2017年 01月 20日 ( 1 )

旦那に、こういう生活がしたい!と、
単刀直入に言ってみました。

YouTubeでBeaさんの生活を見せました。

旦那の反応は、

「うーん、こういう生活してる人がいたのは知ってるけど、
うちの近所に、こうやってまとめ買いとか出来るとこないしね~」

という感じで、あんまり乗ってきませんでした。

がっくり。

私「まあ、そうなんだけど、
でも、プラスチックのごみを出来るだけ出さないようにしたいんだよね、
環境にも悪いしね。(←旦那の関心ポイント)」

旦那「そうだねー、それはいいことだよねー」

私「(おお!反応があった!)だから、あんまりスーパーで加工食品を買うのは
良くないと思う。。。一杯プラスチックのごみも出るし」

旦那「僕たちが買わなくても、誰かが買うよ」

そう来るかぁー。
私がこれ以上言えなくなったので、ここで話は終わり。

かなりがっくりしたものの、
旦那が変わることに期待しすぎていた感も否めません。

私自身、Beaさんの本を読んですぐ行動が変わったか?
初めてBeaさんの本を読んだのは2015年の11月。
読んだ後も行動はあまり変わっていなかったでしょう。
「素敵~」と憧れはしていたものの、
旦那と同じで、「まあ、うちの近所にはそういう店はないしな」と、
探そうともしませんでした。

あの時点から変わったことは。。。

・庭にコンポストを作るようになった
・すぐに遊ばなくなるようなプラスチックのおもちゃは買わなくなった
(でも、もらいます)
・昔は安い方がいいという考えで、壊れたら捨てていたけれど、
結局ごみを増やすだけだ、と(今さらながら)気づいたので、
何か欲しいものがあったら、じっくりリサーチをして、長く使えるものを選ぶようになった。
(よって、なかなか買えない、水筒を買うのに二カ月かかってる)
・親戚の子供のプレゼントは現金にした。
・おやつはなるべく手作り。ごみが出ないから。
・直せるものはとことん直して使い切る。
(幸い、そういうのがOKな国にいるので助かってます)

うーん、一年たってこれなので、2017年の終わりも飛躍はしてなさそうです。
でも、3年後の2020年はどうでしょう?
旦那か子供がすごいエコに目覚めてるかもしれません。
もしかしたら近所にまとめ買いできるスーパーが出来ているかも。
もしかしたら「ごみゼロ」が社会現象になってるかも。(←これ希望)








[PR]