Salt to the sea

やっと読み終えました。長かった。。。
a0132725_22242030.jpg

英語の勉強として、
一カ月に一冊、本を読もう!と決めたのですが、
結局二カ月近くかかってしまったなぁ~。

でも、何とか読み終えた!
最後は勢いで読みました。
日本語訳が出ていないので、
最後どうなるか知りたかったら、
読むしかないのです。。。!!!

英語を読めるようにはなったけど、
(わからない単語も死ぬほどあるが)
本当にただ読んでるだけ。

日本語の本を読むと、
ほっとしたり、疲れが取れたり、
励まされたりするもんですが、

英語でそうなる日は遠いな。。。

それはそうと、
この本、なんの前知識もなく、
図書館の子供向けスペースの
目立つところに置いてあったので、
借りてみました。

なので、ヴィルヘルム・グストロフ号撃沈 のことも知らなくて、
その事件も調べながら読みました。
といっても、ネットで検索しただけですが。

同じ出来事をモチーフに、
「ブリキの太鼓」のギュンター・グラスが
「蟹の横歩き」という本を書いてるようです。
これは日本語でいつか読みたいな。。。

それにしても、疎開しようとしていた難民を1万人近く殺されていたなんて。

でも、敗戦国のそういった出来事は、
あまり知られないまま、忘れ去られるんですよね。

日本でも対馬丸で疎開児童が多数亡くなったけれど、
アメリカやイギリスにはまったくと言っていいほど知られていないし。

いや、それどころか、原爆の被害だって、
あんまり分かってないんですよ、多分。
興味もないのか、目を背けているのか、どっちだろう?

亡き義理母と詳しく話したことはなかったけれど、
日本国民も苦しんだ、っていう情報は
あんまり入ってきてない感じでした。
自ら本を読んだりして調べれば別でしょうが、
戦争のことなんてそんなに知りたくはないですよね。

話がそれました。
本の話!

児童文学なので、
難解なところはなく、センテンスも短く、
ノッてきたらすらすら読めると思います。
私の場合、ノるまでが長かったけれど。
あと、本自体も400ページ近くあり長いです。

戦争のお話なので、
暗く、重い描写ばかりですが、
最後は希望で終わっています。

特におすすめはしないけれど、
(なんせ長いので)
今、イギリスでベストセラーになってるようです。
書店で山積みしてました。


[PR]
by puppy1954 | 2017-07-13 22:35 | 読んだ本 | Comments(2)
Commented by whoko at 2017-07-25 09:14 x
毎日暑い東京からこんにちは。
今朝の湿度は絶対90%以上な気がしています。
さて本のご紹介をありがとうございます。
最近本読んでないなーと感じていたとき、PUPPYさんが紹介して下さった本「蟹の横歩き」を図書館で予約。先日読み終わりました^^
タイタニックより多くの犠牲者を出したその事件、まったく初耳でした。「蟹の横歩き」では、船が爆撃を受けるにいたった経緯からその船に乗っていた母子、そしてその息子への影響がまたひとつの事件となった物語でした。
興味深いテーマでした。ありがとう、PUPPYさん!
Commented by puppy1954 at 2017-07-31 02:40
> whokoさん
きゃぁ~!!
そうなんです、whokoさんなら興味をもってくれそう。。。!
と密かに、勝手に思っていたのです!が、
本当に読んでくれてうれしいです!!
私もいつになるかは分かりませんが読んでみますね!

私もこの事件については、まーったく知りませんでした。
子供について図書館に行って、
目についた本を借りたら、それがテーマで、
未だに英語がスラスラ読めるわけではありませんが、
続きが知りたい一心で無理やり読みました。

こういう事件がいっぱいあったんだなぁ、ということが分かったこと、
戦勝国に都合の悪い事件はどれほどの死傷者が出ても、
未だにあまり報道されないこと、

もうブログ、やめようかな、と
思っていたのですが、
(子供のネタもなくなってきました(笑)
whokoさんが読んでくれるのなら
細々と続けていきます!(笑