を模索中です。

10位はバスルームの改造を自力でしたこと。
完璧じゃないけれど、まあ満足です。
相変わらず地味な毎日ですが、
2017年もよろしくお願いします。


[PR]
12月にやったことを写真でだーっと。

まず息子の誕生日。
11月にパーティをやってるので、家族だけでこじんまりと祝いました。
a0132725_07152287.jpg
もうたくさんのプレゼントをもらったのに、親戚や友達からまた届いた!
しかも、それらのほとんどに今や見向きもしてないっていう。。。
これなんて、天井とか壁を走るリモコンなんですよ。
(旦那のほうが興奮してた)
でも、年末の今、息子が遊んでるのをとんと見ません。。。
a0132725_07440623.jpg

あと、大騒ぎして日本のばあばに送ってもらったトミカのハイパーアンビュランス。
さすがの日本のおもちゃです。
芸が細かい!
イギリスには真似できまい!
でも、これも最近遊んでないような…
a0132725_07404226.jpg

と、言うわけで(?)
せめてママからのプレゼントは、質素に恒例の手作りを貫きました。
家にあった布で、クッション。
意外にも息子は喜んでくれました。。。
a0132725_07413001.jpg
あと、娘のクリスマスの劇。
何と娘が主役だったんです。
何で主役だったかは不明ですが、ずっと出っ放しでセリフも振り付けも覚えてちゃんとやってました。
いつも子供たちのクリスマスの劇は「なんじゃこりゃ?」というような出来栄えなのですが、
今年のは構成もしっかりしてました。
偉そうにすいません。。。でも、日本の保育園の学芸会と比べたら、誰でもそう思いますよ。
先生方の汗と涙の決勝なんだもの。。。
本当に日本の保育士さんたちすごい!

コスチュームは、枕カバーをリメイク。
頭の上のも、手作りしたんですが、うまく乗っかってない。
a0132725_07240153.jpg
息子のクリスマスコンサートも同様。
いつも、途中でまだあるの?とか思ってしまうのですが、
今回はダンスがあったり、演奏があったり、笑ってしまうようなこともあったり、
司会の人も上手で、最後は少し感動してしまいました。
a0132725_07533180.jpg
ジンシャープレッドハウスも作ってみました。
土台は私が組み立てて、子供たちが飾りつけ。
もっと喜ぶかなーと期待したんですが、結構あっさりと飾りつけを終え、
(というか、単にぺっぺと乗っけただけ)
「ねえ、食べていい?」
結局クリスマス当日に食べさせました。
あんまりにもうるさいので…
a0132725_07243154.jpg
a0132725_07425244.jpg

娘が先生方のクリスマスプレゼントにと、カップケーキを作ったのですが、
私は強力粉と薄力粉を間違え、激マズのケーキになり。。。
結局あげませんでした。。。。(あげれない!)
a0132725_07524261.jpg
12月、こうやって写真を並べると、いろいろしてますね。
他愛のないことばかりですが。
最近、カメラを持ち歩くのがめんどくさく感じて、置いてくることが多いのですが、
頑張ってもっと撮ろう!

最後は母親が送ってくれた娘の水玉のワンピに、水玉のタイツを合わせた娘です。
a0132725_08043874.jpg

[PR]
やっとクリスマス、終わりました。
とっととツリーも片付けました。
並べて置いたクリスマスカードも、どかしました。

今日、どんどんお片付けを...と思ったけれど、
子供たちがいたら、当然捨てれない。
かろうじて絵本のみ整理しました。

当然、山のようなプレゼントをもらっているので、
早いとこ、センキューカードを書かないと。。。
このまま忘れてしまいそうです。

クリスマスは、旦那がターキーを焼き、
それで十分なのに、なぜかラムまで焼き、
28日の今も、たんまり残っています。
決してまずいわけじゃないけれど、
日本人の私には、肉の塊を数日に分けて食べるというのは慣れません。
子供たちも同じで、26日に義妹のお宅を訪問の後(クリスマスランチ)
娘が
「ヌードルが食べたい。。。」
というので、
近所のスーパーでサッポロ一番を買ってきて食べました。
ああ、美味しかった。

今日はピザ。

娘は、明日、おにぎりが食べたいそうです。







[PR]